精巧で美しい、海辺の街の定番土産・貝細工

精巧で美しい、海辺の街の定番土産・貝細工

今回は、庶民文化研究所収蔵の貝細工をまとめる。海水浴場に行くとよく見かけた、貝を加工した不思議な置物。貝殻独特の色合いが美しく、昭和を代表するお土産として人気だったあれだ。さあ貝細工の世界を庶民文化研究所の収蔵品から紐解くとしよう。


貝の輝きが美しい貝細工

貝の輝きが美しい貝細工

海辺の街の定番土産・貝細工も今は遠い記憶の中に

美しい貝殻をつなぎ合わせて、さまざまな形を作り出す貝細工。
海辺の街の土産物店をのぞけば、必ず目にしたものだ。
自宅や友人宅、親戚の家などで目にしたことがある人も多いことだろう。それくらい、海辺の街の定番土産として、貝細工の置物は人気だった。

だが、それも昭和の話。
今では海辺に行っても、貝細工を目にするのはまれなことになってしまった。
もはやお宅で貝細工を見かけることも少なくなった。

孔雀を模した貝細工

孔雀を模した貝細工

貝細工の起源などはわかっていないが、庶民文化研究所の町田忍所長が保管していた東京都大田区の資料「懐かしうつくし貝細工」(大田区立郷土博物館)よると、東京にも貝細工があり、江戸時代から記録がある。
なんでも穴守稲荷の参拝土産として庶民に好まれたようだ。

貝細工が土産物としての絶頂を迎えるのは昭和30年代ごろのこと。
主に神奈川の江ノ島あたりで作られ、全国の観光地に出荷されたそうだ。

昭和30年代といえば、修学旅行が正式に学校行事になり、修学旅行専用車などができたころ。
修学旅行も貝細工の隆盛と関係があるのかもしれないと思わざるを得ない。

色とりどりの美しい貝細工

「懐かしうつくし貝細工」(大田区立郷土博物館)に掲載された孔雀の貝細工

「懐かしうつくし貝細工」(大田区立郷土博物館)に掲載された孔雀の貝細工

この貝細工、とにかくさまざまな形や色がある。
例えば、町田さんの資料に載っているのは孔雀の貝細工だ。
小さな貝がらを貼り合わせて、美しく広がる孔雀の羽を表現している。

「懐かしうつくし貝細工」(大田区立郷土博物館)に掲載されたカエルやかっぱの貝細工

「懐かしうつくし貝細工」(大田区立郷土博物館)に掲載されたカエルやかっぱの貝細工

同じく町田さんの資料に載っていたこちらは、カエルやかっぱ。
ほぼ全てが貝だけでできていてかなり精巧。

帆船を模した貝細工

帆船を模した貝細工

動物以外にも、このように船を模した貝細工もある。
小さな貝を合わせて帆に見立てていて、作り方の発想がとても素敵。
貝の形を考え、それをどう接合して思い通りの形を作り出すのか、なかなか頭を使う作業のようだ。

これほど手の混んだ素晴らしい貝細工でも、やはり歴史の流れの中で衰退してしまうというのはなんとも悲しいものだ。

色々調べてみると、そもそも日本人の生活様式が変わっていったことが原因ではないかという意見もあった。
すなわち団体旅行が個人旅行、あるいは少数のグループ旅行になり、家が洋式に変わったことで、そもそも置物を飾る定位置だった床の間や棚が家に無くなってしまったというのだ。
生活様式の変化が土産文化や、貝細工文化をも変えてしまったということなのだろう。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


おまけだけど主役!少年を虜にした食玩

おまけだけど主役!少年を虜にした食玩

仮面ライダーチップスやプロ野球カードなどに代表されるように、おまけのおもちゃや景品というものは少年の心を掴んで離さないもの。昭和の少年ならば、誰もが胸踊らせたであろう食玩について、庶民文化研究所町田忍所長に収蔵品を紹介していただこう。


昭和の銭湯建築 飛騨神岡・高泉浴場

昭和の銭湯建築 飛騨神岡・高泉浴場

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は銭湯シリーズ。かつて飛騨神岡にあった、昭和初期建築の高泉浴場をご紹介しよう。


懸賞応募シールは夢のかけら

懸賞応募シールは夢のかけら

毎年春になるともらえる白いお皿を中心に、飲料、食品など各社が展開しているプレゼントキャンペーン。そのキャンペーンの応募方法といえば、“シールを集めて応募”だろう。庶民文化研究所所長、町田忍さんはそんな懸賞応募シールも収蔵しています。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


日本橋 麒麟像

日本橋 麒麟像

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は日本の中心、日本橋の象徴となっている麒麟像をご紹介。


最新の投稿


スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

ハコスカといえばチューニング派の旧車ファンには垂涎の的だけれども、ハコスカのL型エンジンの定番チューンといえば「ソレ・タコ・デュアル」。 ソレックスの3連キャブレター、タコ足エグゾースト、デュアル出しマフラーという吸排気系のトータルチューンを指した言葉だね。


サンバー | スバル - 360cc時代でエンジンは空冷

サンバー | スバル - 360cc時代でエンジンは空冷

現在でも人気の高い軽ワンボックスのサンバー、これは2代目だね。 360cc時代でエンジンは空冷だ。


【クルマニアックイズ】287本目

【クルマニアックイズ】287本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】286本目

【クルマニアックイズ】286本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。