精巧で美しい、海辺の街の定番土産・貝細工

精巧で美しい、海辺の街の定番土産・貝細工

今回は、庶民文化研究所収蔵の貝細工をまとめる。海水浴場に行くとよく見かけた、貝を加工した不思議な置物。貝殻独特の色合いが美しく、昭和を代表するお土産として人気だったあれだ。さあ貝細工の世界を庶民文化研究所の収蔵品から紐解くとしよう。


貝の輝きが美しい貝細工

貝の輝きが美しい貝細工

海辺の街の定番土産・貝細工も今は遠い記憶の中に

美しい貝殻をつなぎ合わせて、さまざまな形を作り出す貝細工。
海辺の街の土産物店をのぞけば、必ず目にしたものだ。
自宅や友人宅、親戚の家などで目にしたことがある人も多いことだろう。それくらい、海辺の街の定番土産として、貝細工の置物は人気だった。

だが、それも昭和の話。
今では海辺に行っても、貝細工を目にするのはまれなことになってしまった。
もはやお宅で貝細工を見かけることも少なくなった。

孔雀を模した貝細工

孔雀を模した貝細工

貝細工の起源などはわかっていないが、庶民文化研究所の町田忍所長が保管していた東京都大田区の資料「懐かしうつくし貝細工」(大田区立郷土博物館)よると、東京にも貝細工があり、江戸時代から記録がある。
なんでも穴守稲荷の参拝土産として庶民に好まれたようだ。

貝細工が土産物としての絶頂を迎えるのは昭和30年代ごろのこと。
主に神奈川の江ノ島あたりで作られ、全国の観光地に出荷されたそうだ。

昭和30年代といえば、修学旅行が正式に学校行事になり、修学旅行専用車などができたころ。
修学旅行も貝細工の隆盛と関係があるのかもしれないと思わざるを得ない。

色とりどりの美しい貝細工

「懐かしうつくし貝細工」(大田区立郷土博物館)に掲載された孔雀の貝細工

「懐かしうつくし貝細工」(大田区立郷土博物館)に掲載された孔雀の貝細工

この貝細工、とにかくさまざまな形や色がある。
例えば、町田さんの資料に載っているのは孔雀の貝細工だ。
小さな貝がらを貼り合わせて、美しく広がる孔雀の羽を表現している。

「懐かしうつくし貝細工」(大田区立郷土博物館)に掲載されたカエルやかっぱの貝細工

「懐かしうつくし貝細工」(大田区立郷土博物館)に掲載されたカエルやかっぱの貝細工

同じく町田さんの資料に載っていたこちらは、カエルやかっぱ。
ほぼ全てが貝だけでできていてかなり精巧。

帆船を模した貝細工

帆船を模した貝細工

動物以外にも、このように船を模した貝細工もある。
小さな貝を合わせて帆に見立てていて、作り方の発想がとても素敵。
貝の形を考え、それをどう接合して思い通りの形を作り出すのか、なかなか頭を使う作業のようだ。

これほど手の混んだ素晴らしい貝細工でも、やはり歴史の流れの中で衰退してしまうというのはなんとも悲しいものだ。

色々調べてみると、そもそも日本人の生活様式が変わっていったことが原因ではないかという意見もあった。
すなわち団体旅行が個人旅行、あるいは少数のグループ旅行になり、家が洋式に変わったことで、そもそも置物を飾る定位置だった床の間や棚が家に無くなってしまったというのだ。
生活様式の変化が土産文化や、貝細工文化をも変えてしまったということなのだろう。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


フォルクスワーゲンType3 2ドアワゴン・ヴァリアント

フォルクスワーゲンType3 2ドアワゴン・ヴァリアント

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロな筆致で蘇らせるこのコーナー。今回はフォルクスワーゲンの「Type3」。自身もビートルに乗る町田さんの力作!


懐かしき害虫駆除グッズいろいろ(一部閲覧注意です。)

懐かしき害虫駆除グッズいろいろ(一部閲覧注意です。)

今回は、庶民文化研究所収蔵の数々の殺虫グッズを町田忍所長が紹介する。生活を快適にするうえで欠かせない害虫との戦い。害虫との戦いを勝ち抜くために、先人たちはさまざま害虫駆除グッズを編み出してきた。そこには歴史あり、懐かしさありの昭和レトロな世界があった。


昭和の夏、蚊取り線香の夏

昭和の夏、蚊取り線香の夏

今回は、庶民文化研究所収蔵の蚊取り線香のパッケージを町田忍所長が紹介する。プーンとうるさい蚊を退治する蚊取り線香。あのにおいもなんだかとてもノスタルジック…そんな日本の夏・昭和の夏を代表する蚊取り線香をパッケージで振り返る。


赤い霊柩車

赤い霊柩車

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロな筆致で蘇らせるこのコーナー。今回のテーマはあの『赤い霊柩車』。そういえば宮造りな霊柩車自体見かけなくなったなぁ…


あちこちでわいてます、銭湯関連イベント

あちこちでわいてます、銭湯関連イベント

イラストレーター・メソポ田宮文明が銭湯とのご縁を綴らせていただいているこの連載。今回は、第3回で書いた『銭湯もりあげた~い』についていろいろあふれ出たことを。


最新の投稿


ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

GTOの弟分としてデビューした、コンパクトで低く構えたスタイルなのだけど、どことなく幅広くてどっしりとしたイメージを持つ、ギャランクーペFTOです。


【クルマニアックイズ】92本目

【クルマニアックイズ】92本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


キム・カーンズ/Kim Carnes - Bette Davis Eyes - 1981年

キム・カーンズ/Kim Carnes - Bette Davis Eyes - 1981年

邦題は『ベティ・デイビスの瞳』。この曲は9週連続で全米1位となる大ヒットとなりました。ハスキーボイスが官能的ですね。


UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

マジンガーシリーズの第三弾、『UFOロボ グレンダイザー』です。あえて「UFOロボ」と枕詞がつくところがミソで、これは当時のUFOブームに乗っかろうという制作側の意図から出たものでした。


アース・ウインド&ファイア/Earth, Wind & Fire - Fantasy - 1977年

アース・ウインド&ファイア/Earth, Wind & Fire - Fantasy - 1977年

1970年にアメリカでデビューし、現在も現役で活動を続けるレジェンド・バンド。モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツイン・ヴォーカル、重厚なホーン・セクション、モーリスの弟・ヴァーダイン(B)を中心とするリズム隊の強靭なグルーヴで70年代を中心にヒット曲を量産しました。結成当初からファンキーなR&Bを得意としていましたが、当時世界的に大流行したディスコを取り入れ、さらに人気を拡大しました。