セリカ(初代)1600GT | トヨタ - 内外装を自由に組み合わせて「自分仕様」が作れた元祖スペシャリティカー【旧車】

セリカ(初代)1600GT | トヨタ - 内外装を自由に組み合わせて「自分仕様」が作れた元祖スペシャリティカー【旧車】

1969年の東京モーターショーでの発表以来、若者を中心に注目を集め続けてきたセリカ。 内外装やドライブトレーンを様々なオプションを組み合わせて作り上げることができる「フルチョイスシステム」というオーダー方法を採っていました。


両端がぐっと上がったバンパーが髭のよう?ダルマの愛称で呼ばれた初代セリカ

セリカ1600GT

・モデル名 :セリカ1600GT(初代・TA22型)
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1972
・撮影場所 :2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑
・撮影者  :ミノ

初期型のウインカー一体型テールランプ「ワンテール」が人気

セリカ1600GT

「ダルマ」の愛称で人気の初代セリカ。
スポーティな雰囲気とオシャレ感、大人っぽい佇まいなど要するに「カッコいいクルマ」と呼ばれる要素をたくさん持っていて、かつ適度に実用的で頑張れば何とか購入できる・・・という「スペシャリティカー」の元祖と言われている人気車だ。
旧車となった今でも、この道ではきっと人気ランキング上位に入ってくるのは間違いないだろう。

1969年の東京モーターショーでの発表以来、若者を中心に注目を集め続けてきたセリカ。
内外装やドライブトレーンを様々なオプションを組み合わせて作り上げることができる「フルチョイスシステム」というオーダー方法を採っていたのは、よく知られるところだ。
要するにこれは「メーカー謹製の自分仕様車」がセミオーダーで作れるということで、とびっきりの自分の愛車を持ちたいカーマニアにはたまらない仕組みだった。

もっとも、上級モデルである「GT」は、走り性能のため1600ccのDOHCエンジンと5速MTしか選べず、ちまたには他のグレードで自由にオーダーした車体にDOHCエンジンを載せたり、あるいは自分で好きなようにチューンアップしたGTが疾走したりしていたようだ。
レースでも活躍する人気車だっただけに、社外パーツがいろいろと作られていたり、いじるノウハウもたくさんあったんだろうね。
人気車ゆえに、その後は改造車のベースとしていわゆる街道レーサーになっていく個体も多かったようだけど・・・。

初代セリカが「ダルマ」と呼ばれるのは諸説あるけど、フロントのメッキバンパーの左右がぐっと持ち上がっていて、ダルマの髭のように見えるからだとも言われている。
ボディも当時めずらしい丸みを帯びたふくよかなラインを持っているし、そういうイメージがついたんだろうね。

リフトバックとも人気を二分する初代セリカ、ダルマとLBのどっちがお好みかな?
・・・うーん、どっちも捨てがたいw

セリカ1600GT
セリカ1600GT

関連する投稿


ピアッツァ ターボXE | いすゞ - まるでショーカーそのままのスタイル【旧車】

ピアッツァ ターボXE | いすゞ - まるでショーカーそのままのスタイル【旧車】

名車の誉れ高く、今なおファンも多いいすゞの名車・117クーペの後継車として、同じくジウジアーロが手掛けた初代ピアッツァです。


セリカ | トヨタ - 385台しか作られなかった、憧れの限定車「ブラックセリカ」【旧車】

セリカ | トヨタ - 385台しか作られなかった、憧れの限定車「ブラックセリカ」【旧車】

初代セリカ・リフトバックの2000GTをベースにした、あまりにも有名な限定車「ブラックセリカ」。 国内登録累計38.5万台を記念して、1977年に385台だけ作られたファン垂涎のレアモデルです。


ローレル | 日産 - 高性能を「ゆとり」として楽しむセダン・初代ローレル【旧車】

ローレル | 日産 - 高性能を「ゆとり」として楽しむセダン・初代ローレル【旧車】

より大衆向けのセダンであるブルーバード、ショーファードリブンが中心のセドリックの間のユーザー、豊かな個人ドライバーを狙って登場したのが初代ローレル・C30型です。


グロリア | 日産 - 「ショッカーの車」としても知られていた3代目【旧車】

グロリア | 日産 - 「ショッカーの車」としても知られていた3代目【旧車】

1959年に旧プリンス自動車の旗艦車種として初代がデビューしたグロリア。日産と合併後は、2代目グロリアが「日産 プリンス・グロリア」として販売され、合併後のモデル「日産グロリア」として改めて登場したのがこの3代目グロリアです。


ブルーバード | 日産 - 北米市場で初めてヒットした日本車 510型ブルーバード【旧車】

ブルーバード | 日産 - 北米市場で初めてヒットした日本車 510型ブルーバード【旧車】

510型ブルーバードは、のちの世代の910型とともに歴代の中でもっとも成功したうちのひとつとして、「ゴーイチマル」の愛称で呼ばれ、デビューから50年以上たった今でもファンが多いです。


最新の投稿


フロンテクーペGX | スズキ - 2人乗りのスペシャリティクーペ【旧車】

フロンテクーペGX | スズキ - 2人乗りのスペシャリティクーペ【旧車】

各社がサブロク軽にスペシャリティ感のあるクーペを投入していく中、このカテゴリーに他社から少し遅れて満を持して登場したのがフロンテクーペです。 とにかく低くなだらかでスタイリッシュなボディラインと、他車に比べて高性能だったフロンテクーペは発売当初2シーターでデビューしました。


オート三輪

オート三輪

昭和のレトロな旧車や、家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和の記憶に、庶民文化研究所所長・町田忍画伯のイラストで振り返るこのコーナー。今回は戦後復興を支えた元祖・働くクルマ「オート三輪」をご紹介!


【クルマニアックイズ】140本目

【クルマニアックイズ】140本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ヒューマン・リーグ/The Human League - Mirror Man - 1982年

ヒューマン・リーグ/The Human League - Mirror Man - 1982年

テクノ・ポップを代表するグループの出世作。 ヒューマン・リーグはソングライターでもあるフィル・オーキー(Vo)を中心に結成され、1979年にデビューしたイギリスのグループ。シンセサイザーとリズムマシーンを駆使したシンセ・ポップ・サウンドで人気を集めました。80年代前半から半ばにかけてイギリスのミュージシャンがアメリカのチャートを席巻した第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの先駆け的存在です。


ドロップス - 「サクマ」と「サクマ式」は違うんだ!

ドロップス - 「サクマ」と「サクマ式」は違うんだ!

色とりどりの宝石のようなハードキャンディー、ドロップス。缶入りなので何が出てくるかわからないワクワク感。ハッカが出てきたときの落胆といったら!