328GTB | フェラーリ - スモールフェラーリの傑作と名高い【旧車】

328GTB | フェラーリ - スモールフェラーリの傑作と名高い【旧車】

1975年にデビューして「スモールフェラーリ」として人気の高かった308GTBの後継車です。エンジンは308と同じく90度のV型8気筒で、リアミッドシップによる後輪駆動。


フェラーリとしては手頃なサイズ

・モデル名 :328GTB
・メーカー名:フェラーリ
・国名   :イタリア
・年式   :不明
・撮影場所 :谷保天神旧車祭(2016)

1975年にデビューして「スモールフェラーリ」として人気の高かった308GTBの後継車だね。デザインは先代に引き続いてピニンファリーナのレオナルド・フィオラヴァンティが手掛けた。エンジンは308と同じく90度のV型8気筒で、リアミッドシップによる後輪駆動だ。排気量は308の3Lから3.2Lに拡大されたのはモデル名に表れている通りだ。
ちなみにGTBのBはベルリネッタ(クーペ)で、もうひとつあったボディタイプのGTSのSはスパイダー(デタッチャブル・ルーフ)を意味するのは皆さんよくご存じだろう。
1989年に348にバトンタッチされるまで人気は衰えなかったのは、フェラーリとしては手頃なサイズなのに加えて美しいスタイルも一因だったろう。後継の348は車幅が1,895mmとずいぶん大きくなってしまった。もはやスモールフェラーリと呼ぶには成長し過ぎてしまったかな。

関連する投稿



【クイズ・旧車千本ノック】272本目

【クイズ・旧車千本ノック】272本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


プレジデント ソブリンVIP | ニッサン - 長くニッサンの最高峰であり続けた、ニッポンのリムジン【旧車】

プレジデント ソブリンVIP | ニッサン - 長くニッサンの最高峰であり続けた、ニッポンのリムジン【旧車】

法人需要や官公庁、いわゆるショーファードリブンカーとして長らくトップに君臨してきたニッサンのプレジデントです。


ハコスカケンメリも…GT-Rはやっぱり男の夢!旧車が集まる東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち(2)

ハコスカケンメリも…GT-Rはやっぱり男の夢!旧車が集まる東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち(2)

スーパーカーブーム真っ只中を生きた昭和のオヤジ世代が大好きなクルマの祭典「東京オートサロン2020」に行ってみた!東京オートサロンの会場で見つけた伝説級の旧車・名車をご紹介!やっぱりハコスカケンメリは外せないよね!


【クイズ・旧車千本ノック】271本目

【クイズ・旧車千本ノック】271本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


最新の投稿


メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー - Back In Stride Again - 1985年

メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー - Back In Stride Again - 1985年

ハマるとクセになるキング・オブ・レイドバック・グルーヴの代表作。欧米ではビッグ・ネームなのに日本での知名度はそれほどでも・・・というミュージシャンがいますが(例:The Who、AC/DC、デペッシュ・モード)、Mazeもその文脈で語られがちなバンド。フランキー・ビヴァリー(vo)を中心に結成され1970年代にデビューし、マーヴィン・ゲイのプッシュもあってヒット作を量産しました。ソフトな歌声やミディアム・テンポなのにグルーヴ感あふれるバンド・サウンドで現在でも大御所ソウル/ファンク・バンドとして根強い人気を誇ります。


町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

今回は町田画伯が描く、在りし日の銭湯の絵をご紹介!町田画伯ならではの筆致で描かれる銭湯は、本物以上にレトロな趣があり、とてもイイ!また、こんなにさまざまな建築様式があるのかと、ハッとさせられるところもあるので、ぜひ楽しんでもらいたい。



スライ&ザ・ファミリー・ストーン - I Want to Take You Higher - 1969年

スライ&ザ・ファミリー・ストーン - I Want to Take You Higher - 1969年

70年代ファンクのスーパースター。リーダーのスライ・ストーン(vo,key)が自らの弟妹やラリー・グラハム(b)ら、当時としては珍しい白人黒人男性女性混成メンバーと結成し、60年末~70年代前半にかけて大活躍したバンド。16ビートのリズムとロックを融合させ、ファンクの始祖のひとつに数えられます。


電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

昭和時代の仮面ライダー第一期の締めくくりとなった『仮面ライダーストロンガー』。その中に登場したシリーズ初の変身ヒロインがこの「電波人間タックル」です。愛車は「テントロー」。