ロボットに囲まれてオヤジたちが酒を呑む「ROBOT KICHI」

ロボットに囲まれてオヤジたちが酒を呑む「ROBOT KICHI」

昭和の残滓を感じさせる大衆酒場やスナックは、令和の時代になってもまだまだあるもの。そんな昭和レトロなお店を訪問してみた。今回訪れたのは養老乃瀧が運営する「ROBOT KICHI」。およそ昭和感のない店名ではあるが、果たして?


ロボットと呑める酒場が、昭和のロボットを展示!

今回、ゴル横一行がお邪魔させてもらったのは、かの有名な養老乃瀧さんが運営しているロボットアニメーション酒場「ROBOT KICHI(ロボキチ)- Robot Animation SAKABA-」。
ここは、これまたかの有名なBANDAI SPIRITSさんと養老乃瀧さんが共同運営しているいわゆるコンセプト店のようなもので、店内にはズラリとBANDAI SPIRITSさんが誇るガンダムやマジンガーZなどのロボットフィギュアが展示されている。さらに、「BANDAI CHANNEL TOUCH」なるサービスにより、往年のロボットアニメから最新のロボットアニメが流れる中で酒が呑める、ロボット好きにとっては天国のような居酒屋だ。

これだけでも十分にオヤジを惹きつけてやまないお店なのだが、今回取材を依頼したのにはある大きな理由があるのだ。それは、この時期、ロボキチではいつものロボットに加え、栃木県にある「おもちゃのまちバンダイミュージアム」から昭和のオヤジが熱中した当時のおもちゃの展示をしているというのだ!
こんなん昭和レトロを愛するゴル横にしてみれば、見て見ぬ振りできるわけがないイベントじゃん!というわけでお問い合わせしたところ、快く取材を受け入れていただきましたとさ!そんなわけで、ロボキチの全貌についてご紹介しよう!

ワクワクの入り口を抜けると、そこはロボットパラダイス!

まず、ロボキチの入り口はこんな感じ。なんだかもうすでに宇宙船の中のような佇まいでワクワクしてしまう…しかもここに設けられたショーケースには歴代のガンプラや、超合金魂など、めちゃくちゃカッコいいフィギュアが展示されている…(゚A゚;)ゴクリ

そして、いよいよ店内に入ると…

プラモデルがずらりと並んだカウンターを中心に、奥にはテーブル席と大きなプロジェクターがある。そして、それ以外の空間にはロボットたちが鎮座するショーケースがずらり!

たとえばこれは店内で配信されているアニメのロボットたち。しかもそれぞれが名シーンを再現しているという凝りっぷり。さらにはQRコードを読み込めば、その名シーンの映像が見られるというカラクリまである!
アニメはスマホで簡単にシーンリクエストなんかもできるので、ぜひ来店したらやってみてほしい!

そしてこのあたりがメインの展示スペース。常設のカックいいロボットの他、企画に合わせた展示なんかが行われているようだ。ちょっと大人の事情で近づきすぎないようにしているが、ぜひ来店したらマジマジと近くで凝視してほしい。ホントにどのフィギュアもカッコいいからね!

そしてお気づきかもしれないけど奥の方にあるのが、今回の目玉!「おもちゃのまちバンダイミュージアム」所蔵の昭和のロボットたちだ!

コン・バトラーVにゴールドライタン…当時のあこがれのおもちゃが集結!

デデーンとそびえるコン・バトラーVとダイモスのジャンボマシンダーを両脇に、ズラリと並ぶ往年の人気おもちゃ。気になる今回の展示作品はこちらだ!

「黄金戦士ゴールドライタン」
「超電磁ロボ コン・バトラーV」
「闘将ダイモス」
「超電磁マシーン ボルテスV」
「とんでも戦士ムテキング」
「闘士ゴーディアン」

うわぁ…ムテキングとか超絶なつかしい…タイムボカンシリーズと同じく大河原邦男さんがデザインを手掛けたロボットは魅力的だったよなぁ…でもそれ以上に主人公が変身すると「別人!?」ってくらいに変わっちゃうのは衝撃だったなぁw

そして個人的にはやっぱりこれ!ゴールドライタン!当時はこの金色に光るボディーがめちゃくちゃカッコいいと思ってたな…それがこんなにズラリと勢揃い…さすがはバンダイミュージアム!スゴイものを保管しているもんだね!
しかし、ライターが変形してヒーローになるって斬新だよね!子どもたちの憧れのアイテムがロボットになる「元祖」ってこれかもしれない。
この金ピカボディを眺めながらなら何時間でも酒が呑めそうだw

ちなみにこうした懐かしいおもちゃを展示するのは、ロボキチとしても初の試みらしい。なんでもこうした当時のおもちゃはとても貴重なもので、無くしてしまったり壊してしまったら大変なことになるからなのだとか…。
でも、今回反響がよければ、もしかしたら新たな企画が生まれるかもしれない…オヤジ諸君よ、そのためにもどうかロボキチで酒を呑んでほしい!ゴル横から切実なお願いです(笑)。

ロボットだけじゃない!ロボキチは料理もリーズナブルでウマい!

ここまでロボットばっかり紹介してきてしまったが、ロボキチはロボットアニメーション“酒場”。当然ながら酒も料理もあるのである!

こんな感じで、メニューも豊富だし、かなりリーズナブル!メニューもロボットをイメージしたものまであり、さらには飲み放題プランなんかもあって、普通に呑むのにもピッタリだ!そのへんはさすがは数々の居酒屋を展開する養老乃瀧さん!
その中から今回は以下の料理を注文してみた!

食べ物
・ローストビーフ ¥649
・きゅうり漬 ¥385
・ジャーマングレー ¥649
・GSM-05(ガーリックそばめし玉子のせ) ¥715

飲み物
・生ビール ¥539
・凍結レモンブラン ¥495

ローストビーフは炙りと冷製が選べ、今回は炙りを選択!炙りにするとこんな感じで目の前で炙ってくれるエンタメ性あふれる料理だ!味もかなり本格的なローストビーフで薬味の選択肢も豊富でうまし!

関連する投稿


フォルクスワーゲン Type1 ビートル

フォルクスワーゲン Type1 ビートル

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「VW フォルクスワーゲン Type1 ビートル」!往年の名車「フォルクスワーゲン ビートル」を描く。


子どものギャンブル?カプセルトイ

子どものギャンブル?カプセルトイ

今回は、子どもの射幸心を煽ってやまなかった魅惑のおもちゃ・カプセルトイをご紹介。出てくるまで中身がわからない、ほしいものを手に入れたいという気持ちが刺激され、お小遣いを吸い取られた人も多いハズ。庶民文化研究所の町田忍所長もそんなひとり。町田少年の思い出とともにカプセルトイの懐かしい話を。


日野ルノー

日野ルノー

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、古き良き昭和の日本に庶民文化研究所町田忍画伯がイラストで迫る。今回ご紹介するのは有名なルノーの車。ただし、日野自動車製ですが。


どのノート使ってた?学習用ノートのコレクション

どのノート使ってた?学習用ノートのコレクション

今回は、学校などで使われる学用品、その中でもノートにフィーチャーしてご紹介しよう。マス目で区切られていたり、罫線で区切られていたり、あるいは人気のキャラクターが描かれていたり…当時のノートのコレクションをご覧あれ。


昔と今ではちょっと違う?昭和の文房具事情

昔と今ではちょっと違う?昭和の文房具事情

今回は、昭和の学校で使われていた懐かしい文房具をご紹介。遊び道具やファッションはともかく、学校の道具はそんなに昭和も平成も令和も変わらないのでは?と思っていても、実は大きく様変わりしているのです。


最新の投稿


クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。 歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていました。


【クルマニアックイズ】161本目

【クルマニアックイズ】161本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集も仮面ライダー×バイク!今回は昭和末期から平成初頭にかけてのライダーとその愛機を紹介しよう!


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。初回は「お呼びでない?」。日本のサラリーマンの権化とも言える植木等を代表するギャグである。