B110型サニー | 日産 - 隣の車が小さく見えます【旧車】

B110型サニー | 日産 - 隣の車が小さく見えます【旧車】

TSレースでも大活躍したサニー。


TSレースでも大活躍したサニー

B110型サニー

・モデル名 :ダットサン・サニー
・メーカー名:日産
・年式   :1972
・撮影場所 :お台場旧車天国2017
・撮影者  :会長

カローラとサニーは宿命のライバル

B110型サニー

ライバルの存在というのは、切磋琢磨をしあうことでお互いに高めあっていくもの・・・というのは何も劇画や小説の中だけでなく、自動車の世界でも同じこと。
とくに日産とトヨタはお互い押しも押されぬ世界的大メーカーになった今でも、当然のように黎明期のころからも変わらずライバルなのは言うまでもない。

日産ブルーバードとトヨタ・コロナの「BC戦争」は有名だし、セドリック・グロリアとクラウンも積年のライバルだ。
そして忘れてはならないのが、サニーとカローラの小型車対決だね。

1,000ccエンジンでデビューした初代サニーに対抗して、カローラは「プラス100ccの余裕」を掲げてより豪華・ハイパワー路線で対抗。シンプルで簡潔な路線を狙っていたサニーは後塵を拝してしまった。

そこで2代目では、もう完全にカローラを仮想敵(というかもう完全にライバル視)とした「隣の車が小さく見えます」と言い切ってしまった。
隣の車、ってそれカローラのことでしょ・・・?とは誰もが思ったこと。
世の中が「これからみんながよくなる」機運に満ち溢れていた時代、ちょっとでも大きく、少しでもより豊かに、という世相にばっちりハマり、2代目サニーは大ヒットとなった。

もちろん、2代目ことB110型系サニーはカローラに限らずライバルを研究しつくし、また当時最先端の設計技術を惜しみなく投入した高い品質があったからこそのヒットであるのはまちがいない。
実際、2代目サニーと設計を共有するB120型のサニートラック(通称サニトラ)は、サニー自身がモデルチェンジを続けているにも関わらず、基本設計はそのままにマイナーチェンジのみで23年間(海外向け仕様に至っては37年間も!)もの長きにわたって製造され続けていたんだ。
いかにこの2代目サニーが優れたモデルであるかを物語るエピソードだね。

B110型サニー

関連するキーワード


旧車ギャラリー サニー

関連する投稿


117クーペ | いすゞ - 国産車離れした美しいスタイル【旧車】

117クーペ | いすゞ - 国産車離れした美しいスタイル【旧車】

今やトラックを生産するメーカーとして盤石の地位を固めたいすゞも、昔はいくつもの個性的な乗用車を世に出していました。 そんな中でも1968年のデビューから1981年までの長きに渡って製造され、かつ非常に魅力的なスタイルを誇りいすゞの代名詞でもあったのが、この117クーペです。


ハコスカGT-R | 日産 - スカG人気を不動のものにした【旧車】

ハコスカGT-R | 日産 - スカG人気を不動のものにした【旧車】

「愛のスカイライン」のキャッチコピーとともに登場したのが3代目スカイラインです。当初ラインアップされたショートノーズの1500のあと、待望の直6エンジンを積んだスカイラインGT、「スカG」が2か月遅れの1968年9月にデビューしました。


クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。 歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていました。


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

高性能でカッコいいけど、頑張れば手に届くスポーツカー。それが「Z」がヒットした、最大の理由といえます。シンプルでタフな伝統の日産L型エンジンは、自分の手を汚して弄る楽しみにあふれており、それを許容する度量の深さも備えていました。


最新の投稿


117クーペ | いすゞ - 国産車離れした美しいスタイル【旧車】

117クーペ | いすゞ - 国産車離れした美しいスタイル【旧車】

今やトラックを生産するメーカーとして盤石の地位を固めたいすゞも、昔はいくつもの個性的な乗用車を世に出していました。 そんな中でも1968年のデビューから1981年までの長きに渡って製造され、かつ非常に魅力的なスタイルを誇りいすゞの代名詞でもあったのが、この117クーペです。


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~あたり前田のクラッカー~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~あたり前田のクラッカー~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。今回はあんかけ時次郎でおなじみ、「てなもんや三度笠」から生まれた昭和の名ギャグ「あたり前田のクラッカー」を解説。


【クルマニアックイズ】165本目

【クルマニアックイズ】165本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

おもちゃのロケット弾(ジャンプ弾とも)やピストルに仕込む火薬ですね。巻紙になったタイプとこのようなシート状の「平玉」がありました。大人から危ないと言われるほどやってみたくなるのは子どものサガ。今も昔も変わらない?


【クルマニアックイズ】164本目

【クルマニアックイズ】164本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!