シャンテ | マツダ - ロングホイルベースの高い実用性を誇る【旧車】

シャンテ | マツダ - ロングホイルベースの高い実用性を誇る【旧車】

シャンテはロングホイールベースで室内が広く、リアシートも分割可倒式(当時これはかなり珍しい)で広いラゲッジルームがありました。


マツダ360cc軽自動車の最終形

シャンテ

・モデル名 :シャンテ
・メーカー名:マツダ
・年式   :1972
・撮影場所 :青梅宿懐古自動車同窓会2017
・撮影者  :ミノ

幻のロータリーエンジン計画もあった、悲運の軽

シャンテ

R360やキャロルの投入で360cc時代の軽自動車では有力メーカーの一角を占めていた当時のマツダ。
市場が軽自動車中心から小型車へシフトしはじめると、独自性を強く求めたマツダはロータリーエンジンを搭載する小型乗用車に重点を置いた開発や販売戦略をとるようになった。
結果的にそれまで他車より優位にあったキャロルなどの車種が他社の後発車種に遅れをとる形になってしまい、主力モデルが生産終了となってしまう。

そんなマツダの軽自動車市場での起死回生の切り札がシャンテの投入だったのだけど、もともとシャンテにはロータリーエンジン(シングルローター)が搭載される計画で開発が進められていたのがさまざまな理由で見送りとなり、急遽水冷2ストエンジンが搭載されての発売となったんだ。

見送りとなった理由は、技術的な難しさのほか、当時の監督官庁が軽自動車へロータリーを積むことを反対したからとも言われている。反対した理由はいろいろと語られるところだが、技術的なこともあるし、ライバル会社の圧力とかロビー活動等もあったことだろう。
いずれにせよ、シャンテにはロータリーが積まれることはなく、ポーターキャブの空冷2ストエンジンを水冷化したものが積まれ、中途半端な形で発売となってしまう。

もともとシャンテはロングホイールベースで室内が広く、リアシートも分割可倒式(当時これはかなり珍しい)で広いラゲッジルームを持つなど優位性もあったのだが、4ドアや当時軽では人気が高かったバンモデルも設定されないなど、これまた必要な手が打てない状況で苦戦を強いられてしまった。
さらに悪いことに、軽自動車に車検制度を導入する話が持ち上がるなど、軽自動車業界自体の逆風もあって、このシャンテをもっていったんマツダのラインナップから軽乗用車が消えてしまったんだ(その後、1989年にオートザム・キャロルで復活する)。

こんな悲運の話もあってか、その後ロータリー車のチューニングやレースマシンで有名な「RE雨宮」が12A型2ローターエンジン+KKK製ターボを積んだ「RE雨宮スーパーシャンテ」を発表したのは有名な話だ。
(余談だけど、このスーパーシャンテはあの「よろしくメカドック」にも登場するよ)

シャンテ

関連する投稿


ギャランラムダ | 三菱 - アメ車クーペの風味を感じさせる、大人のクーペ【旧車】

ギャランラムダ | 三菱 - アメ車クーペの風味を感じさせる、大人のクーペ【旧車】

三菱お得意の明るく華やかな内装、当時まだハイエンドスポーツカー以外には少なかった4輪ディスクブレーキなど充実の装備もあって、スタイリッシュで大人なクーペとして人気を博しました。


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。


R360クーペ | マツダ - 実は戦後国産初のクーペ【旧車】

R360クーペ | マツダ - 実は戦後国産初のクーペ【旧車】

マツダR360クーペは、ミニマム・トランスポーターなのだから、フル4シーターにこだわるのを止めたことでできあがった斬新な1台です。


コルトギャラン | 三菱 - 斬新なスタイルが注目されて大ヒット【旧車】

コルトギャラン | 三菱 - 斬新なスタイルが注目されて大ヒット【旧車】

三菱自初の小型セダン、コルトシリーズをルーツとしつつ、まったく別のコンセプトの新世代Dセグセダンとして1969年末にデビューした「コルトギャラン」です。


カリーナ | トヨタ - マイナーチェンジでさらにスポーティさを増した2代目後期型【旧車】

カリーナ | トヨタ - マイナーチェンジでさらにスポーティさを増した2代目後期型【旧車】

スタイルチェンジにより、カリーナが標榜していた「スポーツ感覚」がさらに強調された形になり、ファミリーユースにも応えつつ若々しくスポーティさも忘れない、フレッシュなクルマという立ち位置が確立しました。


最新の投稿


ギャランラムダ | 三菱 - アメ車クーペの風味を感じさせる、大人のクーペ【旧車】

ギャランラムダ | 三菱 - アメ車クーペの風味を感じさせる、大人のクーペ【旧車】

三菱お得意の明るく華やかな内装、当時まだハイエンドスポーツカー以外には少なかった4輪ディスクブレーキなど充実の装備もあって、スタイリッシュで大人なクーペとして人気を博しました。


フォルクスワーゲンType3 2ドアワゴン・ヴァリアント

フォルクスワーゲンType3 2ドアワゴン・ヴァリアント

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロな筆致で蘇らせるこのコーナー。今回はフォルクスワーゲンの「Type3」。自身もビートルに乗る町田さんの力作!


【クルマニアックイズ】88本目

【クルマニアックイズ】88本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ルー・リード/Lou Reed - Nobody But You - 1990年

ルー・リード/Lou Reed - Nobody But You - 1990年

ルー・リードはニューヨーク出身のシンガー・ソングライター。アンディ・ウォーホルのプロデュースのもと、ウォーホルによるバナナのジャケットでも有名なアルバムで1967年にデビューしたロック・バンド「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」の中心メンバーでした。


懐かしき害虫駆除グッズいろいろ(一部閲覧注意です。)

懐かしき害虫駆除グッズいろいろ(一部閲覧注意です。)

今回は、庶民文化研究所収蔵の数々の殺虫グッズを町田忍所長が紹介する。生活を快適にするうえで欠かせない害虫との戦い。害虫との戦いを勝ち抜くために、先人たちはさまざま害虫駆除グッズを編み出してきた。そこには歴史あり、懐かしさありの昭和レトロな世界があった。