パブリカコンバーチブル | トヨタ - ぱたぱたゆったり走ってもオープンタイプはスポーツカー!【旧車】

パブリカコンバーチブル | トヨタ - ぱたぱたゆったり走ってもオープンタイプはスポーツカー!【旧車】

3年にデビューした「パブリカデラックス」と「コンバーチブル」をきっかけにパブリカは息を吹き返し、コンバーチブルはライバルたるスカイライン・スポーツとともにヒット作となりました。


スポーツカーといえばオープンカーであることが前提だった時代のコンバーチブル

パブリカコンバーチブル

・モデル名 :パブリカコンバーチブル(UP20S型)
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1968
・撮影場所 :2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑
・撮影者  :ミノ

ゆったり走ってもオープンカーは楽しい!癒し系スポーツカー

パブリカコンバーチブル

1950年代の「国民車構想」をきっかけにして生まれたとされるパブリカ(61年発売)は、小型大衆車を実現させるという思いが先行したところがあったのか、質実剛健すぎるところがあって当初あんまり売れ行きは芳しくなかったようだ。

車を買うということは今も昔も結構な投資なんだけど、それに見合う気分が得られるかどうか・・・ちょっと微妙な「質素さ」だったり、ちょっと乗り味がスパルタン(要するに洗練されてなかったんだね)だったりしたそうで、そういった点は次々と改善していったそうだ。
さすが、カイゼンのトヨタだね。

63年にデビューした「パブリカデラックス」と「コンバーチブル」をきっかけにパブリカは息を吹き返し、コンバーチブルはライバルたるスカイライン・スポーツ(あちらの方だだいぶ高級路線だけど)とともにオープンカーとしてはヒット作となったんだ。

当時、スポーツカーはオープンタイプであることが当たり前と考えられていて、そこはパブリカだからぱたぱたとのどかに走っていたとしても「スポーツカー」として人気の的であることは間違いなかった。
今でいけばいたずらにスポーツ性を追わない「癒し系」のオープンカーもあったりするから、それもまた良しだったんだろうね。

66年に大幅なリニューアルが行われて、後期型・UP20S型となったパブリカ・コンバーチブル。
チープな雰囲気が一掃され、性能はともかくなかなかスタイリッシュな印象になり、さらに人気を博すこととなったんだ。
赤いボディもあいまって、今みるとイタリア車の小型オープンカーのようでなかなかオシャレでいいよね。

パブリカコンバーチブル
パブリカコンバーチブル

関連する投稿


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


【クルマニアックイズ】214本目

【クルマニアックイズ】214本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

各社が700~1000ccクラスの小型ベーシックカーの開発を急ピッチで進めるなか、日産社内でもダットサンやブルーバードに続く小型モデルが求められていた。そこで新たに誕生したのが、そののち長く小排気量クラスを担う主力車種、サニーだった。


最新の投稿


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


【クルマニアックイズ】214本目

【クルマニアックイズ】214本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


【死語クイズ】意味がわからないときに言いたくなる死語ってなーんだ?

【死語クイズ】意味がわからないときに言いたくなる死語ってなーんだ?

昭和に散った「死語」を再び照らす「死語の世界」。かつて誰もが口にしたフレーズをどれだけ理解しているか問うクイズを出題。正解してもしなくても、人生にまったく影響しないがぜひこの死語を思い出していただきたい。 今回の死語クイズは、意味がわからないことを表す言葉!


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。