ピアッツァ | いすゞ - 巨匠・ジウジアーロがデザインしたショーカーそのままに発売された【旧車】

ピアッツァ | いすゞ - 巨匠・ジウジアーロがデザインしたショーカーそのままに発売された【旧車】

いすゞといえば旧車ファンには117クーペが大変に人気が高く、その117クーペの後継車として同じくイタリアの巨匠ジョルジェット・ジウジアーロのデザインでデビューしたのがこのピアッツァです。


117クーペの後継車として最先端のデザインをまとってデビュー

ピアッツァ

・モデル名 :ピアッツァXE(初代・JR130型)
・メーカー名:いすゞ
・年式   :1988
・撮影場所 :お台場旧車天国2017
・撮影者  :会長

ジウジアーロのスタディモデルがほぼそのまま生産された

ピアッツァ

いすゞといえば旧車ファンには117クーペが大変に人気が高いけど、その117クーペの後継車として同じくイタリアの巨匠ジョルジェット・ジウジアーロのデザインでデビューしたのがこのピアッツァだ。
もともとはアウディのコンポーネントを使ったスペシャリティカーのスタディモデルとして海外のモーターショー等に出展されていたが、なんらかの経緯でベース車がジェミニに変更になり、その後そのままいすゞから発売されることになったという背景がある。

鬼才の呼び声も高いジウジアーロの独創的なアイデアが多数盛り込まれたスタディモデル(プレゼンテーション用のショーカー)は、ほぼ忠実に市販車の仕様に落とし込まれた。
これはかなり珍しいケースで、当のジウジアーロもあまりの忠実さにかなり驚き感激していたという。
モーターショーに展示されていたスタディモデルが市販車になったときって、大概の場合はそのスタディモデルらしい「とんがった」部分はより現実的にアレンジされてしまうことがほとんどなのは誰もが感じるところ。
ところがピアッツァに関しては、いすゞがその製造技術の限界に挑みさまざまな工夫を凝らして現実のものとしてしまったのだ。

全体に丸みを帯びたフォルムに徹底したフラッシュサーフェース化、半目開きの可動式カバーを付けたセミリトラクタブルライトなど、国産車にはない上品なデザインは、カーデザイン界をけん引するジウジアーロの最先端デザインだ。

ところが当時の国産車はまるで折り紙細工のようなシャープでエッジの効いたラインが特徴で、とにかくカクカク路線が人気だった。
そんな中でピアッツァは話題性はものすごいものの、実際の販売はイマイチ伸び悩み、いすゞが暴走した失敗作とまで言われるほどだった。

その後、国産車のスタリングが急激に曲線基調にシフトしはじめると、2周ぐらい先を行っていたピアッツァが俄然再評価されるようになったんだ。
早い話が、当時の日本の感性では、最先端のカーデザインモードに追いつくことができなくて、ちょっと余裕が出た頃に理解されるようになったということだろう。

とんがっているのはデザインだけではなく、内装も最先端のデジタルメーターやメーターナセル両側に配置されたさまざまなサテライトスイッチなど、最新の技術や新しいギミックがてんこ盛りだ。
ちなみにサテライトスイッチは「ハンドルから手を離さずあらゆる操作ができる」という優れものなのだけど、慣れないと正直、癇癪を起こすといわれているほど独特なレイアウトになっているよ。

ピアッツァ
ピアッツァ
ピアッツァ

関連する投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

久しぶりのDOHCエンジン復活で、スカイライン覇権の夢を再び!


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


最新の投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


【クルマニアックイズ】246本目

【クルマニアックイズ】246本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!