セリカ(A60型)1600GT-R | トヨタ - とにかくリトラクタブルライトが偉かった!若い世代に人気を誇った3代目【旧車】

セリカ(A60型)1600GT-R | トヨタ - とにかくリトラクタブルライトが偉かった!若い世代に人気を誇った3代目【旧車】

3代目セリカ(A60型)の後期型、通称「ブラックマスク」は、先代よりもさらにスペシャリティカー的な性格を強めて凝ったデザインだった前期型の「ポップアップライト」が「リトラクタブル」にフェイスリフトされて世に出ました。


ソアラとXXの影に隠れがちだけど、若者ターゲットにして人気を集めた意欲作

セリカ1600GT-R

・モデル名 :セリカ1600GT-R(3代目・A60型)
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1984
・撮影場所 :2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑
・撮影者  :ミノ

地味めだけどスポーツ性も高い、最後のFRセリカ

セリカ1600GT-R

3代目セリカ(A60型)の後期型、通称「ブラックマスク」は、先代よりもさらにスペシャリティカー的な性格を強めて凝ったデザインだった前期型の「ポップアップライト」が「リトラクタブル」にフェイスリフトされて世に出た。

普段は仰向けというか斜め上方向を向いて寝かされたヘッドライトが、使用時には下側のヒンジを支点にピョコンと立ち上がって前を照らす「ポップアップライト」が使用されていた国産車は後にも先にも3代目セリカ前期型だけだ。
海外ではランボルギーニ・ミウラをはじめ、ポルシェ928や968で採用例があるけど・・・セリカは角型ライトだったし、あんまりなじまなかったのかも知れないね。
発売後2年で迎えたマイナーチェンジで、比較的一般的なリトラクタブルライトに改められたんだ。格納時のフタ部分がグリルと一緒にブラックアウトされ、まるでポップアップは「なかったこと」かのように・・・まあ、こっちはこっちでカッコいいんだけどね。
それに、あの頃はとにかくリトラクタブルヘッドライトは偉かったんだw

同時期にソアラが「高級パーソナルクーペ」として上位層をねらい、ハイパワースポーツ路線はセリカXXが担うといった形でデビューしたため、若者層をターゲットにすることになった3代目セリカ。
ド派手で華々しいイメージの競合車種たち(同じトヨタなのに!)の影に隠れ、ちょっと地味な存在になってしまったかも知れない。
そのうっぷんを晴らすかのように、WRCなどラリーフィールドで活躍し、次代の4代目・T160型の大活躍につながる基礎をしっかりと作っていったんだ。

セリカ1600GT-R
セリカ1600GT-R

関連する投稿


フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

それまでの軽自動車の概念をくつがえすような、「コークボトルライン」と呼ばれた斬新なデザインとよく回りキビキビ走るエンジン性能で人気車種となったLC10型フロンテ360です。


ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ボンネットトラック型の軽自動車、マツダ・ポーターから派生する形でデビューしたポーターキャブ。 スタイルはキャブオーバー型の軽トラそのものなんだけど、いちど見たら忘れられない顔をしているのが特徴です。


ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

くりっと丸い2灯ヘッドライトにナンバーやウインカーの位置がまるでドラえもんの鼻とヒゲ!? 「ドラえもんハイゼット」と呼ばれることもある、4代目前期型・S38V型のハイゼットです。


LN360 | ホンダ - 遊びから仕事まで大活躍!しっかり載せてよく走る【旧車】

LN360 | ホンダ - 遊びから仕事まで大活躍!しっかり載せてよく走る【旧車】

スバル360が切り拓いた360cc軽自動車市場。ほぼスバルの一人勝ちといってもいい状態で、果敢に挑むライバル各社たちも圧倒的なスバルに追いつけない状態でした。そんな中、1967年に発売されたホンダのN360はスバルと異なり4ストエンジンを採用してデビューしました。


シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

そんなホンダにおいて、なかでも「ホンダらしさ」がギュッとここに詰まっているといいたくなるのがこの初代シビックです。 多くのファンに支えられ、もっとも長く同じ名前で販売され続けている車種のうちのひとつです。


最新の投稿


カンサス/Kansas - Dust in the Wind - 1977年

カンサス/Kansas - Dust in the Wind - 1977年

カンサスは1973年にスティーヴ・ウォルシュ (Vo/Key)、ケリー・リヴグレン (G/Key)を中心に結成されたアメリカのプログレッシヴ・ロック・バンド。ツイン・ヴォーカル、ツイン・ギター、ツイン・キーボードという重厚な楽器の編成と、フォークやカントリー、ブルースなどアメリカ由来の音楽の要素を取り込んだシンフォニックな楽曲で人気を集めました。


フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

それまでの軽自動車の概念をくつがえすような、「コークボトルライン」と呼ばれた斬新なデザインとよく回りキビキビ走るエンジン性能で人気車種となったLC10型フロンテ360です。


ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ボンネットトラック型の軽自動車、マツダ・ポーターから派生する形でデビューしたポーターキャブ。 スタイルはキャブオーバー型の軽トラそのものなんだけど、いちど見たら忘れられない顔をしているのが特徴です。


アバ/Abba - Knowing Me, Knowing You - 1976年

アバ/Abba - Knowing Me, Knowing You - 1976年

アバは男女二人づつの4人からなる、スウェーデン出身のポップ/ディスコ・グループ。親しみやすいメロディで、1974年から82年にかけて世界中のチャートを席巻しました。


ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングルで育った戦士、仮面ライダーアマゾンの愛車「ジャングラー」です。仮面ライダーのよきサポート役である、バイクレーサーの立花 藤兵衛(たちばな とうべえ)の手になるマシンです。


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽