DMC-12 | デロリアン - 誰もがタイムトラベルを思い浮かべる、未来からきたかのようなデザインのクルマ【旧車】

DMC-12 | デロリアン - 誰もがタイムトラベルを思い浮かべる、未来からきたかのようなデザインのクルマ【旧車】

80年代の大ヒットハリウッド映画、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズでタイムマシンとして登場し、あまりにも有名になった車です。


あまりにも映画で有名になってしまったカルトカー

DMC-12

・モデル名 :DMC-12
・メーカー名:デロリアン
・年式   :不明
・撮影場所 :さいたまイタフラミーティング2017
・撮影者  :会長

ジウジアーロがデザインし、ロータスがメカ設計した夢の車

DMC-12

80年代の大ヒットハリウッド映画、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズでタイムマシンとして登場し、あまりにも有名になったこの車。
車名は「DMC-12」というんだけど、「デロリアン」と言ったほうが通りが良いよね。
知っての通りデロリアンはメーカー名といったほうがよく、正しくは「デロリアン・モーター・カンパニー」(DMC)だ。で、車名が「DMC-12」なんだからちょっとややこしい。
しかもデロリアン社はこの1台しかリリースしていないから、まあ「デロリアン」って言ってしまったほうが早いのが正直なところだ。

DMC-12といえばもちろん映画とは切っても切れない。にぶい光を放つオールステンレスボディに高くそびえたつガルウイングドア、ジョルジェット・ジウジアーロによる未来感あふれる端正なボディデザイン・・・と、ハリウッド映画でタイムマシンのベースに選ばれたのも納得だ。
ちなみにメカニカルデザインはロータス・カーズが請け負ったとされ、パワープラントはPRV型と呼ばれるプジョー・ルノー・ボルボが共同開発しフランスで製造したV6SOHCの2.8リットルエンジンをリアに積んでいる。
スタイリングやロータスによるメカデザインということからミドシップと誤解されることもあるけど、RRスポーツで有名なアルピーヌA310V6とほぼ同じものだ(ギア比やチューニングは異なる)。

デロリアン・モーター・カンパニーは資金的な問題や創業者のジョン・ザッカリー・デロリアンの私的な問題などにより経営が行き詰ってしまい倒産してしまったが、現在でも多くの支援者や協力者たちのおかげもあって、ほとんどの部品が手に入るという。
本当かどうか分からないけど、現在ある部品だけで100台以上完成させることができるというウワサ話もよくささやかれているぐらいだ。
それだけ多くの人に支えられて、愛され続けているということだね。

フロントエンブレムは本来「DMC」のロゴなんだけど、いすゞのロゴが貼ってあるのは・・・同時期にジウジアーロによってデザインされたといういすゞ・ピアッツァのオマージュなのかな。
似ているといわれるディテールが無いこともないし、近未来感という点ではどちらもいい勝負だしね。

DMC-12
DMC-12
DMC-12

関連する投稿


フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

9年間も製造された、あまりにも人気が高かったS30の次代モデルとして登場しました。見た目のイメージは先代のイメージを上手く残し、内装は思い切ってリフレッシュというコンセプトは見事にハマり、S130も人気車種となりました。


S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S500の発売とともに爆発的な人気を集め、すぐにS600に進化したSシリーズ。 「スポーツカー」といえば2座オープンが当たり前だったところに、さらに着脱式のハードトップではなくはじめから設えられたルーフを持つ「クーペ」が追加されました。


シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

TC(日本ツーリングカー選手権)でも活躍や、峠や環状線などでも俊足を誇った先代「ワンダーシビック」の正常進化版として、1987年にモデルチェンジした「グランドシビック」こと4代目・EF型です。



フェアレディZ-L | 日産 - S30初代フェアレディZの豪華装備版はより淑女らしい【旧車】

フェアレディZ-L | 日産 - S30初代フェアレディZの豪華装備版はより淑女らしい【旧車】

低く長く流麗なボディラインと快活な運動性能を持つスポーツカーを、欧州の高級ブランドのスポーツカーの半分以下の値段で提供することで大ヒットになりました。


最新の投稿


光速エスパー - 科学の申し子、光速エスパーは今も健在だった!

光速エスパー - 科学の申し子、光速エスパーは今も健在だった!

東芝のマスコット・キャラクター、『光速エスパー』くんです。東芝系列の電気店の店頭でハツラツと姿を目にしたのも、もう遠いむかしになってしまいましたね~。


【クルマニアックイズ】23本目

【クルマニアックイズ】23本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ユーリズミックス/Eurythmics - There Must Be An Angel - 1985年

ユーリズミックス/Eurythmics - There Must Be An Angel - 1985年

ユーリズミックスはアニー・レノックス(Vo,Key)、デイヴ・スチュワート(G)からなるイギリス出身のエレクトロニック・ミュージック・デュオ。シンセサイザーを駆使したクールなサウンドと、レノックスの抑制の効いた歌声で人気を集め、80年代のブリティッシュ・インヴェイジョンの一翼を担いました。


フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

9年間も製造された、あまりにも人気が高かったS30の次代モデルとして登場しました。見た目のイメージは先代のイメージを上手く残し、内装は思い切ってリフレッシュというコンセプトは見事にハマり、S130も人気車種となりました。


【クルマニアックイズ】22本目

【クルマニアックイズ】22本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!