伝統があれば革新がある。知られざるこけしの世界

伝統があれば革新がある。知られざるこけしの世界

今回は、庶民文化研究所収蔵のこけしをご紹介しよう。こけしと言えば、ちょっと大きな頭に、かわいらしい子どもの顔が描かれた、あのこけし。だが、今回紹介するのは、伝統的なこけしとは一線を画す風変わりなこけし。たんたんたぬき多めです。


たぬきのこけしたち

たぬきのこけしたち

伝統工芸「こけし」の新型だと!?

伝統的なこけし

伝統的なこけし

一般的には写真のようなこけしを想像するのではないだろうか。

このような、こけしは主に東北の温泉地の土産物として作られ始めた轆轤挽き(ろくろひき)の木製の人形のことで、伝統工芸として広く認知されている。

だが、実は世の中にはこれらのこけしとはひと味違うオリジナルのこけしというものが各地にあり、それを伝統こけしに対して新型こけし、なんて呼んだりもするそうだ。

庶民文化研究の第一人者にして庶民文化研究所所長 町田忍さんが収蔵するこけしにも、伝統こけしと新型こけしがある。

庶民文化研究所で共存する伝統こけしと、新型こけしから、今回は新型こけしを紹介する。

庶民文化研究所で共存する伝統こけしと、新型こけし

庶民文化研究所で共存する伝統こけしと、新型こけし

庶民文化研究所収蔵の新型こけしは、「たぬき」が多め

町田さんとお父様が集めたたぬきのこけし

町田忍さんとお父様が集めたたぬきのこけし

庶民文化研究所収蔵の新型こけしは「たぬき」が多い。
昔むかし、町田さんのお父さんがたぬきのこけし収集をはじめたそうな。
当時の町田少年もたぬきのこけし集めに協力しているうちに町田家には、見るも楽しいたぬきこけしが収蔵されるようになった。
町田さん曰く、たぬきは縁起物として重宝されていて、土産物のモチーフによく使われるのだとか。信楽焼とかは商売繁盛の縁起物として有名だよね。他を抜くたぬきってね。

伝統のその先、革新的なこけし

他にもこんな様々なこけしがある。全て昭和30年代から40年代のこけしたちだ。天狗やだるま、さらには一時期大人気だった今じゃ放送コードギリギリ(アウト?)なダッコちゃんを模したようなものまである。中には鏡台のようになった作品もある。ちなみにこちらは浅草で購入したものだそうだ。

全て昭和30年代から40年代始めのこけし

全て昭和30年代から40年代始めのこけし

伝統もいいものだけど、こんなふうに伝統をもとに自由に作られていく文化っていうのもなかなか味があっていいものだ。
新しいものはいつだって常識を壊した先にこそあるんだから。
今となってはその革新自体が昭和レトロっぽくなっちゃってるというのはなんとも皮肉な話…。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


おまけだけど主役!少年を虜にした食玩

おまけだけど主役!少年を虜にした食玩

仮面ライダーチップスやプロ野球カードなどに代表されるように、おまけのおもちゃや景品というものは少年の心を掴んで離さないもの。昭和の少年ならば、誰もが胸踊らせたであろう食玩について、庶民文化研究所町田忍所長に収蔵品を紹介していただこう。


昭和の銭湯建築 飛騨神岡・高泉浴場

昭和の銭湯建築 飛騨神岡・高泉浴場

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は銭湯シリーズ。かつて飛騨神岡にあった、昭和初期建築の高泉浴場をご紹介しよう。


懸賞応募シールは夢のかけら

懸賞応募シールは夢のかけら

毎年春になるともらえる白いお皿を中心に、飲料、食品など各社が展開しているプレゼントキャンペーン。そのキャンペーンの応募方法といえば、“シールを集めて応募”だろう。庶民文化研究所所長、町田忍さんはそんな懸賞応募シールも収蔵しています。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


日本橋 麒麟像

日本橋 麒麟像

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は日本の中心、日本橋の象徴となっている麒麟像をご紹介。


最新の投稿


スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

ハコスカといえばチューニング派の旧車ファンには垂涎の的だけれども、ハコスカのL型エンジンの定番チューンといえば「ソレ・タコ・デュアル」。 ソレックスの3連キャブレター、タコ足エグゾースト、デュアル出しマフラーという吸排気系のトータルチューンを指した言葉だね。


サンバー | スバル - 360cc時代でエンジンは空冷

サンバー | スバル - 360cc時代でエンジンは空冷

現在でも人気の高い軽ワンボックスのサンバー、これは2代目だね。 360cc時代でエンジンは空冷だ。


【クルマニアックイズ】287本目

【クルマニアックイズ】287本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】286本目

【クルマニアックイズ】286本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。