朝霧高原「世界ジャンボリー」とワッペン、ピンバッジの記憶

朝霧高原「世界ジャンボリー」とワッペン、ピンバッジの記憶

今回ご紹介するコレクションは子どものころになぜだか絶大な存在感を放っていた集団・ボーイスカウトにまつわるグッズの数々。庶民文化研究所所長の町田忍さんが実際に参加して集めたという貴重なボーイスカウトグッズをとくとご覧あれ!


庶民文化研究所の町田忍所長

生粋のボーイスカウト・町田少年

揃いの制服を着て、キャンプやハイキング、街頭募金やボランティア活動など、さまざまな活動を行うボーイスカウト。
我々が子どものころはかなり流行していて、うらやましく眺めたり、あるいは実際に参加していたというオヤジも多いのではないだろうか?
かくいう我らが町田さんも少年時代をボーイスカウト活動に明け暮れた少年の一人。
そんな生粋のボーイスカウト、町田さんがさまざまなイベントに参加して集めたグッズの数々を紹介してくれた!

ボーイスカウトの帽子にピンバッチ

まずはこちらの帽子から。
いろいろと付いているのはピンバッジである。

昔のアメリカのボーイスカウトの帽子に、イベント限定のバッジや参加した他の支部(外国含め)のボーイスカウトの人たちと交換して集めたバッジが所狭しと付けられている。
せっかくなので町田さんにかぶってもらったのだが…。
留め具が中にびっしり付いているので、かぶると痛いらしいw

ボーイスカウトの帽子にピンバッチ

ピンバッジだけじゃない、手縫いのワッペンコレクション

世界ジャンボリー

こちらは1971年に静岡県・朝霧高原で開催された、ボーイスカウト最大のイベント「世界ジャンボリー」の法被をベースに作られている。
世界ジャンボリーが日本で開催されたのはこのときが初!
そんな歴史的なものに、町田さんが各地のイベントで集めたワッペンが所狭しと縫い付けられているのだ!

その中でも特に珍しいものとして紹介されたのがこちらのワッペンだ。

沖縄返還前の沖縄ワッペン。歴史を感じる

「OKINAWA」のワッペンは、なんと沖縄返還前にボーイスカウトで町田さんが沖縄に行ったときのものなのだとか!
72年に返還で、こちらは70年のものだという。

ちなみに町田さんいわく、沖縄には米軍が駐留しているので刺繍の技術がスゴイんだそう。
世界ジャンボリーのような国際的なイベントの場合、外国人のボーイスカウトも多く参加するらしく、そのお世話もしていたんだとか。
また、そういうイベントで会うとワッペンをトレードするらしく、確かに沖縄ワッペンの横にはアメリカのワッペンらしきものも見受けられる。
では、縫い付けられたワッペンの一部をご紹介しようと思う。

年代物のワッペンが揃う

琵琶湖のワッペンに、日本ジャンボリーのワッペンなどなど。
年代がどれも50年代後半から60年代と歴史あるものばかり…。

ボーイスカウトワッペン
ボーイスカウトワッペン

真ん中にあるカラフルなワッペンは東京・多摩中部にある横田基地のものだとか。
当時、ボーイスカウトに参加していたオヤジの中には、この中のワッペンに見覚えがある人も多いのではないだろうか?なにせ日本全国津々浦々、さらには世界のワッペンまであるんだからねw

---------------------------------------------------------------------
ポン:うわー、すごいですね、この数…これは最近になって集めはじめたんですか?

町田:え、違うよ当時当時!だって僕、ずっとボーイスカウトやってたからねw

IT:じゃあ、ホントにいろんなイベントに出てたんですね…なおさらスゴイ…(゚A゚;)ゴクリ

町田:数年前山口県で開催された世界ジャンボリーこれ着てったら大変だったよ、人が集まって集まってw

ポン:そりゃそうでしょうねwこんな貴重で珍しいものを全身に付けてたらw

IT:歩く思い出博物館だもんなーwww


そんなわけでボーイスカウトグッズの一部を紹介したわけだが、いかがだっただろうか?ずーっとボーイスカウトの活動をしてきた町田さんなので、グッズもこれはまだほんの一部。次回はネッカチーフや、ネッカチーフリングを中心にご紹介するので、お楽しみに!

町田忍とボーイスカウト 2│ネッカチーフ・ネッカチーフリング

https://goldenyokocho.jp/articles/2698

今回は、ボーイスカウトグッズの後編。ボーイスカウトの象徴とも言えるネッカチーフと、それを留め具のネッカチーフリングをご紹介。若かりし日の町田さんの仰天エピソードもご紹介するので、お楽しみに!

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


町田忍流おうち時間 ~ 収蔵品の整理してたらこんなん出ました。Part1:炭酸飲料の空き缶

町田忍流おうち時間 ~ 収蔵品の整理してたらこんなん出ました。Part1:炭酸飲料の空き缶

STAYHOMEが求められる今。みんなそれぞれ工夫しながらおうち時間を楽しんでいると思う。それはもちろんゴル横の住民も同じ。そこで今回は、庶民文化研究家・町田忍さんにおうち時間を聞いた。収蔵品の整理をかねて庶民文化研究所を掘り起こす町田所長。出てくる出てくる懐かしい収蔵品の数々。退屈しない町田流おうち時間を覗いてみた!


水中で開く愛の花…昭和の納涼アイテム・水中花

水中で開く愛の花…昭和の納涼アイテム・水中花

庶民文化研究所収蔵のコレクションの中から、今回は水中花をピックアップ。江戸時代に日本に伝来し、以来、日本の夏にささやかな涼を提供してくれた水中花だが、今では見かけることもごくわずか。そんな希少な水中花の世界を存分に楽しんでいただきたい。


栄養ドリンク(の空き箱)は黄帝液やゼナだけにあらず「ムフフ系栄養ドリンク(の空き箱)」でムフフな期待がムフフフフ

栄養ドリンク(の空き箱)は黄帝液やゼナだけにあらず「ムフフ系栄養ドリンク(の空き箱)」でムフフな期待がムフフフフ

庶民文化研究所収蔵の栄養ドリンク(の箱)中から、ユンケル黄帝シリーズやゼナについて紹介したが、庶民文化研究所にある栄養ドリンクの空き箱は、ほかにもたくさんある。今回は、たくさんの栄養ドリンク(の箱)のなかから夜の元気がチャージされそうな栄養ドリンク(の箱)をピックアップ。「ムフフ系栄養ドリンク(の箱)」を町田忍所長に紹介してもらう。


そしてワタシは、また銭湯へ(中編)

そしてワタシは、また銭湯へ(中編)

2020年4月より始めさせていただいたこのコーナー。今年で生誕満55年を迎えるワタシ・メソポ田宮文明と、銭湯との関わりを書かせていただいております。 まずは反響をいただいた、銭湯での結婚披露宴のお話の続きを。


謎の魔法陣が謎の説得力を醸し出すゼナに庶民文化研究所収蔵の空き箱から迫る

謎の魔法陣が謎の説得力を醸し出すゼナに庶民文化研究所収蔵の空き箱から迫る

庶民文化研究所収蔵の栄養ドリンク「ゼナ」の空き箱を町田忍所長が紹介する。「効くゼナ」なんてわかりやすいキャッチコピーと、怪しく輝く謎の魔法陣。いったいゼナとはどんな栄養ドリンクなのか。庶民文化研究所収蔵の空き箱からその謎を追ってみた。最後にはあの魔法陣の秘密も!?


最新の投稿


ニック・ロウ/Nick Lowe - Cruel to be Kind - 1979年

ニック・ロウ/Nick Lowe - Cruel to be Kind - 1979年

ニック・ロウは1949年生まれのイギリスのミュージシャン。1979年リリースの3枚目のアルバム『Labour of Lust』に収録。ニックの代表作で、邦題は『恋するふたり』。このアコースティック・バージョンもシブくていいですね。


昭和 死語の世界 ~スタンバる~

昭和 死語の世界 ~スタンバる~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「スタンバる」。かの有名なブラ◯ト艦長発祥とも言われる言葉です。


ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサン・フェアレディ2000は発表翌年の1968年、過酷で知られる「モンテカルロ・ラリー」でいきなり3位の好成績を収め、年間1万台以上を販売する人気車となりました。


【クルマニアックイズ】58本目

【クルマニアックイズ】58本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ジョン・パー/John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion) - 1985年

ジョン・パー/John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion) - 1985年

イギリス出身。映画『セント・エルモス・ファイアー』のテーマ曲で全米1位を獲得しました。