セドリック(3代目/230型) | 日産 - 歴代唯一、クラウンとの販売競争に競り勝った【旧車】

セドリック(3代目/230型) | 日産 - 歴代唯一、クラウンとの販売競争に競り勝った【旧車】

それまでの直線基調のスリークなボディから、当時最先端の抑揚が効いたコークボトルラインと呼ばれるボディラインに変更され、一気におしゃれでフレッシュなイメージに変化しました。


セド・グロあわせて同世代のクラウンの販売台数を上回った快挙

セドリック

・モデル名 :セドリック(3代目/230型)
・メーカー名:ニッサン
・年式   :1970
・撮影場所 :第5回 昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)
・撮影者  :ミノ

この世代からセド・グロは双子の姉妹になりました

セドリック

同じタイミングでモデルチェンジしたグロリアとは、この世代からエンブレムなどのオーナメント類以外はほとんど共有する双子の姉妹になったセドリック。
それまでの直線基調のスリークなボディから、当時最先端の抑揚が効いたコークボトルラインと呼ばれるボディラインに変更され、一気におしゃれでフレッシュなイメージに変化した。

あわせて、ライバルたるトヨタ・クラウン(3代目)の2ドアハードトップが人気を博していたためセドグロにも3代目から2ドアハードトップが設定されるようになった。
それどころか、後のマイナーチェンジの際には日本初となる4ドアハードトップが投入され、大変な人気になったんだ。

ハードトップのスポーティさと広々としたウインドウ開口部、4ドアの利便性とサッシュレスドアによるスタイリッシュさをすべて兼ね備えた4ドアハードトップはセダンとかなり雰囲気が異なり、セドリック・グロリアの人気を決定づけるものとなった。
セダンは丸4灯、ハードトップは大型角目2灯で差別化も図られていて、ハードトップの特別感がうまく演出されていたようだね。

いっぽうでライバルのクラウンは同時期にデビューした4代目の「クジラ」と呼ばれる独特のデザインがいまいち世の中に受け入れられず、「クラウン史上唯一にして最大の失敗」とまで言われてしまっていた。販売は振るわず、セド・グロに後塵を拝する形となってしまったんだ。
結果として、歴代のセドリック/グロリアの中で唯一クラウンとの販売競争に競り勝ったのがこの3代目なんだ。
国内専用モデルとされるクラウンとは異なり、ダットサンブランドで輸出もされていたよ。

セドリック

関連する投稿


フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

9年間も製造された、あまりにも人気が高かったS30の次代モデルとして登場しました。見た目のイメージは先代のイメージを上手く残し、内装は思い切ってリフレッシュというコンセプトは見事にハマり、S130も人気車種となりました。


S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S500の発売とともに爆発的な人気を集め、すぐにS600に進化したSシリーズ。 「スポーツカー」といえば2座オープンが当たり前だったところに、さらに着脱式のハードトップではなくはじめから設えられたルーフを持つ「クーペ」が追加されました。


シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

TC(日本ツーリングカー選手権)でも活躍や、峠や環状線などでも俊足を誇った先代「ワンダーシビック」の正常進化版として、1987年にモデルチェンジした「グランドシビック」こと4代目・EF型です。



フェアレディZ-L | 日産 - S30初代フェアレディZの豪華装備版はより淑女らしい【旧車】

フェアレディZ-L | 日産 - S30初代フェアレディZの豪華装備版はより淑女らしい【旧車】

低く長く流麗なボディラインと快活な運動性能を持つスポーツカーを、欧州の高級ブランドのスポーツカーの半分以下の値段で提供することで大ヒットになりました。


最新の投稿


光速エスパー - 科学の申し子、光速エスパーは今も健在だった!

光速エスパー - 科学の申し子、光速エスパーは今も健在だった!

東芝のマスコット・キャラクター、『光速エスパー』くんです。東芝系列の電気店の店頭でハツラツと姿を目にしたのも、もう遠いむかしになってしまいましたね~。


【クルマニアックイズ】23本目

【クルマニアックイズ】23本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ユーリズミックス/Eurythmics - There Must Be An Angel - 1985年

ユーリズミックス/Eurythmics - There Must Be An Angel - 1985年

ユーリズミックスはアニー・レノックス(Vo,Key)、デイヴ・スチュワート(G)からなるイギリス出身のエレクトロニック・ミュージック・デュオ。シンセサイザーを駆使したクールなサウンドと、レノックスの抑制の効いた歌声で人気を集め、80年代のブリティッシュ・インヴェイジョンの一翼を担いました。


フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

9年間も製造された、あまりにも人気が高かったS30の次代モデルとして登場しました。見た目のイメージは先代のイメージを上手く残し、内装は思い切ってリフレッシュというコンセプトは見事にハマり、S130も人気車種となりました。


【クルマニアックイズ】22本目

【クルマニアックイズ】22本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!