サニートラック | 日産 – 基本設計の良さから長年クルマ好きに愛され続けたロングセラー【旧車】

サニートラック | 日産 – 基本設計の良さから長年クルマ好きに愛され続けたロングセラー【旧車】

1971年にB110型2代目サニーをベースにデビューした2代目サニトラ。それから2008年までの長きに渡り作り続けられ、多くのクルマ好き達に愛されてきました。


B110型サニーをベースに37年もの間作り続けられた

・モデル名 :サニートラック ロング
・世代/型式:2代目
・メーカー名:日産
・年式   :1992
・撮影場所 :クラシックカーフェスティバル in ところざわ2017

1971年にB110型2代目サニーをベースにデビューした2代目サニトラ。それから2008年までの長きに渡り作り続けられ、多くのクルマ好き達に愛されてきたんだ。
もちろん、その間にベースとなったサニーはどんどん進化してモデルチェンジしていったのだけど、サニトラはといえば2回のマイナーチェンジはしたものの基本的な構造は大きく変わらなかった。
当然、設計は古いままなのだけどそのぶん作りはシンプルで、思いっきり実用車なだけに使えるパーツはいくらでもあるしノウハウはどんどん貯められていくわでクルマ好きイジリ好きにはたまらない存在になっていったんだ。

軽量だけどタフなボディ、トラックといえどワンピースボディでカッコいいスタイル、実用車だからパーツは豊富で維持費は安いしFRだしA型エンジンはOHVなのに高回転までふけあがるし・・・と、そりゃ面白いに決まっている。
チューニング好きだけでなく、レトロなスタイルはドレスアップやカスタムのベースとしても最適で、さまざまな楽しみ方をされている人気車となっているよ。

サニトラ(2代目)は主に前期・中期:後期に分かれるんだけど、年式的に90年(正確には89年11月)以降は角目ライトの後期型になるので、この個体は中期型にモディファイされているようだ。
サニトラというと中期型をイメージする人も多いんじゃないかな。

今でもちょっとカスタムしたサニトラをお仕事で使っている人を見かけることがあるけど、道具感もあってなかなかカッコいい。
カリカリにチューンして走りを楽しむもよし、キャルルックなどドレスアップを楽しむもよし、ベッドに荷物を満載して趣味を楽しむもよし。
お財布にも比較的やさしい趣味車の王道のひとつだね。

関連する投稿


S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S500の発売とともに爆発的な人気を集め、すぐにS600に進化したSシリーズ。 「スポーツカー」といえば2座オープンが当たり前だったところに、さらに着脱式のハードトップではなくはじめから設えられたルーフを持つ「クーペ」が追加されました。


シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

TC(日本ツーリングカー選手権)でも活躍や、峠や環状線などでも俊足を誇った先代「ワンダーシビック」の正常進化版として、1987年にモデルチェンジした「グランドシビック」こと4代目・EF型です。



フェアレディZ-L | 日産 - S30初代フェアレディZの豪華装備版はより淑女らしい【旧車】

フェアレディZ-L | 日産 - S30初代フェアレディZの豪華装備版はより淑女らしい【旧車】

低く長く流麗なボディラインと快活な運動性能を持つスポーツカーを、欧州の高級ブランドのスポーツカーの半分以下の値段で提供することで大ヒットになりました。


シビック1500RSL | ホンダ - 世界中を走り回るホンダの代名詞・シビックの初代ホットモデル【旧車】

シビック1500RSL | ホンダ - 世界中を走り回るホンダの代名詞・シビックの初代ホットモデル【旧車】

VWなどヨーロッパの2ボックス小型車を参考に、それまでのハイパワー・高性能路線ばかりでなく合理的なパッケージングやユーザーの利便性なども追及し開発された初代シビックです。


最新の投稿


S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S500の発売とともに爆発的な人気を集め、すぐにS600に進化したSシリーズ。 「スポーツカー」といえば2座オープンが当たり前だったところに、さらに着脱式のハードトップではなくはじめから設えられたルーフを持つ「クーペ」が追加されました。


【クルマニアックイズ】20本目

【クルマニアックイズ】20本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


メン・アット・ワーク/Men At Work - Who Can It Be Now? - 1981年

メン・アット・ワーク/Men At Work - Who Can It Be Now? - 1981年

メン・アット・ワークはコリン・ヘイ(Vo)を中心にオーストラリアで結成された、5人組のロック・バンド。1980年にレコード・デビューし、ヘイの飄々としたヴォーカルや、サックスやフルートを交えたバラエティ豊かな作品で人気を確立。80年代前半を中心にヒット作を出し、オージー・ロックの先駆けとなりました。


シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

TC(日本ツーリングカー選手権)でも活躍や、峠や環状線などでも俊足を誇った先代「ワンダーシビック」の正常進化版として、1987年にモデルチェンジした「グランドシビック」こと4代目・EF型です。


キッス/Kiss - Detroit Rock City - 1976年

キッス/Kiss - Detroit Rock City - 1976年

キッスはポール・スタンレー(G/Vo) 、ジーン・シモンズ(B/Vo) 、エース・フレーリー(G/Vo)、ピーター・クリス(Ds/Vo) により1974年にデビューしたアメリカのロックバンド。白塗りの化粧と奇抜な衣装に身を包み、ド派手なセットで演奏するストレートなハード・ロック・ナンバーと火吹きや吐血などのパフォーマンスで大人気に。シングル、アルバム総売り上げは1億1000万枚にのぼります。