あちこちでわいてます、銭湯関連イベント

あちこちでわいてます、銭湯関連イベント

イラストレーター・メソポ田宮文明が銭湯とのご縁を綴らせていただいているこの連載。今回は、第3回で書いた『銭湯もりあげた~い』についていろいろあふれ出たことを。


2014年に発足した『銭湯もりあげた~い』は、東京都や足立区の浴場組合さん、あるいは銭湯さん単独のイベントサポートをしたり、もりあげた~いが主催者となって銭湯関連イベントをしたり...とあちらこちらで動いております。

メソポ田宮の迷ナビゲート…『銭湯まち歩きツアー』

足立区の銭湯などに貼られた参加者募集のポスター

足立区の銭湯などに貼られた参加者募集のポスター
主催:あだち銭湯文化普及会
サポート:銭湯もりあげた~い

足立区の名所旧跡や人気のお店などを巡りながら、その地にある銭湯さんを訪問。
ご主人さんのお話を聞き、バックヤードも見学し、ツアー終了後にはひとっ風呂。

メソポ田宮も一度だけ、このツアーのナビゲーターをやらせていただきました(◎▽◎;)

巡ったコースは北千住駅の西口エリア。
2017年5月13日(土) ※当初のスケジュール
北千住駅交番前集合→千住街の駅→きもの安田屋
→千住本氷川神社→平野屋煎餅店→大川町氷川神社
→千住公園→タカラ湯→金の湯→千住大門商店街
→ニコニコ湯→大黒湯→解散~それぞれ入浴へ

...だったのですが、当日は朝から夕方までず~~っと止むことのない雨が降っていたため、一部神社や公園での予定はカットとなってしまいました。。。

金の湯(かねのゆ)さんで参加者の方々と

金の湯(かねのゆ)さんで参加者の方々と。
中央の洗い場に腰掛けているのがご主人さんと女将さん。
(右手で「1」、左手で「0」を作って「1」「0」「1」「0」...「1010」=銭湯)

それでも、参加者25名の方が1人もキャンセルせず、トラブルもなく無事に終えたのは本当によかったなぁと思いました。
(そしてこの日からワタシに「雨男」の称号がつきました...)

第1回『あだち銭湯まち歩きツアー』の写真がアップされています。
(北千住駅東口コース、ナビゲーターは風呂わく三さん)

動員1万人も!『あだち銭湯まつり』

2018年『あだち銭湯まつり』のチラシ。町田忍さんにも多大なるご協力をいただきました。

2018年『あだち銭湯まつり』のチラシ。
町田忍さんにも多大なるご協力をいただきました。
主催:あだち銭湯文化普及会
サポート:銭湯もりあげた~い

2018年は足立区役所の1階アトリウムをメイン会場に、2019年は西新井の子供向け体験型施設・ギャラクシティを使って開催。

2018年の会場では、事前募集した『あだち銭湯川柳・写真・絵画コンテスト』の受賞作の展示と表彰式も行ないました。
(審査員を丸山清人さん、町田忍さん、コラムニストの石原壮一郎さんetc...にお願いしました)

『あだち銭湯川柳・写真・絵画コンテスト』ポスター

『あだち銭湯川柳・写真・絵画コンテスト』ポスター
(デザイン&イラスト=メソポ田宮)

2019年は、8月15&16日に『湯ニバーサル銭湯じゃばーん』(通称:湯SJ)を開催。

これは、2016年と2019年2月に大阪で開催され大好評だった住吉の銭湯・朝日温泉さん主催の『すみよし湯ズニーランド』を「ぜひ東京でも!」と企画されたもの。
(大阪が『湯ズニー』なら、東京は『湯SJ』!ということです^^)

「のれん大迷路」「桶カーリング」などのアトラクション、「銭湯ネイル」「富士山石けん」などのワークショップや「丸山清人絵師のライブペイント」、「キューバ音楽ライブ」など子供も大人も楽しめるギッシリの内容で、来場者が2日間で1万人を超えました。

銭湯専門フリーマガジン『銭湯といえば足立』2019年・秋号の表紙。

銭湯専門フリーマガジン『銭湯といえば足立』2019年・秋号の表紙。
『湯ニバーサル銭湯じゃばーん』での「のれん大迷路」

『湯ニバーサル銭湯じゃばーん』の会場で、お客さんと遊ぶ(遊ばれる?)お湯わいてるぞう

『湯ニバーサル銭湯じゃばーん』会場で、お客さんと遊ぶ(遊ばれる?)お湯わいてるぞう

『まち歩きツアー』と『銭湯まつり』は今年も開催を予定していたのですが、新型コロナウィルス感染拡大の影響により残念ながら中止となってしまいました。
来年はまた参加者さんの笑顔が見たいです。

二大巨匠競演!銭湯ペンキ絵 公開制作

銭湯絵師の二大リビングレジェンド、夢の競演

銭湯絵師の二大リビングレジェンド、夢の競演
(photo=荒木久美子、チラシデザイン=メソポ田宮)
主催:ふくの湯
サポート:銭湯もりあげた~い

2018年11月28日、ところは文京区千駄木。
建築家・今井健太郎さんデザインの和モダン銭湯・ふくの湯さん。

銭湯絵師の二大巨匠・丸山清人絵師と中島盛夫絵師がペンキ絵を描きあげる過程を、町田忍さんの実況解説を聞きながら同時に見ることができた(しかも入場無料で!)貴重な機会。

制作時間は両絵師とも約2時間。
ふくの湯さんからのリクエスト「一富士・二鷹・三茄子」をお題に素晴らしい作品が仕上がり、万雷の拍手が浴室に響きました。

メソポ田宮は、脱衣場の物販コーナーでお湯わいてるぞうのグッズ売りスタッフをしながら、この光景を目に焼き付けておりました。
このコーナーでは、銭湯芸術家のウエハラヨシハルさん、銭湯ハンコ作家の廣瀬十四三(としぞー)さんもグッズ販売しながら見ていました。

当日はお客さんでギッシリ。すごい熱気でした。

当日はお客さんでギッシリ。すごい熱気でした。

この時のペンキ絵は、ふくの湯さんに入れば今も見ることができます。

他に、このようなイベントなども。

■おしゃれ銭湯女子がオススメコーデを提案するファッションショー『SENTO × FASHION』
2017年@豊島区・金剛院
主催:「としまの銭湯から世界へ【SENTO×FASHION】」連携協議会(東京都、豊島区、豊島区浴場組合)
サポート:銭湯もりあげた~い

『SENTO × FASHION』銭湯ファッションショー当時の模様
https://www.youtube.com/watch?v=VmGWHyomfPs&feature=emb_logo

■フリーアナウンサー&語り手・池沢絵さんの朗読会『池沢絵の湯ったり朗読』
2017年@大田区・はすぬま温泉
2018年@台東区・湯どんぶり栄湯
主催:銭湯もりあげた~い

■『銭湯画教室』
@国立市・ギャラリービブリオ
2016~2019年までに現在のところ第7回まで開催
主催:銭湯もりあげた~い
協力:ギャラリービブリオ

丸山清人絵師に直接指導してもらいながら1日でペンキ絵を仕上げる、毎回人気の催しです。
この教室にまつわるお話を次回、書かせていただこうと思います。

銭湯関連のイベントは、銭湯もりあげた~いが関係してないところでも各地でいろいろ開催されています。ネットなどでチェックして、ぜひぜひ行ってみてください。

東京銭湯

https://www.1010.or.jp/

東京の銭湯を集めた銭湯ガイド

東京銭湯 - TOKYO SENTO -

https://tokyosento.com/

「東京銭湯 - TOKYO SENTO -」とは東京を中心とした銭湯情報をお届けする銭湯メディアです。まだ銭湯に行ったことがない方や行ってみたいけど入ったことがない、というような方に、東京を中心とした銭湯情報をお届けします!

関東甲信越銭湯情報 - 関東甲信越銭湯

http://sento.k-o-i.jp/?fbclid=IwAR1IooXAd8xxbxa14ZYy1TMOOG8_CPsGeQid6AFts_wH9pLnqAevj6JUWYw

関東甲信越の銭湯 883軒、個性派ぞろい! ※2018年4月1日現在の軒数です。 ※茨城県についてはその他WEBサイトをご覧ください。 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 栃木県 群馬県 山梨県 新潟県 長野県 What’…

関連する投稿


電気機関車EF58型

電気機関車EF58型

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「EF58型」!以前、紹介した「デロクマル」も細部まで描ききられていたが、今回も甲乙つけがたい仕上がりだ。


銭湯と、毒蝮さんと、TBSラジオと(前編)

銭湯と、毒蝮さんと、TBSラジオと(前編)

イラストレーター・メソポ田宮文明が、銭湯から広がるご縁をあれこれ語るこのコーナー。今回はたびたび中継先に行かせていただいているTBSラジオの人気番組『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』について。


庶民文化研究所厳選「怪しき薬」

庶民文化研究所厳選「怪しき薬」

庶民文化研究所が厳選した「怪しき薬」を紹介したい。お薬系では、これまでにも町田忍所長の収蔵品である昭和の家庭薬のパッケージなどを紹介してきたが今回は、満を持して「怪しき薬」を取り上げる。インパクト濃いめでお送りしたい!


フォルクスワーゲン Type1 ビートル

フォルクスワーゲン Type1 ビートル

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「VW フォルクスワーゲン Type1 ビートル」!往年の名車「フォルクスワーゲン ビートル」を描く。


子どものギャンブル?カプセルトイ

子どものギャンブル?カプセルトイ

今回は、子どもの射幸心を煽ってやまなかった魅惑のおもちゃ・カプセルトイをご紹介。出てくるまで中身がわからない、ほしいものを手に入れたいという気持ちが刺激され、お小遣いを吸い取られた人も多いハズ。庶民文化研究所の町田忍所長もそんなひとり。町田少年の思い出とともにカプセルトイの懐かしい話を。


最新の投稿


117クーペ | いすゞ - 国産車離れした美しいスタイル【旧車】

117クーペ | いすゞ - 国産車離れした美しいスタイル【旧車】

今やトラックを生産するメーカーとして盤石の地位を固めたいすゞも、昔はいくつもの個性的な乗用車を世に出していました。 そんな中でも1968年のデビューから1981年までの長きに渡って製造され、かつ非常に魅力的なスタイルを誇りいすゞの代名詞でもあったのが、この117クーペです。


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~あたり前田のクラッカー~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~あたり前田のクラッカー~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。今回はあんかけ時次郎でおなじみ、「てなもんや三度笠」から生まれた昭和の名ギャグ「あたり前田のクラッカー」を解説。


【クルマニアックイズ】165本目

【クルマニアックイズ】165本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

おもちゃのロケット弾(ジャンプ弾とも)やピストルに仕込む火薬ですね。巻紙になったタイプとこのようなシート状の「平玉」がありました。大人から危ないと言われるほどやってみたくなるのは子どものサガ。今も昔も変わらない?


【クルマニアックイズ】164本目

【クルマニアックイズ】164本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!