1600GT | トヨタ - 名車2000GTの弟分は、国内レースで大活躍【旧車】

1600GT | トヨタ - 名車2000GTの弟分は、国内レースで大活躍【旧車】

トヨタのスポーツクーペ、1600GTです。コロナをベースとしながら2000GTのパーツを共有したスペシャルなモデル。レースでの活躍も目立ちました。


僅か1年ちょっとの販売期間で、人々の記憶に残った名車

・モデル名 :トヨタ1600GT5
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1968
・撮影場所 :青梅宿懐古自動車同窓会2017

今見ても美しい、アローラインのコロナ。BC戦争と呼ばれた、ブルーバードとの熾烈なライバル争いの結果、練りに練り上げられた熟成の極みのような完成されたコロナだった。

そのコロナの1600Sのボディに、2000GTと同じくヤマハがチューンしたDOHCエンジンを積み、さらに内装も2000GTから流用された豪華装備が奢られた。
これはもう、2000GTが高嶺の花すぎて手が出なかったことを考えれば、現実に手が届く範囲の「速くてカッコよくて快適」な最強の1台だったといっていいだろう。

リクライニング機構がついた人工皮革のバケットシート、大径のフルスケールメーターやダッシュボード、コンソールボックスなどが2000GTから流用されたが、当時まだ珍しかった5速MT仕様のギアボックスはまさにその2000GTと同じもので、「GT5」のバッジが誇らしげに掲げられていた。

レースシーンでも、当時の国内ツーリングカーレースでは最強だったS54型スカイライン(GT-B)やベレット1600GTを蹴散らす活躍ぶりで、トヨタファンの溜飲を下げた。
その快進撃っぷりは、トヨタの底力と1600GTの存在感を否応なくアピールするものだったのだけど、残念ながらコロナ本体の世代交代(コロナマークⅡの登場)にともないわずか1年と少しで生産終了となってしまったんだ。

一見すると普通のコロナのようだけど、中身はあの名車にルーツをもつという、実に通好みの1台だね。
七宝焼きのエンブレムの輝きが、只者ではないというオーラを放っているかのようだ。

関連する投稿


シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

TC(日本ツーリングカー選手権)でも活躍や、峠や環状線などでも俊足を誇った先代「ワンダーシビック」の正常進化版として、1987年にモデルチェンジした「グランドシビック」こと4代目・EF型です。



フェアレディZ-L | 日産 - S30初代フェアレディZの豪華装備版はより淑女らしい【旧車】

フェアレディZ-L | 日産 - S30初代フェアレディZの豪華装備版はより淑女らしい【旧車】

低く長く流麗なボディラインと快活な運動性能を持つスポーツカーを、欧州の高級ブランドのスポーツカーの半分以下の値段で提供することで大ヒットになりました。


シビック1500RSL | ホンダ - 世界中を走り回るホンダの代名詞・シビックの初代ホットモデル【旧車】

シビック1500RSL | ホンダ - 世界中を走り回るホンダの代名詞・シビックの初代ホットモデル【旧車】

VWなどヨーロッパの2ボックス小型車を参考に、それまでのハイパワー・高性能路線ばかりでなく合理的なパッケージングやユーザーの利便性なども追及し開発された初代シビックです。


S600 | ホンダ - 時計のように精密なDOHCエンジンを誇るマイクロスポーツ【旧車】

S600 | ホンダ - 時計のように精密なDOHCエンジンを誇るマイクロスポーツ【旧車】

スーパーカブの大成功をもって世界のバイクレース市場に乗り込んだホンダは、バイクの世界で頂点へ突き進むと同時に4輪への進出を決行、1963年に満を持して発売したのがSシリーズの始祖となるS500です。


最新の投稿


メン・アット・ワーク/Men At Work - Who Can It Be Now? - 1981年

メン・アット・ワーク/Men At Work - Who Can It Be Now? - 1981年

メン・アット・ワークはコリン・ヘイ(Vo)を中心にオーストラリアで結成された、5人組のロック・バンド。1980年にレコード・デビューし、ヘイの飄々としたヴォーカルや、サックスやフルートを交えたバラエティ豊かな作品で人気を確立。80年代前半を中心にヒット作を出し、オージー・ロックの先駆けとなりました。


シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

TC(日本ツーリングカー選手権)でも活躍や、峠や環状線などでも俊足を誇った先代「ワンダーシビック」の正常進化版として、1987年にモデルチェンジした「グランドシビック」こと4代目・EF型です。


キッス/Kiss - Detroit Rock City - 1976年

キッス/Kiss - Detroit Rock City - 1976年

キッスはポール・スタンレー(G/Vo) 、ジーン・シモンズ(B/Vo) 、エース・フレーリー(G/Vo)、ピーター・クリス(Ds/Vo) により1974年にデビューしたアメリカのロックバンド。白塗りの化粧と奇抜な衣装に身を包み、ド派手なセットで演奏するストレートなハード・ロック・ナンバーと火吹きや吐血などのパフォーマンスで大人気に。シングル、アルバム総売り上げは1億1000万枚にのぼります。


ジェットバイ(グレートマジンガー) - まさにパンチの効いたデザイン!

ジェットバイ(グレートマジンガー) - まさにパンチの効いたデザイン!

グレートマジンガーを操縦する主人公・剣 鉄也(つるぎ てつや)のマシーンです。「ジェットバイク」ではなくあえて「ジェットバイ」。オートバイ、っていう呼び方から来ているんでしょうか?