カウンタック5000QV/ランボルギーニ - スーパーカー少年たちの永遠の憧れ【旧車】

カウンタック5000QV/ランボルギーニ - スーパーカー少年たちの永遠の憧れ【旧車】

スーパーカー人気をフェラーリと二分したのがランボルギーニ。なかでもカウンタックはその特徴的なスタイルが少年ファンの憧れの的となりました。


スーパーカー少年たちの永遠の憧れ

・モデル名 :カウンタック5000クアトロバルボーレ
・メーカー名:ランボルギーニ
・国名   :イタリア
・年式   :不明
・撮影場所 :谷保天神旧車祭(2016)

スーパーカー少年たちの永遠の憧れ、カウンタック!これは第3世代の5000クアトロバルボーレだね。 大きく張り出したオーバーフェンダーとフロントスポイラー、大型ウイングが特徴だ。
マルチェロ・ガンディーニのデザインによるボディはほかのスーパーカーたちと明らかに一線を画した未来を感じさせるものだった。なかでもドアの開き方が独特で、これも人気の秘密だったのではないかな。ガルウイングと呼ばれることもあるけれど、正確にはシザードアというんだね。ガルウイングはヒンジがルーフについていて、開けた状態を正面からみると翼を横に開いたように見える。ガルウイングで有名なのは映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で活躍したデロリアンがあった。日本車ではオートザムのAZ-1もガルウイングだ。カウンタックのドアは前ヒンジになっていて、車体前方方向にドアを跳ね上げる形になっているね。

関連する投稿


カリーナ | トヨタ - マイナーチェンジでさらにスポーティさを増した2代目後期型【旧車】

カリーナ | トヨタ - マイナーチェンジでさらにスポーティさを増した2代目後期型【旧車】

スタイルチェンジにより、カリーナが標榜していた「スポーツ感覚」がさらに強調された形になり、ファミリーユースにも応えつつ若々しくスポーティさも忘れない、フレッシュなクルマという立ち位置が確立しました。


ランサーバン | 三菱 - 商用バンだけど快適装備も充実してレジャーユースもアピール【旧車】

ランサーバン | 三菱 - 商用バンだけど快適装備も充実してレジャーユースもアピール【旧車】

ステーションワゴン的な使い方を提案するバン(ワゴン)は当時まだ多くなかった中、豊かなライフスタイルをイメージさせて好評でした。


ギャランラムダ2000GSR | 三菱 - アメリカでも大人気だった、美しいスペシャリティクーペ【旧車】

ギャランラムダ2000GSR | 三菱 - アメリカでも大人気だった、美しいスペシャリティクーペ【旧車】

スタイリッシュでありつつ快適な居住空間を持ち、さらに余裕のある走りでハイウェイクルーザーとして実に快適だったこともあり、輸出先の各国で大変な人気を誇りました。


セドリックスペシャル2800 | 日産 - 国産初の3ナンバーセダン【旧車】

セドリックスペシャル2800 | 日産 - 国産初の3ナンバーセダン【旧車】

セドリックスペシャル2800は、初代セドリックの後期型に追加されたハイエンドモデルで、それまでの上級車種だった「カスタム」の全長とホイールベースをストレッチした国産初の3ナンバー車です。


フェアレディZ(Z31) | 日産 - ハイパフォーマンスGTカーとしてモデルチェンジした3代目【旧車】

フェアレディZ(Z31) | 日産 - ハイパフォーマンスGTカーとしてモデルチェンジした3代目【旧車】

3代目Zは、欧州メーカー各社のハイパフォーマンスカーやアメリカの大排気量スポーツカーを向こうに回して戦う、ハイパフォーマンスGTカーとして企図されました。


最新の投稿


カリーナ | トヨタ - マイナーチェンジでさらにスポーティさを増した2代目後期型【旧車】

カリーナ | トヨタ - マイナーチェンジでさらにスポーティさを増した2代目後期型【旧車】

スタイルチェンジにより、カリーナが標榜していた「スポーツ感覚」がさらに強調された形になり、ファミリーユースにも応えつつ若々しくスポーティさも忘れない、フレッシュなクルマという立ち位置が確立しました。


【クルマニアックイズ】85本目

【クルマニアックイズ】85本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


アメリカ/America - Horse With No Name - 1972年

アメリカ/America - Horse With No Name - 1972年

71年デビューのフォーク・ロック・トリオ。 この曲を収録したアルバムがミリオンセラーになり、グラミーの最優秀新人賞を受賞。


昭和 死語の世界 ~アフターファイブ~

昭和 死語の世界 ~アフターファイブ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「アフターファイブ」。………定時が5時ってどんなホワイト企業ですか?


ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

一目瞭然、ナショナルの電球のかんばんです。なんでも擬人化するイラストはホーローかんばんの18番ですが、この電球さんもなかなか味わいのある表情。帽子をかぶった状態だとかなり微妙な絵になったと思われます。