フェアレディZ(Z31) | 日産 - ハイパフォーマンスGTカーとしてモデルチェンジした3代目【旧車】

フェアレディZ(Z31) | 日産 - ハイパフォーマンスGTカーとしてモデルチェンジした3代目【旧車】

3代目Zは、欧州メーカー各社のハイパフォーマンスカーやアメリカの大排気量スポーツカーを向こうに回して戦う、ハイパフォーマンスGTカーとして企図されました。


V型エンジンを搭載し、新時代のZとしてデビューした3代目フェアレディZ

フェアレディZ

・モデル名 :フェアレディ300ZX(Z31型)
・メーカー名:日産
・年式   :1987
・撮影場所 :越後丘陵公園クラシックカー展2017
・撮影者  :会長

ハイパフォーマンスGTカーとして人気を集めた新時代のZカー

フェアレディZ

初代S30、2代目S130のロングノーズ・ショートデッキというZの伝統的スタイルを引き継ぎつつ、より新しくスタイリッシュなデザインと空力性能を追求して登場した3代目フェアレディZ、Z31型。
国内でもアメリカでも圧倒的な支持を得たZカーは、スタイリッシュで高性能だけど安価でしかも日常使いできるスポーツカーだった。
3代目Zはさらにその上を行く、欧州メーカー各社のハイパフォーマンスカーやアメリカの大排気量スポーツカーを向こうに回して戦う、ハイパフォーマンスGTカーとして企図された。

従来のZカーのファンをさらに満足させ、かつその名に恥じない性能を得て世界で戦っていきたい、そんな思いが日産にはあったことだろうか。
折からの円高で、輸出が主のスポーツカーはある一定以上の高い価格帯にしたかったこともあるだろう。
必然的に、3代目Zは最新の高性能スポーツカーとしてデビューすることになったのだ。

従来のZのファンは、伝統のL型エンジンに魅力を感じていた人も多い。
安価で丈夫なそのユニットはチューニングノウハウも豊富だし、分厚いシリンダーブロックは大幅なボアアップなど大掛かりなチューンにも応えてくれる余裕を持っていたし、さまざまな互換パーツも安価でいくらでも手に入った。
しかもL型は搭載車が多いから、解体車や中古パーツは山のようにある。
そんなところが魅力のひとつだったのは間違いないだろう。

3代目に搭載されたエンジンは、Zでは初となるV型。
3.0リットルの排気量を誇るハイパワー版のVG30ETはさすがに新開発のエンジンで、コンパクトで軽量にまとめるため余分なシリンダーブロックの厚さなどはほとんどなく、ほんの数ミリのボアアップしかできない(そんなことは当然、念頭に置かれて設計されているハズもない)など、当初はチューニング派は落胆したようだ。

実は当時、北米では直6エンジンは前時代的な安いエンジンという認識が強く、主要市場の要望に応える上でもV6の導入は必須だったようだ。
だが日産はそんなマーケティング的な理由での導入に飽き足らず、ギャレット製のターボを奢ったり当時最先端の電子制御を導入するなどして、当時国内最強のパフォーマンスを引き出した。
当然、公称されることはなかったが、空力に優れることもありリミッターカットで250km/h近い最高速を誇る性能であったようだ。

1986年には、北米の日産デザイン拠点によるエクステリアのリファインが行われ、マイナーチェンジ。前期型のイメージを踏襲しつつも近代的なエアロデザインをまとった後期型となる。
リアまわり、特にテールランプなどはだいぶアメリカ好みのデザインに変更になったのだが、これがまた北米で当たり、Zカー人気がさらに盤石なものとなったのだ。

フェアレディZ
フェアレディZ

関連する投稿


ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

GTOの弟分としてデビューした、コンパクトで低く構えたスタイルなのだけど、どことなく幅広くてどっしりとしたイメージを持つ、ギャランクーペFTOです。


1600GT | トヨタ - あと少しで伝説になるはずだった、悲運の名車【旧車】

1600GT | トヨタ - あと少しで伝説になるはずだった、悲運の名車【旧車】

あの伝説の名車、「トヨタ2000GT」デビューの3か月後、弟分として発表されたのがRT55型「トヨタ1600GT」です。


ギャランラムダ | 三菱 - アメ車クーペの風味を感じさせる、大人のクーペ【旧車】

ギャランラムダ | 三菱 - アメ車クーペの風味を感じさせる、大人のクーペ【旧車】

三菱お得意の明るく華やかな内装、当時まだハイエンドスポーツカー以外には少なかった4輪ディスクブレーキなど充実の装備もあって、スタイリッシュで大人なクーペとして人気を博しました。


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。


R360クーペ | マツダ - 実は戦後国産初のクーペ【旧車】

R360クーペ | マツダ - 実は戦後国産初のクーペ【旧車】

マツダR360クーペは、ミニマム・トランスポーターなのだから、フル4シーターにこだわるのを止めたことでできあがった斬新な1台です。


最新の投稿


ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

GTOの弟分としてデビューした、コンパクトで低く構えたスタイルなのだけど、どことなく幅広くてどっしりとしたイメージを持つ、ギャランクーペFTOです。


【クルマニアックイズ】92本目

【クルマニアックイズ】92本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


キム・カーンズ/Kim Carnes - Bette Davis Eyes - 1981年

キム・カーンズ/Kim Carnes - Bette Davis Eyes - 1981年

邦題は『ベティ・デイビスの瞳』。この曲は9週連続で全米1位となる大ヒットとなりました。ハスキーボイスが官能的ですね。


UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

マジンガーシリーズの第三弾、『UFOロボ グレンダイザー』です。あえて「UFOロボ」と枕詞がつくところがミソで、これは当時のUFOブームに乗っかろうという制作側の意図から出たものでした。


アース・ウインド&ファイア/Earth, Wind & Fire - Fantasy - 1977年

アース・ウインド&ファイア/Earth, Wind & Fire - Fantasy - 1977年

1970年にアメリカでデビューし、現在も現役で活動を続けるレジェンド・バンド。モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツイン・ヴォーカル、重厚なホーン・セクション、モーリスの弟・ヴァーダイン(B)を中心とするリズム隊の強靭なグルーヴで70年代を中心にヒット曲を量産しました。結成当初からファンキーなR&Bを得意としていましたが、当時世界的に大流行したディスコを取り入れ、さらに人気を拡大しました。