フェアレディZ(Z31) | 日産 - ハイパフォーマンスGTカーとしてモデルチェンジした3代目【旧車】

フェアレディZ(Z31) | 日産 - ハイパフォーマンスGTカーとしてモデルチェンジした3代目【旧車】

3代目Zは、欧州メーカー各社のハイパフォーマンスカーやアメリカの大排気量スポーツカーを向こうに回して戦う、ハイパフォーマンスGTカーとして企図されました。


V型エンジンを搭載し、新時代のZとしてデビューした3代目フェアレディZ

フェアレディZ

・モデル名 :フェアレディ300ZX(Z31型)
・メーカー名:日産
・年式   :1987
・撮影場所 :越後丘陵公園クラシックカー展2017
・撮影者  :会長

ハイパフォーマンスGTカーとして人気を集めた新時代のZカー

フェアレディZ

初代S30、2代目S130のロングノーズ・ショートデッキというZの伝統的スタイルを引き継ぎつつ、より新しくスタイリッシュなデザインと空力性能を追求して登場した3代目フェアレディZ、Z31型。
国内でもアメリカでも圧倒的な支持を得たZカーは、スタイリッシュで高性能だけど安価でしかも日常使いできるスポーツカーだった。
3代目Zはさらにその上を行く、欧州メーカー各社のハイパフォーマンスカーやアメリカの大排気量スポーツカーを向こうに回して戦う、ハイパフォーマンスGTカーとして企図された。

従来のZカーのファンをさらに満足させ、かつその名に恥じない性能を得て世界で戦っていきたい、そんな思いが日産にはあったことだろうか。
折からの円高で、輸出が主のスポーツカーはある一定以上の高い価格帯にしたかったこともあるだろう。
必然的に、3代目Zは最新の高性能スポーツカーとしてデビューすることになったのだ。

従来のZのファンは、伝統のL型エンジンに魅力を感じていた人も多い。
安価で丈夫なそのユニットはチューニングノウハウも豊富だし、分厚いシリンダーブロックは大幅なボアアップなど大掛かりなチューンにも応えてくれる余裕を持っていたし、さまざまな互換パーツも安価でいくらでも手に入った。
しかもL型は搭載車が多いから、解体車や中古パーツは山のようにある。
そんなところが魅力のひとつだったのは間違いないだろう。

3代目に搭載されたエンジンは、Zでは初となるV型。
3.0リットルの排気量を誇るハイパワー版のVG30ETはさすがに新開発のエンジンで、コンパクトで軽量にまとめるため余分なシリンダーブロックの厚さなどはほとんどなく、ほんの数ミリのボアアップしかできない(そんなことは当然、念頭に置かれて設計されているハズもない)など、当初はチューニング派は落胆したようだ。

実は当時、北米では直6エンジンは前時代的な安いエンジンという認識が強く、主要市場の要望に応える上でもV6の導入は必須だったようだ。
だが日産はそんなマーケティング的な理由での導入に飽き足らず、ギャレット製のターボを奢ったり当時最先端の電子制御を導入するなどして、当時国内最強のパフォーマンスを引き出した。
当然、公称されることはなかったが、空力に優れることもありリミッターカットで250km/h近い最高速を誇る性能であったようだ。

1986年には、北米の日産デザイン拠点によるエクステリアのリファインが行われ、マイナーチェンジ。前期型のイメージを踏襲しつつも近代的なエアロデザインをまとった後期型となる。
リアまわり、特にテールランプなどはだいぶアメリカ好みのデザインに変更になったのだが、これがまた北米で当たり、Zカー人気がさらに盤石なものとなったのだ。

フェアレディZ
フェアレディZ

関連する投稿


Y30セドリック | 日産 - 日本初のV6エンジンを積んだ、VIPセダン【旧車】

Y30セドリック | 日産 - 日本初のV6エンジンを積んだ、VIPセダン【旧車】

日本の景気がどんどん上向いていって、まさにこれからイケイケドンドンになっていくバブル前夜、1983年にデビューしたのが6代目Y30型系セドリックです。 それまで長年にわたって日産車に積まれてきた直6のL型エンジンと決別し、新設計の日本初V6エンジンであるVG型を搭載しました。


サバンナRX-7 | マツダ - 唯一無二、ロータリーエンジンのスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7 | マツダ - 唯一無二、ロータリーエンジンのスポーツカー【旧車】

1985年にデビューした2代目FC型のRX-7は、初代のイメージを踏襲しつつもデザインやパッケージングを突き詰め、よりスポーティでかつスタイリッシュになりました。スポーツカーの文法をしっかりと踏まえた、王道をゆくスポーツクーペです。


シティカブリオレ | ホンダ - まるでカスタムカーのような小型オープンカー【旧車】

シティカブリオレ | ホンダ - まるでカスタムカーのような小型オープンカー【旧車】

マッドネスのムカデダンスと「In the CITY」の歌が印象的なCMでデビューした初代シティは、トールボーイスタイルの斬新なデザインや軽量で快活な走り、意外と広い室内などで大人気となりました。


ビートルタイプⅠカブリオレ | VW - 世界でもっとも愛されたオープンカー【旧車】

ビートルタイプⅠカブリオレ | VW - 世界でもっとも愛されたオープンカー【旧車】

世界でもっとも多くの台数が製造された車種のうちのひとつが、フォルクスワーゲン・タイプⅠです。 ビートルの愛称で広くしられる、オールドファンから最新のモードを反映したカスタムマニアまで幅広いファンを持つ趣味車の代表格になります。


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】145本目

【クルマニアックイズ】145本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ELO[Electric Light Orchestra]-Can't Get it Out Of My Head -1974年

ELO[Electric Light Orchestra]-Can't Get it Out Of My Head -1974年

初の全米To10入りを果たした出世作。 ELOはジェフ・リン(Vo,G)を中心とするロック・バンド。バイオリンやチェロの演奏者がバンドに在籍し、後にはオーケストラも参加する、ストリングスを駆使したサウンドで人気を獲得。70年代後半からはストリングスをシンセサイザーに切り替えて、さらにポップな作風に変わりました。86年を最後に活動を停止しましたが、2013年頃から復活。17年にロックの殿堂入り。


遊びながら戦略を学べ!軍人将棋の思い出

遊びながら戦略を学べ!軍人将棋の思い出

今回は、ちょっと頭を使う昭和のボードゲーム。「軍人将棋」をピックアップ。大将・中将・ヒコーキなどなど、男の子の大好きな戦いが堪能できる「軍人将棋」。庶民文化研究所町田忍所長が収蔵する「軍人将棋」から当時を振り返ってみよう!


ガイコツ貯金箱 - ガイコツを供養してお金を貯めよう!

ガイコツ貯金箱 - ガイコツを供養してお金を貯めよう!

お金をためるモチベーションアップのため、工夫をこらしたさまざまなギミックがありました。これなんかは最たるもの。ガイコツがコインをかっさらっていくアクションは、ホラーというよりはコミックでしたが。


【クルマニアックイズ】144本目

【クルマニアックイズ】144本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!