マキシマ(2代目) | ニッサン - ブルーバードをストレッチして高出力なV6を搭載した快足セダン【旧車】

マキシマ(2代目) | ニッサン - ブルーバードをストレッチして高出力なV6を搭載した快足セダン【旧車】

初代は1981年に、910型・6代目ブルーバードをベースとして開発。 当時アメリカで売られている日産車としては最高位のセダンで、ブルーバードよりストレッチされたボディやより豪華で快適な装備などがウリでした。


北米で人気の高出力なV6を投入するために大柄になった高速ツアラー

マキシマ

・モデル名 :マキシマ V6ターボ ルグラン VIP(PU11型)
・メーカー名:ニッサン
・年式   :1988(2代目)
・撮影場所 :越後丘陵公園クラシックカー展2017
・撮影者  :会長

ハイパワーで豪華なセダンがどんどん売れた時代らしい1台

マキシマ

もともとはブルーバードの上位派生車種としてスタートしたマキシマ。
初代は1981年に、910型・6代目ブルーバードをベースとして開発されたんだ。
当時アメリカで売られている日産車としては最高位のセダンで、ブルーバードよりストレッチされたボディやより豪華で快適な装備などがウリだった。

マキシマはその後もその位置づけを変えることなく、2代目・PU11型系は1984年にデビュー。
ブルーバードの血筋を意識させるデザインを持ち、より大柄で速くて快適なセダンという立ち位置だった。
3リットルV6のVG30型エンジンは、セド・グロやレパード、フェアレディZ(Z31)等に搭載されたものとルーツを同じくするものだ。
北米で人気が高かったこのエンジンを投入した高速セダンが求められていたんだね。

もともとブルーバードの派生車種としてスタートしたため、2代目の途中まで「ブルーバード・マキシマ」と名乗っていたのだけど、87年のマイナーチェンジを機にリアの車名ロゴからブルーバードを外して「マキシマ」として独立したんだ。
これは販売戦略上の都合で、正式名称はブルーバード・マキシマのままだったようだけどね。

国内向けのマキシマはその後、セフィーロ→ティアナに収れんされていったけど、特に北米向けでは現在もニッサンブランドの最上位セダンとして、「4ドアスポーツカー」の触れ込みで人気車種となっているよ。

マキシマ
マキシマ

関連する投稿


フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

9年間も製造された、あまりにも人気が高かったS30の次代モデルとして登場しました。見た目のイメージは先代のイメージを上手く残し、内装は思い切ってリフレッシュというコンセプトは見事にハマり、S130も人気車種となりました。


S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S500の発売とともに爆発的な人気を集め、すぐにS600に進化したSシリーズ。 「スポーツカー」といえば2座オープンが当たり前だったところに、さらに着脱式のハードトップではなくはじめから設えられたルーフを持つ「クーペ」が追加されました。


シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

TC(日本ツーリングカー選手権)でも活躍や、峠や環状線などでも俊足を誇った先代「ワンダーシビック」の正常進化版として、1987年にモデルチェンジした「グランドシビック」こと4代目・EF型です。



フェアレディZ-L | 日産 - S30初代フェアレディZの豪華装備版はより淑女らしい【旧車】

フェアレディZ-L | 日産 - S30初代フェアレディZの豪華装備版はより淑女らしい【旧車】

低く長く流麗なボディラインと快活な運動性能を持つスポーツカーを、欧州の高級ブランドのスポーツカーの半分以下の値段で提供することで大ヒットになりました。


最新の投稿


光速エスパー - 科学の申し子、光速エスパーは今も健在だった!

光速エスパー - 科学の申し子、光速エスパーは今も健在だった!

東芝のマスコット・キャラクター、『光速エスパー』くんです。東芝系列の電気店の店頭でハツラツと姿を目にしたのも、もう遠いむかしになってしまいましたね~。


【クルマニアックイズ】23本目

【クルマニアックイズ】23本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ユーリズミックス/Eurythmics - There Must Be An Angel - 1985年

ユーリズミックス/Eurythmics - There Must Be An Angel - 1985年

ユーリズミックスはアニー・レノックス(Vo,Key)、デイヴ・スチュワート(G)からなるイギリス出身のエレクトロニック・ミュージック・デュオ。シンセサイザーを駆使したクールなサウンドと、レノックスの抑制の効いた歌声で人気を集め、80年代のブリティッシュ・インヴェイジョンの一翼を担いました。


フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

9年間も製造された、あまりにも人気が高かったS30の次代モデルとして登場しました。見た目のイメージは先代のイメージを上手く残し、内装は思い切ってリフレッシュというコンセプトは見事にハマり、S130も人気車種となりました。


【クルマニアックイズ】22本目

【クルマニアックイズ】22本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!