『こんなものを買った』SONY CDP-391

『こんなものを買った』SONY CDP-391

B級オーディオ好きにとってCDプレーヤーの鉄板といえば何といってもマランツです。でもCD-34を筆頭に、実力機の値上がりは著しくて気軽に聴けるプレーヤーではなくなりつつあります。そこで今回は、ちょっとだけマランツのエッセンスを手軽に味わってしまおう、というのがテーマです。


DACがすべてではないけれど

基本的にCDプレーヤーはドライブとDACがポイントになっていますよね。異論は多々あると思いますが、さすがにCDプレーヤーを「デジタルフィルターで選ぶ」とか「電源で選ぶ」とかマニアックすぎるので、ここでは最重要スペックをドライブとDACとします。

1980年代マランツの傑作といえば、やはりCD-34が思い浮かびますが、CDM-1というドライブとフィリップスTDA1540というDACが黄金のペアとして人気を支えていると言って良いでしょう。

CDMシリーズはスイングアーム式ピックアップが特徴です。スタティックバランス型のトーンアームのように微弱な力でも制御できるので、サーボにかかる電流も少なくて済むからアナログ回路への影響が小さい。ゆえに音が良い、ということなのでしょう。

一方DACのTDA1540はCD1号機CD-63と同じ14ビットDACです。4倍オーバーサンプリングで強力なノイズシェーパーを採用しているため、後処理のフィルターが低次のもので良い、つまり自然な音が作られるのだそうです。このあたりはステレオ時代Vol.5に詳しく紹介しておりますので、ご興味のある方はぜひ。

さてこのCD-34に代表されるスイングアームメカとフィリップス製DACの組み合わせが人気の要因だと仮定します。そこで今回はこのDACに注目してみましょう。

いつもお世話になっている「B級オーディオファン」(http://audiof.zouri.jp/)には各メーカーのCDプレーヤーの年表が掲載されています。この年表、ほぼすべてのモデルについてDACが記載されているのです。この年表を見ると、じつはDACはそれほど種類がないことに気が付きます。とくにバーブラウンと並び各社のCDプレーヤーが採用したDACがソニー製(型番がCXから始まる)とフィリップス製(同じくTDAから始まる)でした。

面白いのは国産CDプレーヤー、とくに普及機にはソニー製のDACが多いのですが、ソニーのCDプレーヤーでもフィリップスやバーブラウンのDACを多く搭載しているのです。

とくに1986年のCDP-333ESDや1987年のCDP-337ESDあたりはフィリップス製DAC、TDA1541を採用した人気モデルです。どういった経緯でこのDACが採用されたか考えると興味深いです。ちなみにTDA1541はフィリップスの第二世代のDACで、16ビットになったモデルです。

このように、マランツ(=フィリップス)以外でフィリップス製DACを搭載したモデルなら、本家マランツより安く手に入って、マランツらしさも味わえるのでは? と思いつきました。

CDはやっぱりソニー?

ヤフオク!のCDプレーヤー(ヤフオク!では「CDデッキ」)のメーカー別の出品数を見るとソニーが非常に多いことに気が付きます。マランツ(=フィリップス)と一緒にCD規格を立ち上げたオリジネーターですから当たり前といえば当たり前ですが。モデル数も群を抜いて多く、ピンからキリまで幅広いラインナップを持っています。その反面、一部の高級機を除くと人気モデルが少なく、全体的に値ごなれしている感があります。というわけで前出の「B級オーディオファン」でソニーに絞って機種を選定してみると、CDP-950、CDP-750、CDP-M95あたりがTDA1541を搭載していて良さそうです。さらに年代を新しくしてみると1990年にCDP-391というモデルがありました。DACはTDA1543…ん、聞いたことがないDACですね。他のメーカーのCDプレーヤーを調べてもTDA1543を使ったプレーヤーはないようです。
ただ、誤記ではない証拠に、ネットで調べてみるとフィリップスTDA1543は確かにあります。というか自作DAC派の方々の間ではなかなか人気のDACのようです。
データシートをネットで探してみると表紙には「TDA1543 Dual 16-bit DAC(economy version)」と書いてあります。4倍オーバーサンプリング も内蔵しているし、TDA1541のエコノミーバージョンという理解でいいのかなあ。
ちなみに1990~1991年くらいは1ビットDACが大流行。マルチビットDACは流行から外れてました。TDA1543が採用されたCDプレーヤーがないのは、こうした要因もあるのかもしれません。
がぜんCDP-391に興味が湧いてきました。さっそくヤフオク!で調べてみると動作品の個体が4500円で出ているではないですか。とくに人気モデルというわけではないので、競合なしで無事落札です。
CDP-391はカタログによるとこんなモデルです。

1万9500円のCDって……。

届きました。
意外と美品。そして軽い。「動作品」とのことですが最近のヤフオク!は実際に動かしてみるまで安心できません。電源を入れ、「OPEN」を押してみます。

出ました! セットするとちゃんと読み込みます。ただ通電するとちょっと異臭が。古い基板の臭いは好きな方なんですが、これはちょっと…。例えるとえびせんの臭い? ちょっと海産物系の香りがほのかにします。個体特有のものなのでしょうか。

ちなみにリアはこんな感じ。本当に最低限です。

さっそく聴いてみましょう。
おお、なかなかご機嫌です。というかけっこう良い……いや、すごく良い。
え、これ本当に1万9500円で売ってたの!?というくらいしっかりした音です。
ソニーというと昔のリバティ(ミニコン)のCDプレーヤーの印象が強くて、ドンシャリ・歪多めのロック向きみたいなイメージがいまだにあります。そんな中、ここまでどストレートな音を体験しちゃうと、考えを改めないとダメですね。
では一応例のDACを確認しておきましょうか。
ネジは左右2個ずつの計4個。ちゃっちゃと外してみましょう。

えっ……(絶句)

カバーは後ろ側のセンターに両面テープが使われていてなかなか開きませんでしたが、所詮30年近く前の両面。力ずくで行けました。
ではご開帳…。

一瞬息が止まりました。
「えっ、空っぽ?」
基板がありません。
カバーの裏もすっきりしたものです。
ふとフロントパネル側をのぞくと基板がありました。

普通、フロントパネル裏はスイッチや表示関係の基板だけですが、ドライブからハーネスが伸びているので、ここにすべての回路が集約されているのでしょう。そう言われてみれば、基板を銅メッキしたネジで固定していたりするので、なるほど、と言えなくもありません。
ところがフィリップスのDACは見当たりません。実装されているLSIはみなソニー製。まさか、ロットによってソニー製DACとフィリップス製DACがあったのかな、などという考えが頭をよぎります。
基板を良く見直すとドライブや電源から伸びるケーブルが基板の切り欠きから裏に消えています。どう見ても基板はこの1枚だけ。構造を考えるとこの裏側にディスプレイやボタンのスイッチ類が並んでいるはず。仕方ないので基板を取り外すことにしました。
基板はプラスチックのフロントパネルに8箇所、銅メッキのネジで止められています。
ヘッドホンジャックの基板やヘッドホンのボリュームに気をつけて基板を引っ張ると、割と簡単に外れました。

あ、ありました! フィリップスTDA1543。正確にはTDA1543Aですね。
しかしこれだけフィリップスというのも不自然ですね。だから簡単に見えないところに配置した、というわけなのでしょうか。

究極の合理主義

ホッと胸をなでおろしつつ基板をもとに戻し、ふと筐体の後ろ側を見ると電源の基板があります。

こちらもシンプル。ここはライン出力のジャックがある部分なので、電源と兼用にした、というところでしょう。
良く見ればトランスは横向きに、つまり基板ではなくリアパネルに取り付けられています。
それにしても清々しいほどさっぱりした内部(笑)。
これであんな音が出るのだから、オーディオは本当にわからない……。
本当はシャシーも樹脂にしたかったところなんでしょうが、ここを樹脂にすると軽くなりすぎちゃうので金属シャシーにしたんだろうな、などとうがった見方をしてしまいます。
基板は最小限、デザインもシンプル。安く作るための工夫がされてます。
その一方で、トランスがタムラだったり、DACがフィリップスだったり、そもそもMADE IN JAPANだったり、品質に気を使っているのも垣間見えて、とても好感が持てます。
さて、結論です。
マランツらしさが味わえたか、というとけっしてマランツの音ではないです。ちょっと熱量は抑えめ。でもとても端正で、それでいて芯のあるとても良い音です。昔の安いCDプレーヤーにありがちな、薄い音なのに上と下だけ持ち上げて、というものでは全然ありません。むしろメイン機に据えても負けない音だと思います。
1990年のソニーの最廉価モデルは、まったくあなどれない音でした。

ゴールデン横丁の仲間たち | 澤村 信(さわむら まこと)

https://goldenyokocho.jp/articles/675

かつてのオーディオブームを体験した世代にはたまらないムック本『ステレオ時代』(ネコ・パブリッシング)の編集長。ゴル横会長たっての願いを快く受け入れ、オーディオ愛あふれるコラムをゴル横に書き下ろしていただくことになりました!

関連する投稿


MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

三洋「REC(レック)」シリーズのステレオラジカセ。外観からはあまり特徴のないラジカセに思えますが、実は音質が抜群に良いという評判のラジカセです。隠れた名機と言えましょう。


SPU-AE/ORTOFON カートリッジ - MC型カートリッジの原器にしてロングセラー

SPU-AE/ORTOFON カートリッジ - MC型カートリッジの原器にしてロングセラー

デンマークのオルトフォン社が1950年代に開発したステレオ用MC型カートリッジ。SPUは「Stereo Pick Up」の略称です。改良を加えられながら現代にまで続くロングセラーシリーズです。


【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回はSONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775」をお届けします。


model 4000 パワーアンプ | スレッショルド  - 全段カスコード接続、クラスA動作のパワーアンプ

model 4000 パワーアンプ | スレッショルド - 全段カスコード接続、クラスA動作のパワーアンプ

スレッショルド社は1974年、米・カリフォルニアで生まれたハイエンド・オーディオメーカーです。ダイナミック・バイアス・サーキットと呼ばれる高効率のA級動作回路を採用したパワーアンプが特徴です。のちに日本のナカミチにも技術協力し、STASIS回路搭載アンプに結実しました。


ハイエンドも凌駕する音のクオリティを身近に実現させたナカミチ初のプリメインアンプ

ハイエンドも凌駕する音のクオリティを身近に実現させたナカミチ初のプリメインアンプ

以前、ナカミチ初のレシーバーアンプである730を紹介しましたが、1970年後半に初めてセパレートアンプをリリース、1980年後半にリリースしたセパレートアンプCA/PAシリーズを発売。そのアンプ技術を生かし、1990年に初めてプリメインアンプをリリースしたのです。


最新の投稿


ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョンが愛と平和を願って書いた不朽のクリスマス・ソング。 1970年のビートルズ解散後、ジョンは妻のオノ・ヨーコとともにプラスティック・オノ・バンドでの音楽活動の傍ら、平和を求める活動に参加しました。


MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

三洋「REC(レック)」シリーズのステレオラジカセ。外観からはあまり特徴のないラジカセに思えますが、実は音質が抜群に良いという評判のラジカセです。隠れた名機と言えましょう。


デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は1972年のドイツ、デュアル社のオーディオ製品のカタログを取り上げます。


カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

トヨタの大衆車カローラの3代目、バンタイプです。先代より品質を向上させ、カローラ人気を盤石なものにしました。


ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

「強力で鋭いポップ・ゴスペル」と謳われた力強い歌声で、1985年のデビューから90年代にかけてR&Bシーンに君臨した歌姫、ホイットニー・ヒューストン。7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立て、累計セールスはアルバム1億4,000万枚以上、シングル5,000万枚以上となるほど圧倒的な人気を集めました。2012年の早逝が悔やまれます。