町田忍とボーイスカウト 1│ワッペン・ピンバッジ

町田忍とボーイスカウト 1│ワッペン・ピンバッジ

今回ご紹介するコレクションは子どものころになぜだか絶大な存在感を放っていた集団・ボーイスカウトにまつわるグッズの数々。庶民文化研究所所長の町田忍さんが実際に参加して集めたという貴重なボーイスカウトグッズをとくとご覧あれ!


庶民文化研究所の町田忍所長

生粋のボーイスカウト・町田少年

揃いの制服を着て、キャンプやハイキング、街頭募金やボランティア活動など、さまざまな活動を行うボーイスカウト。我々が子どものころはかなり流行していて、うらやましく眺めたり、あるいは実際に参加していたというオヤジも多いのではないだろうか?
かくいう我らが町田さんも少年時代をボーイスカウト活動に明け暮れた少年の一人。そんな生粋のボーイスカウト、町田さんがさまざまなイベントに参加して集めたグッズの数々を紹介してくれた!

ボーイスカウトの帽子にピンバッチ

まずドサッと出てきたのは、こちらの帽子。いろいろと付いているのはピンバッジである。昔のアメリカのボーイスカウトの帽子に、イベント限定のバッジや参加した他の支部(外国含め)のボーイスカウトの人たちと交換して集めたバッジが所狭しと付けられている。
せっかくなので町田さんにかぶってもらったのだが…。
留め具が中にびっしり付いているので、かぶると痛いらしいw

ボーイスカウトの帽子にピンバッチ

ピンバッジだけじゃない、手縫いのワッペンコレクション

これだけでも十分すごいのだが、さらにスゴイのがこちらの法被的なもの。

世界ジャンボリー

こちらは1971年に静岡県・朝霧高原で開催された、ボーイスカウト最大のイベント「世界ジャンボリー」の法被をベースに作られている。世界ジャンボリーが日本で開催されたのはこのときが初!そんな歴史的なものに、町田さんが各地のイベントで集めたワッペンが所狭しと縫い付けられているのだ!
その中でも特に珍しいものとして紹介されたのがこちらのワッペンだ。

沖縄返還前の沖縄ワッペン。歴史を感じる

「OKINAWA」のワッペンは、なんと沖縄返還前にボーイスカウトで町田さんが沖縄に行ったときのものなのだとか!72年に返還で、こちらは70年のものだという。ちなみに町田さんいわく、沖縄には米軍が駐留しているので刺繍の技術がスゴイんだそう。
世界ジャンボリーのような国際的なイベントの場合、外国人のボーイスカウトも多いらしく、そのお世話もしていたんだとか。また、そういうイベントで会うとワッペンをトレードするらしく、確かに沖縄ワッペンの横にはアメリカのワッペンらしきものも見受けられる。
では、縫い付けられたワッペンの一部をご紹介しようと思う。

年代物のワッペンが揃う

琵琶湖のワッペンに、日本ジャンボリーのワッペンなどなど。年代がどれも50年代後半から60年代と歴史あるものばかり…。

ボーイスカウトワッペン
ボーイスカウトワッペン

真ん中にあるカラフルなワッペンは東京・多摩中部にある横田基地のものだとか。
当時、ボーイスカウトに参加していたオヤジの中には、この中のワッペンに見覚えがある人も多いのではないだろうか?なにせ日本全国津々浦々、さらには世界のワッペンまであるんだからねw

---------------------------------------------------------------------
ポン:うわー、すごいですね、この数…これは最近になって集めはじめたんですか?

町田:え、違うよ当時当時!だって僕、ずっとボーイスカウトやってたからねw

IT:じゃあ、ホントにいろんなイベントに出てたんですね…なおさらスゴイ…(゚A゚;)ゴクリ

町田:数年前山口県で開催された世界ジャンボリーこれ着てったら大変だったよ、人が集まって集まってw

ポン:そりゃそうでしょうねwこんな貴重で珍しいものを全身に付けてたらw

IT:歩く思い出博物館だもんなーwww


そんなわけでボーイスカウトグッズの一部を紹介したわけだが、いかがだっただろうか?ずーっとボーイスカウトの活動をしてきた町田さんなので、グッズもこれはまだほんの一部。次回はネッカチーフや、ネッカチーフリングを中心にご紹介するので、お楽しみに!

町田忍とボーイスカウト 2│ネッカチーフ・ネッカチーフリング

https://goldenyokocho.jp/articles/2698

今回は、ボーイスカウトグッズの後編。ボーイスカウトの象徴とも言えるネッカチーフと、それを留め具のネッカチーフリングをご紹介。若かりし日の町田さんの仰天エピソードもご紹介するので、お楽しみに!

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!


町田忍とボーイスカウト 2│ネッカチーフ・ネッカチーフリング

町田忍とボーイスカウト 2│ネッカチーフ・ネッカチーフリング

今回は、ボーイスカウトグッズの後編。ボーイスカウトの象徴とも言えるネッカチーフと、それを留め具のネッカチーフリングをご紹介。若かりし日の町田さんの仰天エピソードもご紹介するので、お楽しみに!


町田忍と大塚製薬のオロナミンC│類似品があふれるのは人気者の宿命?

町田忍と大塚製薬のオロナミンC│類似品があふれるのは人気者の宿命?

今回ご紹介するコレクションは元気の出るドリンクの筆頭!そして、メガネがずり落ちるほどのおいしさを持つ、オロナミンC!の瓶。歴代のオロナミンCの瓶と合わせて、その類似品たちもご紹介!なんか類似品って昭和っぽいゆるさがあっていいよね(笑)


町田忍と不二家のペコちゃん│舌ペロがかわいい永遠の◯歳!

町田忍と不二家のペコちゃん│舌ペロがかわいい永遠の◯歳!

今回ご紹介するコレクションは久々の企業キャラクター「ペコちゃん」。不二家といえば、「ママの味」か「ペコちゃん」かってくらいに有名なペコちゃん。そんな不二家のアイドルの姿を追いかけてみました!


町田忍と紙コップ(PEPSI)│紙コップにも歴史あり!

町田忍と紙コップ(PEPSI)│紙コップにも歴史あり!

今回ご紹介するコレクションは紙コップ!よく見るジュースの紙コップだけど、年代によってかなり雰囲気は変わる様子。今回はPEPSIの紙コップを紹介してみた!あの懐かしのヒーローも登場するよw紙コップの世界をどうぞご覧あれ!


最新の投稿


ソニー スカイセンサー5900 カタログ

ソニー スカイセンサー5900 カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は今でも謎の紅茶キノコが流行った1975年のソニーのスカイセンサー5900のカタログを取り上げます。


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!