ロボットに囲まれてオヤジたちが酒を呑む「ROBOT KICHI」

ロボットに囲まれてオヤジたちが酒を呑む「ROBOT KICHI」

昭和の残滓を感じさせる大衆酒場やスナックは、令和の時代になってもまだまだあるもの。そんな昭和レトロなお店を訪問してみた。今回訪れたのは養老乃瀧が運営する「ROBOT KICHI」。およそ昭和感のない店名ではあるが、果たして?


ロボットと呑める酒場が、昭和のロボットを展示!

今回、ゴル横一行がお邪魔させてもらったのは、かの有名な養老乃瀧さんが運営しているロボットアニメーション酒場「ROBOT KICHI(ロボキチ)- Robot Animation SAKABA-」。
ここは、これまたかの有名なBANDAI SPIRITSさんと養老乃瀧さんが共同運営しているいわゆるコンセプト店のようなもので、店内にはズラリとBANDAI SPIRITSさんが誇るガンダムやマジンガーZなどのロボットフィギュアが展示されている。さらに、「BANDAI CHANNEL TOUCH」なるサービスにより、往年のロボットアニメから最新のロボットアニメが流れる中で酒が呑める、ロボット好きにとっては天国のような居酒屋だ。

これだけでも十分にオヤジを惹きつけてやまないお店なのだが、今回取材を依頼したのにはある大きな理由があるのだ。それは、この時期、ロボキチではいつものロボットに加え、栃木県にある「おもちゃのまちバンダイミュージアム」から昭和のオヤジが熱中した当時のおもちゃの展示をしているというのだ!
こんなん昭和レトロを愛するゴル横にしてみれば、見て見ぬ振りできるわけがないイベントじゃん!というわけでお問い合わせしたところ、快く取材を受け入れていただきましたとさ!そんなわけで、ロボキチの全貌についてご紹介しよう!

ワクワクの入り口を抜けると、そこはロボットパラダイス!

まず、ロボキチの入り口はこんな感じ。なんだかもうすでに宇宙船の中のような佇まいでワクワクしてしまう…しかもここに設けられたショーケースには歴代のガンプラや、超合金魂など、めちゃくちゃカッコいいフィギュアが展示されている…(゚A゚;)ゴクリ

そして、いよいよ店内に入ると…

プラモデルがずらりと並んだカウンターを中心に、奥にはテーブル席と大きなプロジェクターがある。そして、それ以外の空間にはロボットたちが鎮座するショーケースがずらり!

たとえばこれは店内で配信されているアニメのロボットたち。しかもそれぞれが名シーンを再現しているという凝りっぷり。さらにはQRコードを読み込めば、その名シーンの映像が見られるというカラクリまである!
アニメはスマホで簡単にシーンリクエストなんかもできるので、ぜひ来店したらやってみてほしい!

そしてこのあたりがメインの展示スペース。常設のカックいいロボットの他、企画に合わせた展示なんかが行われているようだ。ちょっと大人の事情で近づきすぎないようにしているが、ぜひ来店したらマジマジと近くで凝視してほしい。ホントにどのフィギュアもカッコいいからね!

そしてお気づきかもしれないけど奥の方にあるのが、今回の目玉!「おもちゃのまちバンダイミュージアム」所蔵の昭和のロボットたちだ!

コン・バトラーVにゴールドライタン…当時のあこがれのおもちゃが集結!

デデーンとそびえるコン・バトラーVとダイモスのジャンボマシンダーを両脇に、ズラリと並ぶ往年の人気おもちゃ。気になる今回の展示作品はこちらだ!

「黄金戦士ゴールドライタン」
「超電磁ロボ コン・バトラーV」
「闘将ダイモス」
「超電磁マシーン ボルテスV」
「とんでも戦士ムテキング」
「闘士ゴーディアン」

うわぁ…ムテキングとか超絶なつかしい…タイムボカンシリーズと同じく大河原邦男さんがデザインを手掛けたロボットは魅力的だったよなぁ…でもそれ以上に主人公が変身すると「別人!?」ってくらいに変わっちゃうのは衝撃だったなぁw

そして個人的にはやっぱりこれ!ゴールドライタン!当時はこの金色に光るボディーがめちゃくちゃカッコいいと思ってたな…それがこんなにズラリと勢揃い…さすがはバンダイミュージアム!スゴイものを保管しているもんだね!
しかし、ライターが変形してヒーローになるって斬新だよね!子どもたちの憧れのアイテムがロボットになる「元祖」ってこれかもしれない。
この金ピカボディを眺めながらなら何時間でも酒が呑めそうだw

ちなみにこうした懐かしいおもちゃを展示するのは、ロボキチとしても初の試みらしい。なんでもこうした当時のおもちゃはとても貴重なもので、無くしてしまったり壊してしまったら大変なことになるからなのだとか…。
でも、今回反響がよければ、もしかしたら新たな企画が生まれるかもしれない…オヤジ諸君よ、そのためにもどうかロボキチで酒を呑んでほしい!ゴル横から切実なお願いです(笑)。

ロボットだけじゃない!ロボキチは料理もリーズナブルでウマい!

ここまでロボットばっかり紹介してきてしまったが、ロボキチはロボットアニメーション“酒場”。当然ながら酒も料理もあるのである!

こんな感じで、メニューも豊富だし、かなりリーズナブル!メニューもロボットをイメージしたものまであり、さらには飲み放題プランなんかもあって、普通に呑むのにもピッタリだ!そのへんはさすがは数々の居酒屋を展開する養老乃瀧さん!
その中から今回は以下の料理を注文してみた!

食べ物
・ローストビーフ ¥649
・きゅうり漬 ¥385
・ジャーマングレー ¥649
・GSM-05(ガーリックそばめし玉子のせ) ¥715

飲み物
・生ビール ¥539
・凍結レモンブラン ¥495

ローストビーフは炙りと冷製が選べ、今回は炙りを選択!炙りにするとこんな感じで目の前で炙ってくれるエンタメ性あふれる料理だ!味もかなり本格的なローストビーフで薬味の選択肢も豊富でうまし!

関連する投稿


町田忍と絵│旧車が町田画伯のイラストで蘇る!レトロなテイストで往年の名車を描いてみた

町田忍と絵│旧車が町田画伯のイラストで蘇る!レトロなテイストで往年の名車を描いてみた

庶民文化研究家であり、銭湯研究家であり、さまざまな顔を持つ町田忍さん。そんな町田さんの画伯としての側面を今回はご紹介。町田画伯の数あるイラストの中から今回、テーマに選んだのは「旧車」。精緻、だけど、どこかノスタルジックな町田画伯の旧車イラストをご覧あれ!


旧車も発見!趣味車の祭典・東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち

旧車も発見!趣味車の祭典・東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち

スーパーカーブーム真っ只中を生きた昭和のオヤジ世代たちが大好きなクルマの祭典「東京オートサロン2020」に行ってみた!今回は、昭和オヤジが喜びそうな車をピックアップ。あとついでにかわいいコンパニオンのオネーチャンも少しだけ…。


町田忍とポケットティッシュ│街角で配布されていたポケットティッシュのチラシ

町田忍とポケットティッシュ│街角で配布されていたポケットティッシュのチラシ

今回、庶民文化研究所の町田忍所長が紹介するのは、街角で配布されていたポケットティッシュ。そこは庶民文化の第一人者である町田さん。目をつけたのはポケットティッシュ本体ではなく、一緒に配布されていたチラシのほう。ポケットティッシュに広告として挟まれたチラシから、芸能人や有名キャラとコラボしたものまで、バラエティ豊かなポケットティッシュチラシの数々をご覧あれ!


【超速報】東京オートサロン2020に行ってきた!

【超速報】東京オートサロン2020に行ってきた!

カスタムカーの祭典「東京オートサロン」にゴル横取材班が今年も潜入!まずは現場から撮って出しの会場、車、そしてオネーチャンをお届け!詳細レポートまではこちらで我慢してくださいね(笑)


銭湯の浴場の地域密着広告をレトロな看板で

銭湯の浴場の地域密着広告をレトロな看板で

今回、庶民文化研究所の町田忍所長が紹介するのは、前回に引き続き、銭湯で設置されていた「看板」。前回は注意書きがメインだったけど、今回はれっきとした広告看板をご紹介。ローカルな広告が多くて、萌えるんだ、これが。


最新の投稿


スティービー・ワンダー/Stevie Wonder -I Just Called To Say I Love You-1984年

スティービー・ワンダー/Stevie Wonder -I Just Called To Say I Love You-1984年

1950年生まれのアメリカのミュージシャン。11歳でデビューを果たして以来、R&Bの第一線で活躍を続けています。グラミー受賞回数の最も多い男性ソロ・シンガーです。


町田忍と絵│旧車が町田画伯のイラストで蘇る!レトロなテイストで往年の名車を描いてみた

町田忍と絵│旧車が町田画伯のイラストで蘇る!レトロなテイストで往年の名車を描いてみた

庶民文化研究家であり、銭湯研究家であり、さまざまな顔を持つ町田忍さん。そんな町田さんの画伯としての側面を今回はご紹介。町田画伯の数あるイラストの中から今回、テーマに選んだのは「旧車」。精緻、だけど、どこかノスタルジックな町田画伯の旧車イラストをご覧あれ!


【旧車】アコード(5代目)│ホンダ - VTECが搭載されて3ナンバーに

【旧車】アコード(5代目)│ホンダ - VTECが搭載されて3ナンバーに

第14回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したホンダの5代目アコード。


ELO[Electric Light Orchestra] - Telephone Line - 1976年

ELO[Electric Light Orchestra] - Telephone Line - 1976年

華麗なストリングスとコーラスが魅力的なロック・オーケストラのアンセム。 ELOはリーダーのジェフ・リン(Vo,G)を中心に1970年にデビューしたロック・バンド。初期はバイオリンやチェロなど、弦楽器を擁するクラシカルなサウンドで人気を集め、70年代後半頃からはシンセサイザーを導入。よりポップな作風にかじを切りました。


旧車も発見!趣味車の祭典・東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち

旧車も発見!趣味車の祭典・東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち

スーパーカーブーム真っ只中を生きた昭和のオヤジ世代たちが大好きなクルマの祭典「東京オートサロン2020」に行ってみた!今回は、昭和オヤジが喜びそうな車をピックアップ。あとついでにかわいいコンパニオンのオネーチャンも少しだけ…。