雲翠泉~荒川区の珍しい関西型浴場~

雲翠泉~荒川区の珍しい関西型浴場~

東京に数多くある、素敵な銭湯を紹介!今回紹介する銭湯は荒川区三河島。三河島駅そばにある銭湯「雲翠泉(ウンスイセン)」。東京型の建物外観に、関西型の浴場を備えた珍しい銭湯。心の洗濯をしに、ひとっ風呂、いかがですか?


雲翠泉の関西型浴場

下町風情が残る街「荒川区三河島」に建つ、昭和な銭湯「雲翠泉」

雲翠泉 外観

雲翠泉は、東京都荒川区の三河島駅から徒歩5分ほどにある銭湯。まだどこか昭和の面影を残す下町の路地を抜けると突如、長い煙突が現れる。
宮造りの外観に、少しレトロなコインランドリー。そんな『東京の銭湯といえば?』と問われて思い浮かぶ銭湯そのものを、雲翠泉は体現している。

男湯と女湯が入り口から別れる玄関

中に入ると二つの入り口と、ズラリと並ぶ松竹錠の下駄箱。この下駄箱のスタイルもまた懐かしい。
しかし、重要なことは入り口が二つあるということ。そう、この雲翠泉は今は貴重な、昔ながらの番台スタイルの銭湯なのだ。

番台あり!由緒正しき東京型銭湯の脱衣場風景

番台からの女湯脱衣場の風景
番台からの男湯脱衣場の風景

番台を通って中に。
脱衣場からの風景はご覧の通り。上を見上げれば格天井(ごうてんじょう)。外観で思い描いた昔の東京型銭湯の姿がここでも広がっている。日が差し込む縁側もノスタルジーを刺激して止まない。

男湯に面した小庭

竹編みの脱衣カゴに、懐かしい体重計。そして差し込む太陽。お風呂上がりにこの場所で火照った体を冷ますくつろいだ姿が想像できるようだ。
もちろん、雲翠泉が刺激するノスタルジーはこれだけに留まらない。ノスタルジーを色濃く感じる場所をご紹介していこう。

今も昔も銭湯といえば松竹錠

今も昔も銭湯といえば松竹錠

液体石鹸全盛だけど、固形石鹸も売っている

液体石鹸全盛だけど、固形石鹸も売っている

女湯には昔懐かしいドライヤーも

女湯には昔懐かしいドライヤーも

東京だけど関西型!雲翠泉の浴場は珍しい浴槽の配置

雲翠泉の関西型の浴場

そして、雲翠泉の最大の特徴は浴槽の配置だろう。
通常、銭湯の浴槽はペンキ絵の描かれた壁面に沿って大浴場があるものだが、雲翠泉は真ん中。これは関西型の銭湯の特徴である。
なぜ、真ん中なのかは諸説あるところだが、浴槽のお湯を汲んで掛け湯してから湯船に入る、という関西の入浴マナーに起因するのかもしれない。
ちなみに、なぜ雲翠泉の浴槽が関西型になったのか、は女将も預かり知らぬところのようだった。

雲翠泉女湯のタイル絵-浦島太郎&桃太郎
雲翠泉女湯のタイル絵-花咲か爺さん
雲翠泉女湯のタイル絵-舌切り雀

雲翠泉もう一つの見どころは、カランの前のタイル絵だろう。女湯のタイル絵はおとぎ話がモチーフになっている。まだ小さな子は入浴も母と一緒であることも多い。そうした子どもの目を楽しませる目的もあるのかもしれない。もちろん大人も目を奪われる質の高さではあるのだが。
男湯のタイル絵は日本の絶景が描かれていた。

早川利光氏による富士と渡島富士

そして、銭湯の象徴とも言うべきペンキ絵がこちらだ。

雲翠泉女湯のペンキ絵-北海道駒ヶ岳

関連する投稿


そしてワタシは、また銭湯へ(前編)

そしてワタシは、また銭湯へ(前編)

はじめまして。イラストレーターをはじめとする自由業者、メソポ田宮文明と申します。長崎県は長崎市生まれの“昭和40年男”でございます。このたび、銭湯&町田忍さんとのご縁でこのようなコーナーを持たせていただくことになりました。 まずは、これまでのワタシと銭湯の関わりについて書いてみたいと思います。


昭和レトロとラビットスクーターが待つ喫茶店、東武練馬「珈琲屋らびっと」へ町田忍と行く

昭和レトロとラビットスクーターが待つ喫茶店、東武練馬「珈琲屋らびっと」へ町田忍と行く

立ち込めるコーヒーの香りと、若かりし日の思い出がよみがえる…そんな郷愁を感じるような喫茶店。いわゆるレトロ喫茶というものは実はまだまだ探せばあるもの。今回は庶民文化研究家、町田忍さんオススメのレトロ喫茶、東京都板橋区の東武練馬にある「珈琲屋らびっと」に行ってみた!


町田忍の銭湯ペンキ絵修復に密着!~三河島・雲翠泉~

町田忍の銭湯ペンキ絵修復に密着!~三河島・雲翠泉~

日本銭湯文化協会理事にして、自らも銭湯のペンキ絵を描く町田忍さん。そんな町田さんのペンキ絵修復作業に密着するチャンスが!三河島にある「雲翠泉(うんすいせん)」という歴史を感じる銭湯で、銭湯絵師・町田忍の仕事ぶりをレポートします!お楽しみに!


昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(2)

昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(2)

庶民文化研究の大家町田忍さんと「玉電と郷土の歴史館」を訪れたゴル横取材班。前回のレポートでは「玉電と郷土の歴史館」の大塚勝利館長と、町田さんの対話を中心にご紹介したが、今回は「玉電と郷土の歴史館」に展示されたコレクションをご紹介!玉電関連グッズはもちろん、大塚館長の琴線に触れた昭和なアイテムが続々登場するよ!


昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(1)

昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(1)

庶民文化研究の第一人者町田忍さん。今回は、町田さんと昭和のレトロ文化を探訪する。訪れたのは「玉電と郷土の歴史館」。この「玉電と郷土の歴史館」、もともとは蕎麦店。店主の大塚勝利さんが店舗を活用して開いた。大塚館長と町田さんは旧知の仲。町田さんのお取り計らいで「玉電と郷土の歴史館」へ向かったゴル横取材班。玉電だけに留まらないおもちゃ箱のような「玉電と郷土の歴史館」での様子をレポートします!


最新の投稿


光速エスパー - 科学の申し子、光速エスパーは今も健在だった!

光速エスパー - 科学の申し子、光速エスパーは今も健在だった!

東芝のマスコット・キャラクター、『光速エスパー』くんです。東芝系列の電気店の店頭でハツラツと姿を目にしたのも、もう遠いむかしになってしまいましたね~。


【クルマニアックイズ】23本目

【クルマニアックイズ】23本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ユーリズミックス/Eurythmics - There Must Be An Angel - 1985年

ユーリズミックス/Eurythmics - There Must Be An Angel - 1985年

ユーリズミックスはアニー・レノックス(Vo,Key)、デイヴ・スチュワート(G)からなるイギリス出身のエレクトロニック・ミュージック・デュオ。シンセサイザーを駆使したクールなサウンドと、レノックスの抑制の効いた歌声で人気を集め、80年代のブリティッシュ・インヴェイジョンの一翼を担いました。


フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

9年間も製造された、あまりにも人気が高かったS30の次代モデルとして登場しました。見た目のイメージは先代のイメージを上手く残し、内装は思い切ってリフレッシュというコンセプトは見事にハマり、S130も人気車種となりました。


【クルマニアックイズ】22本目

【クルマニアックイズ】22本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!