「駄菓子・なつ菓子研究所」ランキング・ベストテン 2位はあのゴルファーで注目されたアレ

「駄菓子・なつ菓子研究所」ランキング・ベストテン 2位はあのゴルファーで注目されたアレ

3月12日は「駄菓子の日」でした。駄菓子といえば懐かしい「なつ菓子」を紹介してきたゴル横「駄菓子・なつ菓子研究所」のコーナー。「駄菓子の日」にあやかってランキング「ベストテン*」をまとめてみました。2位はしぶこ選手の活躍で注目されたあの駄菓子!(*2020年3月12日ゴル横調べ)


第10位

アポロ | 明治 - 世界一身近な宇宙グッズ

https://goldenyokocho.jp/articles/1443

アポロ11号が月面へ降り立った1969年、あの頃は誰もが宇宙の旅を夢見ていた。時は流れて半世紀、キューブリックの描いた2001年を経て、未だに宇宙は憧れの地で──遠い月に想いを馳せる『アポロ』について。

宇宙船と同じ名前のイチゴとチョコのにくいヤツ!
研究の結果、同メーカーのあのお菓子とも関係があることが判明!

第9位

フィリックスフーセンガム | 丸川製菓 - アニメキャラのFELIXがキャッチー

https://goldenyokocho.jp/articles/906

マーブルフーセンガムと並ぶ、ガム系駄菓子の定番。アニメキャラのFELIXがキャッチーなパッケージ。ストロベリー味。くじ付き。

10円というお手軽価格で長い間楽しめるフィリックスガム。
昔はお世話になってました…。
ちなみにクオリティー面で有名なFXガムも同じ会社の商品です。

第8位

にんじん | タカミ製菓 - にんじんはどこから来たの

https://goldenyokocho.jp/articles/179

駄菓子は子供の興味を引こうと多種多様に擬態する。未知の形状で攻めるもの、鍵などの勝手に触れると大人に怒られるものまでいずれ様々──理由もなんとなく想像がつく。しかし『にんじん』だけは分からない。謎多き紅の駄菓子の正体に迫る。

子どもの嫌われ者の皮をかぶった人気者「にんじん」。
商品名の秘密など研究してみました。

第7位

ジャンボヨーグル | サンヨー製菓 - あのヨーグルが食べ放題

https://goldenyokocho.jp/articles/1437

巨大な駄菓子は衆目を引き付ける。もう大きいというだけで面白い。バラエティーストアやゲームセンターで見かけると、場の空気に飲まれてつい入手してしまう。だが、その容量はどうなのか──噂の『ジャンボヨーグル』食べてみた!

とりあえず巨大化させとけばいいや…みたいな適当感がなんとも味わい深いお菓子(笑)。
でも大きいことはいいことだw

第6位

ラムネ|森永製菓 あの頃を思い出すシルエット

https://goldenyokocho.jp/articles/2647

砂糖、ショ糖、ぶどう糖。糖と名のつくものは数あれど、脳の栄養はただ一つ。驚異のぶどう糖90%を誇る、森永のラムネで、日々の思考をサポートしよう。

姿かたちからまさしく「ラムネ」なラムネ菓子。
今ではブドウ糖が多いってことで働く大人にも人気の菓子なんだそうな。

第5位

チロルチョコ | チロルチョコ株式会社 - 小さなチョコの大きな秘密

https://goldenyokocho.jp/articles/1436

小さな一粒心の隅に──誰もが知っているチロルチョコ。夢が詰まった小さな包みの中には、誰も知らない秘密があった。ただ安いだけではない"本物"のチョコレートが歩んだ夢の軌跡を辿る。

言わずとしれたお手軽チョコ。
現在でもオリジナルパッケージを作れたり、斬新な味を考えたりと、時代のニーズを捉えて大人気!

第4位

さくら大根 | みやま食品工業 - 駄菓子か漬物か

https://goldenyokocho.jp/articles/185

時に大胆に、時に巧妙に擬態する駄菓子たち。名前も見た目も信用できない虚飾あふれる世界にあって、それはあまりに大根だった。セピアな記憶も真っ赤に染める『さくら大根』は駄菓子なのか、漬物なのか──。

もはやお菓子というにはあまりにもツマミ感がとめどないこちら。
これか都こんぶが好きだった少年はきっと今、呑兵衛でしょうw

第3位

みつあんず | ミナツネ - 「あんず」を加工したちょっと本物感のある駄菓子

https://goldenyokocho.jp/articles/16

ジャムのようでもあり乾燥フルーツのようでもある不思議な駄菓子。日本伝統の「あんず」を加工したちょっと本物感のある駄菓子。

「あんずのトップメーカー」を標榜するあんずのジャム?乾燥フルーツ?なお菓子。
どうやら百獣の王・武井壮も愛してやまないらしい…

第2位

関連する投稿


キョロちゃんの歴史

キョロちゃんの歴史

キョロちゃんとは、言わずと知れた森永製菓「チョコボール」のキャラクターだ。キョロちゃんという愛らしいキャラクターのその歴史を庶民文化研究所所長・町田忍さんにまとめてもらった。


世界最強!?日本のパスポートの進化の歴史

世界最強!?日本のパスポートの進化の歴史

世界最強とも名高い日本が誇るものをご存じだろうか?それは、パスポート、旅券である。今回は世界に誇る日本のパスポートを、庶民文化研究所所長・町田忍さんの歴代パスポートで振り返っていこう。


寺社巡りの思い出づくりが発祥?千社札コレクション

寺社巡りの思い出づくりが発祥?千社札コレクション

神社やお寺の天井や塀などに貼られているシールを見たことはないだろうか?アレの名前は千社札という。もしかしたら粋な人ならば貼ったことがある、という人もいるのでは?今回は江戸時代に起源を持つ、千社札について庶民文化研究所所長・町田忍さんに紹介してもらった。


初恋の味。カルピスの思い出

初恋の味。カルピスの思い出

おいしくって体にいい!そして、「初恋の味」のキャッチコピーでおなじみの飲み物、カルピス。今回は子どもも大人も大好きなカルピスについて、庶民文化研究所所長・町田忍さんに紹介してもらった。


庶民文化研究所町田忍所長のパイン缶コレクション

庶民文化研究所町田忍所長のパイン缶コレクション

あまーいシロップに浸かった果物の缶詰は、子供心に特別なデザートだ。パイン缶はその中でも代表格のような存在だった。今回はそんなパイン缶について、庶民文化研究所所長・町田忍さんに紹介してもらった。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。


【クルマニアックイズ】555本目

【クルマニアックイズ】555本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】554本目

【クルマニアックイズ】554本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!