B110型サニー | 日産 - 隣の車が小さく見えます【旧車】

B110型サニー | 日産 - 隣の車が小さく見えます【旧車】

TSレースでも大活躍したサニー。


TSレースでも大活躍したサニー

B110型サニー

・モデル名 :ダットサン・サニー
・メーカー名:日産
・年式   :1972
・撮影場所 :お台場旧車天国2017
・撮影者  :会長

カローラとサニーは宿命のライバル

B110型サニー

ライバルの存在というのは、切磋琢磨をしあうことでお互いに高めあっていくもの・・・というのは何も劇画や小説の中だけでなく、自動車の世界でも同じこと。
とくに日産とトヨタはお互い押しも押されぬ世界的大メーカーになった今でも、当然のように黎明期のころからも変わらずライバルなのは言うまでもない。

日産ブルーバードとトヨタ・コロナの「BC戦争」は有名だし、セドリック・グロリアとクラウンも積年のライバルだ。
そして忘れてはならないのが、サニーとカローラの小型車対決だね。

1,000ccエンジンでデビューした初代サニーに対抗して、カローラは「プラス100ccの余裕」を掲げてより豪華・ハイパワー路線で対抗。シンプルで簡潔な路線を狙っていたサニーは後塵を拝してしまった。

そこで2代目では、もう完全にカローラを仮想敵(というかもう完全にライバル視)とした「隣の車が小さく見えます」と言い切ってしまった。
隣の車、ってそれカローラのことでしょ・・・?とは誰もが思ったこと。
世の中が「これからみんながよくなる」機運に満ち溢れていた時代、ちょっとでも大きく、少しでもより豊かに、という世相にばっちりハマり、2代目サニーは大ヒットとなった。

もちろん、2代目ことB110型系サニーはカローラに限らずライバルを研究しつくし、また当時最先端の設計技術を惜しみなく投入した高い品質があったからこそのヒットであるのはまちがいない。
実際、2代目サニーと設計を共有するB120型のサニートラック(通称サニトラ)は、サニー自身がモデルチェンジを続けているにも関わらず、基本設計はそのままにマイナーチェンジのみで23年間(海外向け仕様に至っては37年間も!)もの長きにわたって製造され続けていたんだ。
いかにこの2代目サニーが優れたモデルであるかを物語るエピソードだね。

B110型サニー

関連するキーワード


旧車ギャラリー サニー

関連する投稿


ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

GTOの弟分としてデビューした、コンパクトで低く構えたスタイルなのだけど、どことなく幅広くてどっしりとしたイメージを持つ、ギャランクーペFTOです。


1600GT | トヨタ - あと少しで伝説になるはずだった、悲運の名車【旧車】

1600GT | トヨタ - あと少しで伝説になるはずだった、悲運の名車【旧車】

あの伝説の名車、「トヨタ2000GT」デビューの3か月後、弟分として発表されたのがRT55型「トヨタ1600GT」です。


ギャランラムダ | 三菱 - アメ車クーペの風味を感じさせる、大人のクーペ【旧車】

ギャランラムダ | 三菱 - アメ車クーペの風味を感じさせる、大人のクーペ【旧車】

三菱お得意の明るく華やかな内装、当時まだハイエンドスポーツカー以外には少なかった4輪ディスクブレーキなど充実の装備もあって、スタイリッシュで大人なクーペとして人気を博しました。


R360クーペ | マツダ - 実は戦後国産初のクーペ【旧車】

R360クーペ | マツダ - 実は戦後国産初のクーペ【旧車】

マツダR360クーペは、ミニマム・トランスポーターなのだから、フル4シーターにこだわるのを止めたことでできあがった斬新な1台です。


コルトギャラン | 三菱 - 斬新なスタイルが注目されて大ヒット【旧車】

コルトギャラン | 三菱 - 斬新なスタイルが注目されて大ヒット【旧車】

三菱自初の小型セダン、コルトシリーズをルーツとしつつ、まったく別のコンセプトの新世代Dセグセダンとして1969年末にデビューした「コルトギャラン」です。


最新の投稿


ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

GTOの弟分としてデビューした、コンパクトで低く構えたスタイルなのだけど、どことなく幅広くてどっしりとしたイメージを持つ、ギャランクーペFTOです。


【クルマニアックイズ】92本目

【クルマニアックイズ】92本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


キム・カーンズ/Kim Carnes - Bette Davis Eyes - 1981年

キム・カーンズ/Kim Carnes - Bette Davis Eyes - 1981年

邦題は『ベティ・デイビスの瞳』。この曲は9週連続で全米1位となる大ヒットとなりました。ハスキーボイスが官能的ですね。


UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

マジンガーシリーズの第三弾、『UFOロボ グレンダイザー』です。あえて「UFOロボ」と枕詞がつくところがミソで、これは当時のUFOブームに乗っかろうという制作側の意図から出たものでした。


アース・ウインド&ファイア/Earth, Wind & Fire - Fantasy - 1977年

アース・ウインド&ファイア/Earth, Wind & Fire - Fantasy - 1977年

1970年にアメリカでデビューし、現在も現役で活動を続けるレジェンド・バンド。モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツイン・ヴォーカル、重厚なホーン・セクション、モーリスの弟・ヴァーダイン(B)を中心とするリズム隊の強靭なグルーヴで70年代を中心にヒット曲を量産しました。結成当初からファンキーなR&Bを得意としていましたが、当時世界的に大流行したディスコを取り入れ、さらに人気を拡大しました。