コンテッサ1300クーペ | 日野 - グリーンメタリックがとても素敵な個体【旧車】

コンテッサ1300クーペ | 日野 - グリーンメタリックがとても素敵な個体【旧車】

日野コンテッサ1300クーペです。ミケロッティによる流麗なデザインのボディーをまとったRRレイアウトの上級小型車です。


イタリアのデザインと日本の職人技の合作

・モデル名 :コンテッサ1300クーペ
・メーカー名:日野
・年式   :1966
・撮影場所 :JCCAニューイヤーミーティング(2017)

伯爵夫人の名に違わぬ優雅で気品あるスタイル、コンテッサ。
イタリア人のジョバンニ・ミケロッティの手になるデザインなのは周知のとおりだね。デザインの特徴としては、単なる4灯式とはひと味違うヘッドライトまわりのデザインとグリルのないフロントマスク、すらりと伸びたロングドレスを思わせるリアオーバーハング、繊細さを感じさせる細いピラーなどが挙げられるね。ヨーロッパの歴史と伝統が血肉となっているデザイナーでなければ、「伯爵夫人」というモチーフをクルマに表現することはできなかったのではないかな。

とはいえ、実際に量産車として設計から生産に落とし込んだのは日野自動車だ。どんなに優れたデザインでも、実車になる過程では様々な制約から調整や妥協が繰り返され、オリジナルデザインから遠のいてしまうのは珍しくないこと。設計や製造技術が格段に進歩した現代ならいざ知らず、当時のエンジニアや生産現場の苦労は大変なものだったろうね。ヨーロッパ発の素晴らしいデザインを、日本の職人技が現実のモノに仕上げた。そんな物語を感じさせてくれる一台がコンテッサだ。

関連する投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

イタリアの国民車、フィアット500のタイプFだ。レモンイエローの500というと、やはりルパン三世の愛車というイメージが強いね。「カリオストロの城」で乗っていたのがこれだ。


サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

小型軽量でスポーティなので今でも人気が高い、B110型2代目サニー。これは後期型の最強モデル、1200GX-5。5MTは「直結」と呼ばれるタイプのミッションだ。


グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

縦目グロリア、タテグロなどの愛称で呼ばれる3代目グロリア。


コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

アローラインと呼ばれる、傾斜したフロントノーズが特徴的な3代目コロナだ。


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!