町田忍とボーイスカウト 2│ネッカチーフ・ネッカチーフリング

町田忍とボーイスカウト 2│ネッカチーフ・ネッカチーフリング

今回は、ボーイスカウトグッズの後編。ボーイスカウトの象徴とも言えるネッカチーフと、それを留め具のネッカチーフリングをご紹介。若かりし日の町田さんの仰天エピソードもご紹介するので、お楽しみに!


庶民文化研究所の町田忍所長

研修所にも参加したボーイスカウト少年・町田忍

この写真を撮るときに、「ボーイスカウト共通の敬礼は指3本なんだよ」なんて豆知識まで披露してくれる町田さん。前回ご紹介したコレクションも全部イベントに参加して手に入れたものだというのだから本当に筋金入りだ。今回は、そんなボーイスカウト愛あふれるコレクション紹介の第二弾。主にネッカチーフリングとネッカチーフを中心に紹介しようと思う。
……ちなみに、ガールスカウトの敬礼は指2本だそうだ。

と、いうわけで、まずはネッカチーフリングの紹介をしようと思うのだが、こちらの写真を見てほしい。

ネッカチーフリングとセピア色の写真

とあるネッカチーフリングとセピア色の一枚の写真。この写真の向かって左側の後列をよーく見てほしい…

若かりし日の町田さん。イギリスのボーイスカウト実修所にて

はい、コレ、若かりし日の町田さんです!なんと町田さん、イギリスのボーイスカウトの実修所に行き、そこを修了していたのである。そしてこのネッカチーフリングは同じくボーイスカウトを学ぶ施設である研修所修了者に渡されるものなのだそう!こういう選ばれしもの感のあるヤツっていいよねw
これで、いかに町田さんが本気でボーイスカウトに取り組んだのかわかったでしょ?

色とりどり…細工も細かいネッカチーフリング

ネッカチーフリング

ズラリと並んだネッカチーフリング…思ってたよりもめちゃくちゃ彩りが鮮やかだし、手が込んでいる。モチーフも色々で、富士山をかたどったものや、パンダ、あるいはボーイスカウトの帽子をモチーフにしたものなんかもある。

秋田なまはげ

はい、これはどこで開かれたイベントのものでしょうか?(笑)そう、これは秋田。秋田のなまはげモチーフのネッカチーフリングだ。

特別なネッカチーフリング

このあたりは日本スカウトジャンボリーや、名古屋のボーイスカウト連盟の20周年記念など、ちょっと特別なネッカチーフリングたち。驚くことに一番奥のネッカチーフリングなんかは七宝でできているそうな………。
あいにく自分はボーイスカウト経験はないが、こういうのは見ているだけでもちょっとワクワクしちゃうね。

町田さんの地元グッズも!ボーイスカウトのアイコン・ネッカチーフ!

ネッカチーフ

サラリーマンだったらスーツにネクタイというように、ボーイスカウトだったら、帽子にネッカチーフは外せない!そんなボーイスカウトの象徴ともいえるネッカチーフも町田さんは大量に蒐集している。ちなみにこのネッカチーフは主に町田さんが実際に所属していたボーイスカウト東京第49団(現在は目黒3団)のネッカチーフが写っている。

町田さんデザインのネッカチーフ

中でもこちらのネッカチーフは30代のときに町田さんがデザインしたものらしい。あまりにサラリと紹介されたので、聞き逃してしまいそうだったぜぇ…(´Д`)

日本初開催となる世界スカウトジャンボリーのネッカチーフ

町田さん自らが超貴重とピックアップしたのはこちら!これは前回話にチラッと出た、日本初開催となる世界スカウトジャンボリーのイベントボランティアだけがもらえるネッカチーフ!
確かに年季もあるし、どことなく気品すら感じさせる……気がするw

アメリカのボーイスカウト

最後はアメリカのボーイスカウトで使われていたネッカチーフ。さすがはアメリカ、なんだかデザインとかもちょっと凝ってる感じがする。中でも真ん中の星条旗はすごい迫力。大胆だけど、なんかおしゃれだなぁ…。

以上、町田さんのボーイスカウトコレクションでした!

---------------------------------------------------------------------
IT:ボーイスカウトの…学校…?

町田:そうそう、リーダーになるための学校があってね。その一番上級のところに僕行ったんだよ!

二人:へーーーーーーーーっ!

町田:当時の最年少記録だったんだよ?同じ団にいた人が23歳でそれまで最年少だったんだけど、僕22歳で行ったからね!

二人:オーーーーーーーーっ!

町田:ホントは日本の連盟に申請するんだけど、断られたから自分で行っちゃったw

二人:………さ、さすが(゚A゚;)ゴクリ

町田:ちなみにこれが修了書ねw

修了書

関連する投稿


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!


町田忍とボーイスカウト 1│ワッペン・ピンバッジ

町田忍とボーイスカウト 1│ワッペン・ピンバッジ

今回ご紹介するコレクションは子どものころになぜだか絶大な存在感を放っていた集団・ボーイスカウトにまつわるグッズの数々。庶民文化研究所所長の町田忍さんが実際に参加して集めたという貴重なボーイスカウトグッズをとくとご覧あれ!


町田忍と大塚製薬のオロナミンC│類似品があふれるのは人気者の宿命?

町田忍と大塚製薬のオロナミンC│類似品があふれるのは人気者の宿命?

今回ご紹介するコレクションは元気の出るドリンクの筆頭!そして、メガネがずり落ちるほどのおいしさを持つ、オロナミンC!の瓶。歴代のオロナミンCの瓶と合わせて、その類似品たちもご紹介!なんか類似品って昭和っぽいゆるさがあっていいよね(笑)


町田忍と不二家のペコちゃん│舌ペロがかわいい永遠の◯歳!

町田忍と不二家のペコちゃん│舌ペロがかわいい永遠の◯歳!

今回ご紹介するコレクションは久々の企業キャラクター「ペコちゃん」。不二家といえば、「ママの味」か「ペコちゃん」かってくらいに有名なペコちゃん。そんな不二家のアイドルの姿を追いかけてみました!


町田忍と紙コップ(PEPSI)│紙コップにも歴史あり!

町田忍と紙コップ(PEPSI)│紙コップにも歴史あり!

今回ご紹介するコレクションは紙コップ!よく見るジュースの紙コップだけど、年代によってかなり雰囲気は変わる様子。今回はPEPSIの紙コップを紹介してみた!あの懐かしのヒーローも登場するよw紙コップの世界をどうぞご覧あれ!


最新の投稿


【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1990

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1990

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回は20cmウーハー搭載で音質を極めた「SONY スタジオシリーズ CF-1990」をお届けします。


ソニー スカイセンサー5900 カタログ

ソニー スカイセンサー5900 カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は今でも謎の紅茶キノコが流行った1975年のソニーのスカイセンサー5900のカタログを取り上げます。


ムスタング マッハ1/フォード - 常磐道にこれのパトカーがいたのが有名【旧車】

ムスタング マッハ1/フォード - 常磐道にこれのパトカーがいたのが有名【旧車】

スーパーカーブームのころ、アメ車のスポーティカーとして人気があったマスタングだ。当時は「ムスタング」って呼んでたよね。


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。