N360 | ホンダ - 大ヒット車・スバル360をあっというまに追い越す売れ行きを誇った【旧車】

N360 | ホンダ - 大ヒット車・スバル360をあっというまに追い越す売れ行きを誇った【旧車】

2輪メーカーとして世界に打って出たホンダがミニマム・スポーツカーのSシリーズに続けて投入し、4輪メーカーへのステップアップを図り足場を固めたのがこのN360です。


「Nコロ」と呼ばれて愛された、ホンダらしさの詰まったミニマムカー

N360

・モデル名 :N360 NⅡ
・メーカー名:ホンダ
・年式   :1969
・撮影場所 :越後丘陵公園クラシックカー展2017
・撮影者  :会長

高性能、高い居住性、低価格で軽トップの座をスバル360から奪い去った

N360

2輪メーカーとして世界に打って出たホンダがミニマム・スポーツカーのSシリーズに続けて投入し、4輪メーカーへのステップアップを図り足場を固めたのがこのN360だ。
ホンダはそれまでも商用車を中心に4輪車を製造していたが、本格的な量産車はN360が初めてといっていい。
「S」はもちろんスポーツだが、「N」は「乗り物(Norimono)」の略だと言われてきた。近年になってNがつく軽自動車のヒットが相次ぎ、CM等で「NewニッポンのNorimono」と謳っているところをみると、どうやらこの話は本当だったようだ。

今日のFF2ボックスの原点になったと言っていいN360。バイクのドリームCB450に搭載されていたものをベースにした空冷2気筒の354cc/31馬力のエンジンを、モーリス・ミニにも似たシンプルでシャレたデザインのボディに搭載。
当時の軽規格は全長3m・全幅1.3m以下だったため、これをフルに生かす2ボックススタイルとFFの採用、四隅に追いやったホイールハウスや分割可倒式のリアシートなどさまざまな工夫により広い室内を誇った。
ホンダらしく軽量化と低価格化も徹底して行われ、高い運動性能も確保。
それはもうヒットしないハズもなく、発売後2カ月でトップのスバル360を追い越す売れ行きとなったんだ。

NⅡは初期モデルのマイナーチェンジ版で、見た目はほとんど変わらないけど内装は鉄板むき出しだったところを化粧板で覆うなど、より乗用車らしさ打ち出したモデルとなっている。
ちなみにNⅡというのは通称で、このあとの再度のマイナーチェンジを受けたモデルは正式にNⅢ360となるよ。
現在はこのN360をモチーフにした軽自動車「N-One」が好評を博しているね。

N360
N360
N360

関連する投稿


T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

昭和38年(1963年)、まだオートバイの販売網しかもっていなかったホンダが、本格的に4輪自動車に参入するにあたり最優先して開発し市場に投入したのは、軽トラのT360でした。そんなホンダ初の4輪車・軽トラのT360は、開発に創業者・本田宗一郎がまるまる1台関わっている唯一の車種です。


サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

2代目ダットサン・サニーのB110型をベースにピックアップ化された、サニトラ2代目にあたるB120型。本家のB110サニーが1973年に次のB210型にモデルチェンジしてからも、なんと1994年まで作り続けられました。


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンです。5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなりました。B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積んでいます。


最新の投稿


T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

昭和38年(1963年)、まだオートバイの販売網しかもっていなかったホンダが、本格的に4輪自動車に参入するにあたり最優先して開発し市場に投入したのは、軽トラのT360でした。そんなホンダ初の4輪車・軽トラのT360は、開発に創業者・本田宗一郎がまるまる1台関わっている唯一の車種です。


昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語にあらためて令和の光をあてる「死語の世界」。今回は一斉を風靡した別れの言葉「バイナラ」をご紹介。欽ちゃんファミリーである斎藤清六発祥の死語について光をあててみよう。


サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

2代目ダットサン・サニーのB110型をベースにピックアップ化された、サニトラ2代目にあたるB120型。本家のB110サニーが1973年に次のB210型にモデルチェンジしてからも、なんと1994年まで作り続けられました。


【クルマニアックイズ】188本目

【クルマニアックイズ】188本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

オロナミンCの大村崑さんに、ボンカレーの松山容子さん。ホーロー看板の中でも屈指の知名度を誇る二人だが、この人も負けてない!今回紹介するのは、アース渦巻のホーロー看板。モデルはあのかげろうお銀で有名な大女優・由美かおる様!