『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


まだまだあるぞ、掘り出し物

語呂が良くてつい「せどりの手帖」なんてタイトルを付けちゃいましたが、正確には「せどり」ではありません。むしろ「マイニング」的な…。だってお宝見つけたら売れませんよね、普通。もったいないもん。そんなマニア心を前提にご覧いただけるとありがたく思います。
さて、私リサイクルショップ大好きです。出張で地方に行くと、ついついリサイクルショップに寄ってしまいます。目的はもちろんオーディオ関連なのですが、古い家電や時計なんかも好きです。
ハードオフに代表されるチェーン店も良いのですが、最近ちゃんとした値段が付いていることが多いんですよね。分かってるといえば分かってるんですが、掘り出し物を見つける楽しみが減ったというか…。
だから、というわけではないのですが、できればチェーンじゃなくて、でもけっこう大きいリサイクルショップが好きです。ステレオ時代で何度もお世話になっている岩手の三共無線さんなんて、もう宝の山。隣に引っ越したいくらいです。
まあ、あそこまでパラダイスでなくても、犬も歩けばというか、いろいろなところを走り回っていると、ときおり「おっ、ここは」と思うお店に行き当たります。ここでは、そんなお店をご紹介していこうかなと思います。
第一回目は船橋にある「ゴールドライオン」というお店。

凝縮感がものすごい

何度かお店の前を通ってはいたのですが、なかなかお店に入る勇気が出ず、やっとお店に入れたのは半年くらい前でしょうか。
店構えも「覚悟しいや」という雰囲気満々で、しかも駐車場がないのでけっこう寄りにくいのが難点です。
しかも勇気を出して入ったのに、お店に入ってすぐの場所は宝飾品やブランド品、あるいは日用雑貨ばかりで「これははずれかな」といった雰囲気。

でもリサイクルショップはここで諦めてはダメ。とりあえず一周してみましょう。
お店は大まかには「目」の字を横にしたような構造。一本ずつ通路を見ていくと、ちらほらと興味深いモノを見つけることができるでしょう。
たとえば電機小物を集めたこの棚。正直大半はガラクタです。ところが未開封のオーディオケーブルやヘッドホンなんかもあったりして侮れません。後で紹介するソニーのピンケーブルやヘッドホン型のラジオはここで見つけました。
突き当り辺にはアダルトDVD(リサイクルショップには良くありますね!)の棚がありますが、その隣はミュージックテープがぎっしり!

そこを左に曲回り込むように別の通路に入ると、楽器などがあります。

おっと見逃してはいけません。ギターの下はLPレコードがありますね!
その向かいの棚にもレコードはぎっしりです。

ただし、ちゃんと整理されていないので、根性と時間があるときしかここはチャレンジできません。
さて、このゴールドライオンで私が一番気に入っているのは、このギターがある隣の棚です。

ブランクメディアです。一番上のメインカットはここをアップで撮ったものですが、カセットテープの掘り出し物を何度か発見しています。
また過去にはブランクMDがたっぷり入ったケースがあり、中に一点だけミュージックMDがありました!

TOTOのベストですね。
後日試聴室のMDデッキで聴いてみました。

ちゃんとかかりました!
しかもなんと130円!
値札がついてないのでドキドキしながらレジに持っていきましたが、ブランクMDと同じ値段。いいのかなあ。
ゴールドライオンに戻ります。もう少し進むとラジカセなどゼネラルオーディオの棚があります。

お店の方の話ではレコードプレーヤーやコンポなんかも入ることがあるそうなのですが、意外と早く売れちゃうのだそう。
じつは先日来た時はボーズのスピーカー(多分501のサテライトだけ。3980円でした。サブウーハーが別に売られた可能性もあると読んでます)もあったりして、確かに良いものが入っている可能性はあります。
ただし、このお店異常に商品の動きが速いです。
理由は多分せどり屋さん。この日も眼光鋭い、作業着風のブルゾンを来たおじさんが物色してました。
じつはこの日も「ブランクMDが残ってたら買おう」と思っていたのです。ほんの1~2週間前に行ったばかりだったので、まだ残ってるだろうなと思っていたのですが「まとめて売れた」とお店の方が言ってたので、多分…。CD-Rも結構あったのですが、That'sのCD-Rだけ残ってて、なかなかの目利きが訪れている雰囲気があります。
なので、掘り出しものを見つけたら即買う!が鉄則。「一度保留にして」と言ってる間に買われてしまいます。

戦果はこんな感じです

ではここ2回分の戦果をご紹介します。

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


MARK 2400 パワーアンプ | SAE - 高級プリアンプと組み合わせたい一級品

MARK 2400 パワーアンプ | SAE - 高級プリアンプと組み合わせたい一級品

SAEは1970年代、アメリカ西海岸で産声を上げたオーディオメーカーです。いかにもアメリカの新進メーカーらしいメカニカルで豪快なルックスの内側に秘めた最新テクノロジー。力強さと繊細さを兼ね備えたサウンドが高く評価されました。


最新の投稿


Y30セドリック | 日産 - 日本初のV6エンジンを積んだ、VIPセダン【旧車】

Y30セドリック | 日産 - 日本初のV6エンジンを積んだ、VIPセダン【旧車】

日本の景気がどんどん上向いていって、まさにこれからイケイケドンドンになっていくバブル前夜、1983年にデビューしたのが6代目Y30型系セドリックです。 それまで長年にわたって日産車に積まれてきた直6のL型エンジンと決別し、新設計の日本初V6エンジンであるVG型を搭載しました。


【クルマニアックイズ】145本目

【クルマニアックイズ】145本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ELO[Electric Light Orchestra]-Can't Get it Out Of My Head -1974年

ELO[Electric Light Orchestra]-Can't Get it Out Of My Head -1974年

初の全米To10入りを果たした出世作。 ELOはジェフ・リン(Vo,G)を中心とするロック・バンド。バイオリンやチェロの演奏者がバンドに在籍し、後にはオーケストラも参加する、ストリングスを駆使したサウンドで人気を獲得。70年代後半からはストリングスをシンセサイザーに切り替えて、さらにポップな作風に変わりました。86年を最後に活動を停止しましたが、2013年頃から復活。17年にロックの殿堂入り。


遊びながら戦略を学べ!軍人将棋の思い出

遊びながら戦略を学べ!軍人将棋の思い出

今回は、ちょっと頭を使う昭和のボードゲーム。「軍人将棋」をピックアップ。大将・中将・ヒコーキなどなど、男の子の大好きな戦いが堪能できる「軍人将棋」。庶民文化研究所町田忍所長が収蔵する「軍人将棋」から当時を振り返ってみよう!


ガイコツ貯金箱 - ガイコツを供養してお金を貯めよう!

ガイコツ貯金箱 - ガイコツを供養してお金を貯めよう!

お金をためるモチベーションアップのため、工夫をこらしたさまざまなギミックがありました。これなんかは最たるもの。ガイコツがコインをかっさらっていくアクションは、ホラーというよりはコミックでしたが。