TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。


ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

モデル名     :TAE-5450
カテゴリー    :コントロールアンプ
メーカー/ブランド:ソニー
発売年      :1975年
当時の定価    :89,800円
取材協力     :ハードオフコーポレーション様

使用頻度の高いボリュームと入力切り替えは囲みの外側、それ以外は内側にレイアウトされています。面白いのは入力切り替えで、Phono-1とチューナーは上部のスイッチで切り替えますが、Phono-2とAUXは囲み内にもうけられたもう一つのスイッチを使用します。

トーンコントロールは左右独立に高音・低音を調整できる凝ったもの。ターンオーバー周波数の切り替えもできます。フィルターも高音・低音それぞれでカットオフ周波数が選択できるようになっています。
外部のプロセッサー用入出力は2系統を装備。うち1系統はフロントパネルのジャックを使います。

入力     :Phono x 2, Tuner, AUX x 3, Tape x 2, 外部アダプタ x 2
高調波歪率  :0.03%以下(定格出力1V時、1kHz)
混変調歪率  :0.05%以下(定格出力1V時、60Hz:7kHz=4:1)
定格消費電力 :19W
外形寸法   :W430mm x H168mm x D323mm
重量     :8.3kg

買取・販売の【リサイクルショップ】ハードオフグループ|買取強化中!

https://www.hardoff.co.jp/

オーディオ・楽器・本・ゲーム・パソコン・カメラ・家具・フィギュアなど、取扱商品多数!日本全国【ハードオフグループ】親切丁寧に買取致します。宅配買取なら売りたいものを箱に詰めてお送り頂くだけ!安心・簡単リサイクルショップ【ハードオフグループ】是非ご利用ください!

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿


メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー - Back In Stride Again - 1985年

メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー - Back In Stride Again - 1985年

ハマるとクセになるキング・オブ・レイドバック・グルーヴの代表作。欧米ではビッグ・ネームなのに日本での知名度はそれほどでも・・・というミュージシャンがいますが(例:The Who、AC/DC、デペッシュ・モード)、Mazeもその文脈で語られがちなバンド。フランキー・ビヴァリー(vo)を中心に結成され1970年代にデビューし、マーヴィン・ゲイのプッシュもあってヒット作を量産しました。ソフトな歌声やミディアム・テンポなのにグルーヴ感あふれるバンド・サウンドで現在でも大御所ソウル/ファンク・バンドとして根強い人気を誇ります。


町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

今回は町田画伯が描く、在りし日の銭湯の絵をご紹介!町田画伯ならではの筆致で描かれる銭湯は、本物以上にレトロな趣があり、とてもイイ!また、こんなにさまざまな建築様式があるのかと、ハッとさせられるところもあるので、ぜひ楽しんでもらいたい。



スライ&ザ・ファミリー・ストーン - I Want to Take You Higher - 1969年

スライ&ザ・ファミリー・ストーン - I Want to Take You Higher - 1969年

70年代ファンクのスーパースター。リーダーのスライ・ストーン(vo,key)が自らの弟妹やラリー・グラハム(b)ら、当時としては珍しい白人黒人男性女性混成メンバーと結成し、60年末~70年代前半にかけて大活躍したバンド。16ビートのリズムとロックを融合させ、ファンクの始祖のひとつに数えられます。


電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

昭和時代の仮面ライダー第一期の締めくくりとなった『仮面ライダーストロンガー』。その中に登場したシリーズ初の変身ヒロインがこの「電波人間タックル」です。愛車は「テントロー」。