昔懐かしい固形石鹸の空き箱たち~資生堂・花王など

昔懐かしい固形石鹸の空き箱たち~資生堂・花王など

今回も庶民文化研究所収蔵の石鹸の空き箱を紹介する。資生堂や花王など、どこかで絶対使ったことがある大手メーカーの石鹸や、庶民文化研究所所長町田忍さんならではの珍しい石鹸の空き箱も登場!USAのSOAPはなかなかインパクトありますよ!?


一瞬も一生も美しくいられそうな資生堂・ジョリー石けん

さあ、石鹸で浮世のアカを落としましょ?

前回は牛乳石鹸に薬用石鹸ミューズなど、石鹸でいえば、いわば老舗と呼ばれるような今もある石鹸を中心に紹介してきた。しかし、そういう老舗よりも大手メーカーがすごい勢いで出しては消えていった石鹸のほうが、心の琴線に触れるものがあるような気がする。もちろん町田さんは石鹸としてはそこまで知名度がない石鹸の空き箱だって、い~ぱい収蔵している。
なんかどこかで見たような気がする…絶妙にノスタルジーをくすぐる、あぶくのごとく登場しては消えていった儚い石鹸の空き箱を紹介していこう。

資生堂は石鹸の空き箱も美しく

資生堂石鹸なる石鹸の空き箱。

大手化粧品メーカー・資生堂。
その資生堂から出ていた石鹸がこちらだ。………なんだろう、なんというか、とても資生堂らしいパッケージの石鹸だ。
色使いだろうか?それともデザインだろうか?とにかくなんだか資生堂イズムがあふれでてくるようなデザインに感じる。
肝心の使い心地については、使ったことがないので不明wまあでもきっと資生堂だからお肌がいい感じになるんだと思う。たぶん。

資生堂から発売されていたジョリー石けん

さて、こちらも同じく資生堂から発売されていた石鹸で、その名もジョリー石けん。
こちらも資生堂らしい色使いを感じられるが、なんだかちょっと昭和モダンな雰囲気もあって、よりレトロな印象があるね。
資生堂というよりも資生堂パーラーのイメージな感じ。
みなさんの中には使ったことがあるハイカラさんはいるのかな?

資生堂のバスボン。バスク◯ンではない

こちらは最近この世を去ってしまわれた松本ちえこさんが、初代バスボンガールをつとめた資生堂のバスボン!松本ちえこさんが歌う「バスボンの歌」が流れるCMを覚えている人も多いのではないだろうか?
このCMで松本ちえこさんは一気に大ブレイク!それまではけっこう苦労してたらしいんだけど、人生なにが起こるかわかんないもんだね。ていうかそういう逸材を見つけた資生堂の人、すげー!
これまでの商品と比べるとちょっと垢抜けないパッケージのようにも見えるけど、より親しみやすくした結果なのかもしれない。
松本ちえこさんのご冥福をお祈りします。………かわいかったな…(*´ω`*)

石鹸といえばやっぱり花王!

1953年当時のデザインを復刻した花王石鹸

こちらはまたなんともレトロなデザインだなぁ…と思ったら、それもそのはず。
1953(昭和28)年に発売された花王石鹸!………の復刻版デザイン。
中身は花王ホワイトという石鹸で、今もパッケージを変えて絶賛販売中の石鹸だ。
石鹸はもちろん、洗剤やら歯磨きやら入浴剤やら…数々の日用品を手掛ける花王さんはやっぱり当時から、その界隈を代表するメーカーのようです。

花王ホワイト(1970年)

で、さっきの復刻版の中身である花王ホワイトのもともとのパッケージはこんな感じ。花王ホワイトは1970(昭和45)年に発売開始されたらしい。
昔も今も“クリームみたいな石鹸”がウリの優しい石鹸だ。

ふりむかないで~東京の人♪ライオン初の石鹸「エメロン」

ライオンが新分野にチャレンジしたエメロン

ライオンマークでおなじみ、ライオンさんが初めて石鹸業界に殴り込みをかけた商品がこちらのエメロン。
こちらもCMが有名なので知ってる人も多いハズ!日本縦断ふりむき娘ってやつ!船山喜久弥さんが街行く女性に声をかけて、その人の後ろ姿と髪の毛を紹介するって内容だったね。
このCMで使われてたハニー・ナイツの「ふりむかないで」って曲がバカ売れしたんだよなーw
しかも、CMの内容に合わせて違うバージョンの歌詞が作られたから、歌詞が全部で72もあったとか。47都道府県だけじゃなくて、北海道なら札幌、函館、釧路、網走、など、各都市版もあったっていうんだからすごいw今で言う地域限定CMってやつだね!自分の県や街の歌詞、覚えている人はいるかな?

ライオンっていう会社名が力強すぎて、石鹸にそぐわないってことで、CMのクレジットにライオンの社名を入れてない工夫をしてたんだって。

バラエティ豊かな、ニッチな石鹸

最後はちょっとめずらしい町田さんならではのニッチな石鹸の空き箱をまとめてご紹介。こんな石鹸もあったのか…と驚くようなものが登場するよ!

三井銀行のノベルティ石鹸 カネボウVer
三井銀行のノベルティ石鹸 資生堂Ver
安田信託銀行のノベルティ石鹸 エメロン

こちらは銀行のノベルティとして配られていた石鹸。
カネボウ、資生堂、そしてエメロン(ライオン)と錚々たる顔ぶれ。
今ではどの銀行も統合で存在してないのがちょっと悲しい…

およそ石鹸に見えないアメリカの石鹸の空き箱

関連する投稿


ピョンちゃん(エスエス製薬)

ピョンちゃん(エスエス製薬)

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回は薬局の前でよく見かけた懐かしのキャラクター・ピョンちゃんをご紹介。


キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

今回は、庶民文化研究所収蔵のかき氷の旗やかき氷機など、かき氷グッズをご紹介。あの旗、あのかき氷機。あの懐かしい夏の日。昭和レトロな夏のかき氷アイテムをご堪能あれ!


巨匠と一緒に富士山を ~丸山清人絵師の『銭湯背景画教室』~

巨匠と一緒に富士山を ~丸山清人絵師の『銭湯背景画教室』~

イラストレーター・メソポ田宮文明が、銭湯から広がるご縁を語らせていただいているこのコーナー。 今回は、メソポ田宮が隊員として活動している『銭湯もりあげた~い』の人気イベント『銭湯背景画教室』とそれに関するいろいろを。


夏の炭酸飲料!ラムネ&ガラナ(の空き瓶)

夏の炭酸飲料!ラムネ&ガラナ(の空き瓶)

今回は、庶民文化研究所収蔵のラムネ・ガラナの空き瓶をご紹介。ビー玉の入った独特の瓶がなんともレトロなラムネ。庶民文化研究所とラムネの関係。「なんとなくわかる」が、ガラナはどちらかといえば異国の匂いがする。いったいなにが町田さんを引きつけたのか。庶民文化研究所所長・町田忍さんにラムネとガラナの魅力を聞いた。


D60形蒸気機関車 通称デロクマル

D60形蒸気機関車 通称デロクマル

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回はみんな大好き蒸気機関車。デロクマルことD60形をご紹介。


最新の投稿


カンサス/Kansas - Dust in the Wind - 1977年

カンサス/Kansas - Dust in the Wind - 1977年

カンサスは1973年にスティーヴ・ウォルシュ (Vo/Key)、ケリー・リヴグレン (G/Key)を中心に結成されたアメリカのプログレッシヴ・ロック・バンド。ツイン・ヴォーカル、ツイン・ギター、ツイン・キーボードという重厚な楽器の編成と、フォークやカントリー、ブルースなどアメリカ由来の音楽の要素を取り込んだシンフォニックな楽曲で人気を集めました。


フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

それまでの軽自動車の概念をくつがえすような、「コークボトルライン」と呼ばれた斬新なデザインとよく回りキビキビ走るエンジン性能で人気車種となったLC10型フロンテ360です。


ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ボンネットトラック型の軽自動車、マツダ・ポーターから派生する形でデビューしたポーターキャブ。 スタイルはキャブオーバー型の軽トラそのものなんだけど、いちど見たら忘れられない顔をしているのが特徴です。


アバ/Abba - Knowing Me, Knowing You - 1976年

アバ/Abba - Knowing Me, Knowing You - 1976年

アバは男女二人づつの4人からなる、スウェーデン出身のポップ/ディスコ・グループ。親しみやすいメロディで、1974年から82年にかけて世界中のチャートを席巻しました。


ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングルで育った戦士、仮面ライダーアマゾンの愛車「ジャングラー」です。仮面ライダーのよきサポート役である、バイクレーサーの立花 藤兵衛(たちばな とうべえ)の手になるマシンです。


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽