ジムニー(2代目) | スズキ - 世界中に愛好家がいる、ミニマムだけど超本格四駆【旧車】

ジムニー(2代目) | スズキ - 世界中に愛好家がいる、ミニマムだけど超本格四駆【旧車】

1970年のデビュー以来、基本コンセプトは変えずにたった2回のモデルチェンジだけで作り続けられている、超ロングライフ・モデルである「スズキ・ジムニー」です。


50年近くに渡り同じコンセプトで作り続けられる、世界に誇る四駆

スズキ ジムニー

・モデル名 :ジムニー(2代目/SJ30型系)
・メーカー名:スズキ
・年式   :1983
・撮影場所 :第5回 昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)
・撮影者  :ミノ

軽量・コンパクトな上、最強の悪路走破性を誇る超本格四駆

スズキ ジムニー

日本が世界に誇る実用車は数あれど、軽自動車でここまで世界中で愛されている車はそうそう無いであろう1台が、ご存じ「スズキ・ジムニー」だ。
1970年のデビュー以来、基本コンセプトは変えずにたった2回のモデルチェンジだけで作り続けられている、超ロングライフ・モデルでもあるんだ。

ジムニーといえば、四輪駆動車の基本と言われるラダーフレーム(はしご型のフレーム)を持ち、サスペンションも前後とも基本に忠実なリジッドアクスル(固定軸)タイプを採用している。
ダラーフレームはどうしても振動は多いし重量もかさばるしで、世の本格RVと呼ばれるような車種でもほとんどがモノコックボディや独立懸架サス化がされているが、ジムニーは頑ななまでに基本コンセプトを変えていない。
その独自性もあって、「超小型だけど本格オフロード車」として日本のみならず世界中に愛好家が数多く存在するよ。そんな愛好家たちは、「ジムニスト」と呼ばれたりしているね。

軽トラックしか通れないような山岳地の細い道や、大型四輪駆動車では重さが理由で登れないような山坂道、沈んでしまうような軟弱地盤などをものともせず走破するジムニーは、農林業、山岳地や災害現場からレジャーユースまで幅広く活躍しているのは誰もが知る通りだ。

2代目ジムニーは1981年に、プロユースを意識したオフロード性能ばかりでなく、オンロードでの快適性や操作性なども向上させた「乗用オフロード車」としてモデルチェンジしデビュー。
『タフ&ニート』というキャッチコピーからも、オンオフ両用であることが伺えるね。
もちろんここでいうニートは、NEETではなくNeat(こぎれいな)なのは言うまでもない。
2代目では乗り心地もすこし改善されたり、リアシートもちゃんと前向きにされたりして乗用車らしさが取り入れられているよ。

スズキ ジムニー

関連する投稿


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

トヨタの初代セリカ、A20/30型です。写真は後期モデルのテールゲート付きリフトバックモデル。2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑にて撮影。


ダットサン・フェアレディ2000 | 日産 - 国産初のオーバー200km/hカー

ダットサン・フェアレディ2000 | 日産 - 国産初のオーバー200km/hカー

日産のダットサン・フェアレディ2000、SRL311型です。フェアレディZの源流となるオープンボディのスポーツカーで、フェアレディの完成形と称される高性能ロードスター。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

マツダ・サバンナ RX-7の2代目、FC3型系です。ロータリーエンジンのマツダが真のスポーツカー像を追求し、7年を掛けて作り上げた珠玉のスポーツカー。プアマンズポルシェ?なにそれ?石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018にて撮影。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】243本目

【クルマニアックイズ】243本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


【クルマニアックイズ】242本目

【クルマニアックイズ】242本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

トヨタの初代セリカ、A20/30型です。写真は後期モデルのテールゲート付きリフトバックモデル。2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑にて撮影。