スカイラインGT-R/日産 - R32に比べて改良されたポイントも多く空力も優秀【旧車】

スカイラインGT-R/日産 - R32に比べて改良されたポイントも多く空力も優秀【旧車】

日産・スカイラインの9代目、R33型のGT-Rです。R32型で復活したGT-Rの流れを受け継いだ高性能モデル。R32より大型化したボディは賛否両論をよびました。


R32に比べて改良されたポイントも多く空力も優秀

・モデル名 :スカイラインGT-R
・世代/型式:9代目/R33型
・メーカー名:日産
・年式   :不明
・撮影場所 :谷保天神旧車祭(2016)

新世代GT-Rの2代目、R33型スカイラインGT-Rだ。
7代目のR31型スカイラインがもろにトヨタ・マークⅡ軍団の土俵に乗ってスカイラインらしさから遊離してしまった反動から、R32型では引き締まったスパルタンなボディで人気を回復、復活したGT-Rも拍手をもって迎えられたね。
ところがそこがビジネスの難しさ。スカイラインは決してスポーツ路線一点張りだけでは実用性も求めるユーザーを失ってしまう。事実、R32型は室内空間が犠牲になったことが一因となって販売台数が伸び悩むことになってしまった。
そうなると振り子はまた揺れ戻ることになる。9代目スカイラインはふたたびボディを拡大するなかでスポーツ路線とのバランスを取ろうとした苦心のモデルだったと言えるだろう。
「スカイライン」という歴史ある看板を背負うだけにいろいろな声が出てしまうのは仕方のないこととはいえ、良いクルマであることには違いない。「世間はどう見ようと、俺はお前の良さを知っている。」というオーナーさんの愛を感じさせてくれる一台だね。

関連する投稿


ムスタング マッハ1/フォード - 常磐道にこれのパトカーがいたのが有名【旧車】

ムスタング マッハ1/フォード - 常磐道にこれのパトカーがいたのが有名【旧車】

スーパーカーブームのころ、アメ車のスポーティカーとして人気があったマスタングだ。当時は「ムスタング」って呼んでたよね。



328GTB/フェラーリ - スモールフェラーリの傑作と名高い【旧車】

328GTB/フェラーリ - スモールフェラーリの傑作と名高い【旧車】

1975年にデビューして「スモールフェラーリ」として人気の高かった308GTBの後継車です。エンジンは308と同じく90度のV型8気筒で、リアミッドシップによる後輪駆動。


【クイズ・旧車千本ノック】237本目

【クイズ・旧車千本ノック】237本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


【クイズ・旧車千本ノック】236本目

【クイズ・旧車千本ノック】236本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


最新の投稿


【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1990

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1990

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回は20cmウーハー搭載で音質を極めた「SONY スタジオシリーズ CF-1990」をお届けします。


ソニー スカイセンサー5900 カタログ

ソニー スカイセンサー5900 カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は今でも謎の紅茶キノコが流行った1975年のソニーのスカイセンサー5900のカタログを取り上げます。


ムスタング マッハ1/フォード - 常磐道にこれのパトカーがいたのが有名【旧車】

ムスタング マッハ1/フォード - 常磐道にこれのパトカーがいたのが有名【旧車】

スーパーカーブームのころ、アメ車のスポーティカーとして人気があったマスタングだ。当時は「ムスタング」って呼んでたよね。


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。