銭湯の浴場の地域密着広告をレトロな看板で

銭湯の浴場の地域密着広告をレトロな看板で

今回、庶民文化研究所の町田忍所長が紹介するのは、前回に引き続き、銭湯で設置されていた「看板」。前回は注意書きがメインだったけど、今回はれっきとした広告看板をご紹介。ローカルな広告が多くて、萌えるんだ、これが。


町田忍所長所蔵の銭湯浴場内に設置されたそば屋の看板

銭湯は庶民PRに最適な場所

今でこそ、残念ながらその数を減らしている銭湯だが、最盛期には東京だけで2500軒以上もあったという銭湯。家庭風呂がまだ普及していない時代にはまさしくみんなのお風呂だったわけだ。夕暮れ時になると桶と手ぬぐいを持って近所の銭湯へ。そんなノスタルジーを感じる景色がたしかに昔はあった。近所の人がみんな集まってくる銭湯という場所は、地域の社交場的な役割もあったのかもしれない。
そんな人が集まる銭湯である。人が集まる場所というのは、つまりPRに最適な場所ということになるわけで、実は銭湯には昔は広告がたくさんあったのだ!そういえば、町田さんと山本さん合作の江戸の銭湯にも広告がいっぱい再現されていたっけな………。

町田忍所長と山本高樹さん合作「江戸の銭湯」に貼られた広告

と、いうわけで、今回は銭湯浴場内に設置された貴重な看板広告を一挙にご紹介したいと思う。どれも地域密着型な広告ばかりで、なんだかグッとくるぞ!
ちなみに、江戸の銭湯に興味を持ったあなたはこちらをどうぞ!

町田忍とジオラマ | 昭和どころか江戸!?江戸時代の銭湯とは?

https://goldenyokocho.jp/articles/692

今回は昭和の世界から一気にタイムスリップして、なんと江戸時代の銭湯ジオラマをご紹介!江戸の風俗を細かく再現したミニチュアに大興奮間違いなし!

そういえば最近体の調子が…近所の病院広告

目のイラストに味がある眼科の広告看板

近所の人たちの憩いの場となる銭湯は、その近所のサービスを紹介するのにもってこいというわけで、こんな感じで近場の病院の広告も貼られていたりする。こちらはサノ眼科なる病院の広告看板だ。目のイラストがなんとも味があっていい感じ!たしかに昔の眼科の広告はこんな感じの目のイラストが多かった気がする…子ども心にちょっと怖かった気もするけどね…(;・∀・)
意外と近所でも知らないお店やサービスがあったりするから、風呂に浸かってのんびりしているときに目につくと、行ってみたくなるかもしれないね、たしかに。

銭湯に設置された「木村クリニック」なる病院の広告看板

こちらも同じく病院の広告看板。さきほどは眼科だったけど、こっちは総合病院みたいだ。近所にこんだけ診てくれる病院があると便利だね、しかし。デザインはというと、色使いやフォントがやっぱりどことなく昭和っぽくて味がある感じ。たぶん手書きのオリジナルフォントなんだろうけど、最近こういう字体はなかなかお目にかかれなくなってきているね。

昭和っぽさがグッと来る!地元密着型広告の魅力!

銭湯浴場内に設置されたそばのイラストがうまそうなそば屋の広告看板

もちろん、病院以外にも地元の商店街でやっていそうなお店の広告もある。こちらは双葉家さんというおそば屋さんの看板広告。おいしそうなおそばのイラストもさることながら、「出前迅速」っていう言葉がなんともグッと来る!こんな広告があったら風呂上がりについつい出前を頼んでしまいそうだよ…!(*´﹃`*)

銭湯ご近所のお茶と海苔の専門店の広告看板

こちらもおそらく近くの商店街で営まれているお茶屋さんの広告看板。なにやら独自の広告コピー(?)も入った会心の出来だ!当時のこういう広告看板って、いったいどういうふうに発注されて、どう制作されているんだろうか…自由な広告表現が多いから出来るまでの経緯が気になってしょうがない。
あと、看板とは関係ないけど、お茶と海苔って一緒に売られていることが多い気がするけど、なんでなんだろ?乾燥させるから?

「らぶはんと」なるデートクラブ的な広告看板

他にも、「あ、これ絶対男湯だけにしかない看板だわ」っていう、ちょっと怪しげな広告看板もある。その名も「らぶはんと」www カタカナ文字をひらがな書きしているあたりがそもそもグッと来るし、正確にはどんなサービスか伺いしれないっていう曖昧さもたまらない(笑)。イラストもなんだかバブリーな雰囲気を感じてナイス!
これは絶対男湯にあったと思うけど、女湯にはどんな広告があったのかがめちゃくちゃ気になるね(笑)。

最後は有名どころ

かの有名な「クロネコヤマトの宅急便」の広告看板

そして、中にはこんな有名な企業の広告もある。そう、クロネコヤマトさんである。………にしても「安い!速い!便利!」って、昔のクロネコヤマトさんはどこぞの牛丼屋さんみたいなコピーを用いていたんだね(笑)。まあ、これが本社の意向かはわからないけどね。
でも、代名詞ともいえる猫のマークは今とそんなに変わらないもんだね。
ちなみに、町田さん曰く、だいぶ初期のもののようで、貴重な看板なんだって!

---------------------------------------------------------------------
ポン:いーわぁ、らぶはんとwww

IT:銭湯にこんなに看板かかってなんですね?全部浴場の中ですよね?

町田:うんそうそう。だいたいペンキ絵の下に掛けられてたんだよ。

IT:へーーーーーーっ!ペンキ絵の下に!?なるほどねぇ。

町田:だってこの広告費でタダでペンキ絵書いてたんだよ!広告集まんないと困っちゃうよ!

二人:へーーーーーーーーーー!

いかがだっただろうか?前回は注意書きだったから比較的シンプルな看板が多かったけど、今回はお店の広告ってことで、独特なデザインが多くておもしろかったのではないだろうか?なによりも昭和らしさがムンムンしてたよね(笑)。
それにしても、広告費用でペンキ絵が書かれていたとは…それも驚きだった。…はて?じゃあいまのペンキ絵は純粋に売上から賄われているのかな?銭湯の世界はまだまだ奥が深そうです。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

オロナミンCの大村崑さんに、ボンカレーの松山容子さん。ホーロー看板の中でも屈指の知名度を誇る二人だが、この人も負けてない!今回紹介するのは、アース渦巻のホーロー看板。モデルはあのかげろうお銀で有名な大女優・由美かおる様!


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


銭湯と、毒蝮さんと、TBSラジオと(後編)

銭湯と、毒蝮さんと、TBSラジオと(後編)

イラストレーター・メソポ田宮文明が、銭湯からわいて出たいろんな思い出を語るこのコーナー。今回はTBSラジオの長寿人気番組『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』で体感したこと、その続きを。


大入額

大入額

昭和レトロな建物や旧車、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストはかつての開店祝いの定番「大入額」。商売繁盛を願った昭和の人情を感じる贈り物をご紹介。


うれしいとメガネが落ちるんですよ。オロナミンCのホーロー看板

うれしいとメガネが落ちるんですよ。オロナミンCのホーロー看板

昭和レトロを代表するアイテムといえば、昔懐かしのホーロー看板。ホーロー看板で特に有名なのが、大村崑さんを起用したオロナミンCのホーロー看板だろう。庶民文化研究所収蔵のオロナミンCのホーロー看板には、大村崑さん本人のサイン入り!今回は、昭和を代表するホーロー看板を町田忍さんの解説で紐解く。


最新の投稿


ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

オロナミンCの大村崑さんに、ボンカレーの松山容子さん。ホーロー看板の中でも屈指の知名度を誇る二人だが、この人も負けてない!今回紹介するのは、アース渦巻のホーロー看板。モデルはあのかげろうお銀で有名な大女優・由美かおる様!


【クルマニアックイズ】187本目

【クルマニアックイズ】187本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


【クルマニアックイズ】186本目

【クルマニアックイズ】186本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!