そしてワタシは、また銭湯へ(中編)

そしてワタシは、また銭湯へ(中編)

2020年4月より始めさせていただいたこのコーナー。今年で生誕満55年を迎えるワタシ・メソポ田宮文明と、銭湯との関わりを書かせていただいております。 まずは反響をいただいた、銭湯での結婚披露宴のお話の続きを。


ありし日の西小山・弁天湯さん

ありし日の西小山・弁天湯さん(撮影=町田忍さん)

ありし日の西小山・弁天湯さん(撮影=町田忍さん)

1991(平成3)年、西小山の弁天湯さん(すでに廃業)の脱衣所で、ワタシの結婚披露宴を開催したというお話を書いたのですが、読んだ方から「おもしろいですね~」と感想をいただきました。
ならば、その時の写真をお見せしたいと思い、探したのですが見つからず……

町田忍さんが「弁天湯の写真、ありますよ」とおっしゃってくださったので、1枚お借りしました。

当日のビデオテープは出てきたので、そこから画像を拾ってみました。

弁天湯さんのご近所の舞踊教室さんが、紅白幕と提灯を貸してくださいました。 司会の友人2名はふんどし一丁!

弁天湯さんのご近所の舞踊教室さんが、紅白幕と提灯を貸してくださいました。
司会の友人2名はふんどし一丁!

脱衣所の男女間の壁がボタンひとつで移動し、ワンフロアになっています。

脱衣所の男女間の壁がボタンひとつで移動し、ワンフロアになっています。

ロッカーの上にあるのは...........友人が持ち込んだ遊び心です(^◇^;)

ロッカーの上にあるのは...........友人が持ち込んだ遊び心です(^◇^;)

今回、十数年ぶりにこのビデオを観たのですが、まぁハチャメチャな宴でした。
若かったなぁと。。。
(ちなみにこの日の「キャンドルサービス」は、ふんどしの男たちを床に寝かせてその肌に熱いロウを垂らす、というものでした)

この文を書くにあたり、久しぶりに西小山へ行って商店街~弁天湯さんの跡地を歩いてみようと思っていたのですが、新型コロナウイルスの外出自粛により断念…
状況が晴れたら、日をあらためて行ってみようと思っています。

『夕刊フジ』でわいた、わいてるぞう

結婚後、しばらく会社員を続けていたワタシでしたが、31歳の時に辞めてフリーランスへ。
兼ねてからやりたかった、絵を描く仕事を中心とする自由業者となり雑誌、新聞、書籍、テレビ、webなどいろいろな場所へイラストを描かせていただくことになります。

中でも“オレンジ色の憎いヤツ”『夕刊フジ』に約10年間連載していた「今日のストレス、明日の病気」、「知りたくもない!? カラダの不思議」(いずれも週1回掲載)のイラストはかなり自由にやらせてもらいまして、お気に入りのキャラクターもたびたび誕生。

その中の、入浴の効能を扱った記事でできたのがのちに『お湯わいてるぞう』と名付けられるキャラクターでした。

『夕刊フジ』で初めて描いた「お湯わいてるぞう」(2014年3月)

『夕刊フジ』で初めて描いた「お湯わいてるぞう」(2014年3月)

連載は2016年に終わっていますが、ネットではまだいくつかご覧いただけます。

『今日のストレス 明日の病気』はこちらから
『知りたくもない!?カラダの不思議』はこちらから

『銭湯もりあげた~い』との遭遇

このキャラが妙に気に入ってしまったワタシは、この子が活躍できる場所がないかなぁと思い始めます。
すると、知り合いのネット放送局ディレクターさんが、ある芸人さんを紹介してくれました。
それが、のちにワタシも隊員となる『銭湯もりあげた~い』の代表・漫談家の風呂わく三(ぞう)さんでした。
偶然にも、わく三さんと初めて会った日の翌日に『銭湯もりあげた~い』発足の会合があるとのことで、「一緒に行ってみます?」とお誘いいただき、参加することとなったのです。

2014年5月、『銭湯もりあげた~い』第1回会合で風呂わく三さんと

2014年5月、『銭湯もりあげた~い』第1回会合で風呂わく三さんと


『銭湯もりあげた~い』第1回会合は、足立区の銭湯専門フリーペーパー『銭湯といえば足立』の編集者さんをはじめ、さまざまな業種の銭湯好きな方が集まっていました。
ワタシは自己紹介時に、持参した『お湯わいてるぞう』(この時点では、名前はまだない)のイラストを見せたものの反応はイマイチ...(◎▽◎;;;)

されど、あたたかく迎えていただき、のちに「公式キャラクター」にしていただきました。

『お湯わいてるぞう』と『銭湯もりあげた~い』のコンセプト、こんなカンジです。

『お湯わいてるぞう』と『銭湯もりあげた~い』のコンセプト、こんなカンジです。

ワタシにとって運命的とも思える『銭湯もりあげた~い』とのご縁。
それがこの先、いろんなことやモノにつながっていきます。

次回は、『銭湯もりあげた~い』&ワタシの活動についてアレコレ書かせていただきたいと思います。
(後編へ続く)

『銭湯もりあげた〜い』facebookページはこちらから
漫談家『風呂わく三』ホームページはこちらから
『銭湯といえば足立 & 足立区浴場組合』ホームページはこちらから

▼前回の「そしてワタシは、また銭湯へ(前編)」はこちらから

そしてワタシは、また銭湯へ(前編)

https://goldenyokocho.jp/articles/2831

はじめまして。イラストレーターをはじめとする自由業者、メソポ田宮文明と申します。長崎県は長崎市生まれの“昭和40年男”でございます。このたび、銭湯&町田忍さんとのご縁でこのようなコーナーを持たせていただくことになりました。 まずは、これまでのワタシと銭湯の関わりについて書いてみたいと思います。

■著者略歴

関連する投稿


フォルクスワーゲン Type1 ビートル

フォルクスワーゲン Type1 ビートル

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「VW フォルクスワーゲン Type1 ビートル」!往年の名車「フォルクスワーゲン ビートル」を描く。


子どものギャンブル?カプセルトイ

子どものギャンブル?カプセルトイ

今回は、子どもの射幸心を煽ってやまなかった魅惑のおもちゃ・カプセルトイをご紹介。出てくるまで中身がわからない、ほしいものを手に入れたいという気持ちが刺激され、お小遣いを吸い取られた人も多いハズ。庶民文化研究所の町田忍所長もそんなひとり。町田少年の思い出とともにカプセルトイの懐かしい話を。


日野ルノー

日野ルノー

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、古き良き昭和の日本に庶民文化研究所町田忍画伯がイラストで迫る。今回ご紹介するのは有名なルノーの車。ただし、日野自動車製ですが。


どのノート使ってた?学習用ノートのコレクション

どのノート使ってた?学習用ノートのコレクション

今回は、学校などで使われる学用品、その中でもノートにフィーチャーしてご紹介しよう。マス目で区切られていたり、罫線で区切られていたり、あるいは人気のキャラクターが描かれていたり…当時のノートのコレクションをご覧あれ。


昔と今ではちょっと違う?昭和の文房具事情

昔と今ではちょっと違う?昭和の文房具事情

今回は、昭和の学校で使われていた懐かしい文房具をご紹介。遊び道具やファッションはともかく、学校の道具はそんなに昭和も平成も令和も変わらないのでは?と思っていても、実は大きく様変わりしているのです。


最新の投稿


仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集も仮面ライダー×バイク!今回は昭和末期から平成初頭にかけてのライダーとその愛機を紹介しよう!


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。初回は「お呼びでない?」。日本のサラリーマンの権化とも言える植木等を代表するギャグである。


フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

高性能でカッコいいけど、頑張れば手に届くスポーツカー。それが「Z」がヒットした、最大の理由といえます。シンプルでタフな伝統の日産L型エンジンは、自分の手を汚して弄る楽しみにあふれており、それを許容する度量の深さも備えていました。


フォルクスワーゲン Type1 ビートル

フォルクスワーゲン Type1 ビートル

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「VW フォルクスワーゲン Type1 ビートル」!往年の名車「フォルクスワーゲン ビートル」を描く。


【クルマニアックイズ】160本目

【クルマニアックイズ】160本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!