モンブランにペリカン…大人な筆記具「万年筆」の魅力

モンブランにペリカン…大人な筆記具「万年筆」の魅力

今回、庶民文化研究所の町田忍所長が紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!


庶民文化研究所の町田忍所長と万年筆

いい万年筆は、大人の嗜み

子どものころは当たり前に使っていた筆記用具。
しかし、大人になれば筆記具を手にする機会もグンと減るもの。

だからこそ、そこにこだわることに大人の色気を感じる。
そんな江戸っ子の粋のようなこだわりアイテムと言えるのが「万年筆」ではないだろうか?
子どものころには消耗品でしかなかった筆記用具が、実用的でかつ、美術品のようなきらめきを放つのだから、憧れない男はいないはず。(言い過ぎ!?)
当然、人生を楽しむ粋なオヤジ・町田さんもそこには強いこだわりがあるようで、いくつもの万年筆コレクションを見せていただくことになった。

モンブランやペリカン、などなど…万年筆ブランドの中では最高級レベルの品々が次々に現れて、ビックリしてしまった。超希少な限定品まで登場する、驚きのコレクションをぜひご堪能あれ!

デルタ Peaceシリーズ(イタリア)

デルタ Peaceシリーズ(イタリア)

1982年創業、イタリアのブランド「デルタ」の万年筆。
他のブランドに比べると歴史は浅いものの、ご覧のようなマーブル模様など、カラフルな色使いが人気を呼び、あっという間に有名ブランドに成長した。なんと1994年には首脳会議の公式筆記具に選ばれたんだそう。
だが、残念ながらデルタは2018年には廃業。

デルタ Peaceシリーズ(イタリア)

町田さんが保有している万年筆は、「Peaceシリーズ」と呼ばれるもの。
鳩のマークでなんとなくわかるかもしれないけど、テーマは平和。

そもそもは平和を願い世界の真実を伝える報道ジャーナリストを称えるために作られたのだとか。
まさに「ペンは剣よりも強し」を体現した万年筆だ。

デルタ ルグドナムM(イタリア)

デルタ ルグドナムM(イタリア)

こちらも同じく「デルタ」の万年筆。
「ルグドナムM」というもの。デルタの真骨頂であるカラフルなボディーが魅力の一本………なのだが、残念ながら町田さんが所有しているこちらは壊れてしまったそう。

ペリカン スーベレーンシリーズ(スイス)

ペリカン スーベレーンシリーズ(スイス)

続いては世界中から愛されている万年筆の定番にして王道、スイスの「ペリカン」。
中でも特に人気の高い「スーベレーン」というシリーズ。トーマス・マンなど世界的な文豪も愛用したと言われている代物で、今でも万年筆ファンに愛されている一本だ。
町田さんが持っているのは字幅が最も太いタイプ。

町田さんは太い書き味がお好きなようだ。

スーベレーンの特長である緑の縞模様

スーベレーンの特長である緑の縞模様もご覧の通り。
ちなみにこの縞模様はどれも微妙に違うらしい。
こういうところ、ハンドメイドならではの魅力だよね!

ペリカンはスイスに本社があるんだけど、創業者がドイツ人で、今もドイツで人気のあるブランド。町田さんが持っている万年筆もドイツのものらしい。うーん、ややこしいw

モンブラン マイスターシュテュック149

モンブラン マイスターシュテュック149

言わずと知れた万年筆の最高級ブランド「モンブラン」。
その看板商品である「マイスターシュテュック」。
町田さんが保有しているのは149という最も太軸のものだ。

とにかくこのモンブラン、そしてマイスターシュテュック、さらに149というものは万年筆愛好家がこぞって褒め称える最高級品。見た目も芸術品のように美しければ、書き味も素晴らしいのだとか。うーん、こんなんで文字を書いたらなんか天才的な文章が書けそうな気がしてくるぜ。

手作業でゴールドにコーティングされた美しいペン先

ペン先もまさに「美しい」の一言。
手作業によりゴールドでコーティングされているんだって。

そして、モンブランのペン先の特長である、ブランドロゴであるホワイトスターと、モンブランの標高「4810」の刻印が確認できる。
はぁー、ホントカッコいいな、コレ…。

モンブラン 作家シリーズ アガサ・クリスティ(スイス)

モンブラン 作家シリーズ アガサ・クリスティ(スイス)

こちらはモンブランが、稀代の小説家への敬意を込めて制作した作家シリーズのうちの一本。
推理小説の第一人者であるアガサ・クリスティを称えたもの。

キャップには純銀製の蛇が巻き付いていて、アガサ・クリスティのサインも刻印されている。さらに、蛇の目はなんと天然のルビーという贅沢なもの…(゚A゚;)ゴクリ

蛇の目は天然のルビー

関連する投稿


ピョンちゃん(エスエス製薬)

ピョンちゃん(エスエス製薬)

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回は薬局の前でよく見かけた懐かしのキャラクター・ピョンちゃんをご紹介。


キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

今回は、庶民文化研究所収蔵のかき氷の旗やかき氷機など、かき氷グッズをご紹介。あの旗、あのかき氷機。あの懐かしい夏の日。昭和レトロな夏のかき氷アイテムをご堪能あれ!


巨匠と一緒に富士山を ~丸山清人絵師の『銭湯背景画教室』~

巨匠と一緒に富士山を ~丸山清人絵師の『銭湯背景画教室』~

イラストレーター・メソポ田宮文明が、銭湯から広がるご縁を語らせていただいているこのコーナー。 今回は、メソポ田宮が隊員として活動している『銭湯もりあげた~い』の人気イベント『銭湯背景画教室』とそれに関するいろいろを。


夏の炭酸飲料!ラムネ&ガラナ(の空き瓶)

夏の炭酸飲料!ラムネ&ガラナ(の空き瓶)

今回は、庶民文化研究所収蔵のラムネ・ガラナの空き瓶をご紹介。ビー玉の入った独特の瓶がなんともレトロなラムネ。庶民文化研究所とラムネの関係。「なんとなくわかる」が、ガラナはどちらかといえば異国の匂いがする。いったいなにが町田さんを引きつけたのか。庶民文化研究所所長・町田忍さんにラムネとガラナの魅力を聞いた。


D60形蒸気機関車 通称デロクマル

D60形蒸気機関車 通称デロクマル

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回はみんな大好き蒸気機関車。デロクマルことD60形をご紹介。


最新の投稿


カンサス/Kansas - Dust in the Wind - 1977年

カンサス/Kansas - Dust in the Wind - 1977年

カンサスは1973年にスティーヴ・ウォルシュ (Vo/Key)、ケリー・リヴグレン (G/Key)を中心に結成されたアメリカのプログレッシヴ・ロック・バンド。ツイン・ヴォーカル、ツイン・ギター、ツイン・キーボードという重厚な楽器の編成と、フォークやカントリー、ブルースなどアメリカ由来の音楽の要素を取り込んだシンフォニックな楽曲で人気を集めました。


フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

それまでの軽自動車の概念をくつがえすような、「コークボトルライン」と呼ばれた斬新なデザインとよく回りキビキビ走るエンジン性能で人気車種となったLC10型フロンテ360です。


ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ボンネットトラック型の軽自動車、マツダ・ポーターから派生する形でデビューしたポーターキャブ。 スタイルはキャブオーバー型の軽トラそのものなんだけど、いちど見たら忘れられない顔をしているのが特徴です。


アバ/Abba - Knowing Me, Knowing You - 1976年

アバ/Abba - Knowing Me, Knowing You - 1976年

アバは男女二人づつの4人からなる、スウェーデン出身のポップ/ディスコ・グループ。親しみやすいメロディで、1974年から82年にかけて世界中のチャートを席巻しました。


ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングルで育った戦士、仮面ライダーアマゾンの愛車「ジャングラー」です。仮面ライダーのよきサポート役である、バイクレーサーの立花 藤兵衛(たちばな とうべえ)の手になるマシンです。


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽