マンガ裏街道<後編>

マンガ裏街道<後編>

エッセイストにして経営者でもある村上百歩氏が同世代のおじさん仲間におくるエンターテインメント・コラム。前回につづく漫画裏街道、その後編です。


まだまだあるぞ、知る人ぞ知る、名作マンガ

年頃(?)になると、少しマニアックなマンガを読むようになった。
中には有名な作家のものも読んだが、それでも心に残っている作品は、そのマンガ家の  代表作ではないようだ。

「AKIRA」「童夢」で一世を風靡した大友克洋さんだが、僕に強烈な印象を残した代表作は「気分はもう戦争」(原作:矢作俊彦)だった。当時のソ連が中国に突然侵入した後、義勇兵の若者三人が西遊記のように戦争中の中国をさまようのだが、「戦争が起きるとこうなるかも?」という話が、オムニバス形式で挿入されている。生まれて初めて、
「自分の生きている間に身の回りに戦争が起きない保証はない」
と、考えさせられた作品。

 「What’s Michael」で、世の中に第一次猫ブームを起こした小林まことだが、その前に一部男子に人気を博したプロレスマンガ「1,2の三四郎」は、僕にとっていわば青春のバイブルである。普段はおバカキャラで周りを笑わせながらも、陰に隠れて特訓を行って、本番では奇跡の逆転を演じるという、僕のあこがれパターンがここで完成した。そういえば、「キャプテン」「プレイボール」といい、僕は、人に隠れてやる闇練が好きだったようだ。当時、大学の体育会での厳しいトレーニングに耐えられたのは、ひとえにこのマンガのおかげである。

「三国志」といえば、吉川英治、柴田錬三郎、横山光輝というほど、横山版「三国志」は、もはや定番となっているが(ちなみに僕のお好み三国志は三好徹作、ここでもへそ曲がりですね)、僕は横山版「水滸伝」が大好きで、何度読んだかわからない。108人の主人公たちが、とんでもなく悪い奴らに怒ったり、正当防衛で殺したり、なかには濡れ衣でお尋ね者になっていくが、力を合わせて悪党どもを退治していくのは、まさしく元祖「ワイルド7」!

 そして、テレビアニメとは、全く空気感の違う永井豪「デビルマン」。泣き叫ぶ子供の顔を甲羅に宿す亀の化け物を、泣きながらやっつける良心を残した悪魔の戦士。(これは夢で出てきて、かなりうなされました)。そして、彼が守ろうとした人間が次第に悪魔に変わっていき・・・。ああ、もう怖くてこれ以上は書けない。

裏街道との離別とお姫様との出会い、マンガ王国との再会

さて、こんなマンガ文化で育った僕だったが、27歳となり、なんだか新婚生活にマンガを持ち込むのがためらわれて、それからしばらく距離を置くことになった。
しばらくというのは25年ぐらいのことである。その間、マンガを手に取ることはなく、見るアニメの主人公は、娘を膝に抱いて一緒に見る「あんぱんまん」、そしてディズニーのお姫さまたちだった。これはこれでまあ、面白い。一度目は・・・。

月日は流れて。

 五十歳を手前にした僕は、やたらと肩や腰が凝って痛い立派なおっさんになっていた。そこで、効いているのか効いていないのかよくわからないけど、まあ、温かくて気持ちのいい10分間の電気治療を受けたあと、格安料金でマッサージを15分してくれる整形に通うことになる。ところが、世の中にはそんなこと考えている輩がたくさんいるようで、日曜の午後ともなると、順番待ちの人で待合室は込み合い、かなり待たされることになるのだった。待ち時間をつぶすために普段本を持っていくだが、ある日、余りに待たされたために持っていった本を読み終わってしまった。しかたない。ぼーと待っていよう。と、腕組みする僕の視界に入ってきたのは、本棚に並ぶマンガの数々だった。

そんな風にして五十代のマンガリバイバルが始まった。
話題の「ワンピース」に始まって、「宇宙兄弟」、そして、あの「キングダム」へと、もうその頃には、腰を治しに行っているのだが、マンガを読みに行っているのだか、わからないほど、次々と読み進めていった。そして、今回手にしているのは、そこの整体のスタッフが選んだと思われる、裏街道ではない、表参道の人気コミックなのである。裏街道仲間からは裏切者と呼ばれるかもしれない。日和見と蔑まれるかもしれない。しかし、長いブランクを経て読み始めた「キングダム」は、この裏街道を歩んできた僕にも、力強く、たくましく語りかけてくるのであった。
ああ、これからどんなマンガ人生が僕を待ち受けていることだろうか。

おまけ

最後に、もう一つ裏街道の名作を。
 アニメで絶大なヒットを果たした「風の谷のナウシカ」のコミック版を読んだ人は少ない。なんと、あの宮崎駿先生が描いているのだ。映画のナウシカは、コミックの第二巻の途中までのストーリーで終わっているが、これは言わばプロローグ、そこから先から壮大な物語が始まるのである。人類そのものが、この世界にとって清めないといけない汚れかもしれない、という、恐ろしく深く考えさせられる物語、今こそ世界へ向けて発信すべき日本の誇るべき宝であろう。

ゴールデン横丁の仲間たち | 村上 百歩(むらかみ ひゃっぽ)

https://goldenyokocho.jp/articles/2334

自分や身の回りのことを中途半端な長さのエッセイにするのが趣味の変人経営者、村上百歩(むらかみ・ひゃっぽ)氏。変人とは半分謙遜、半分事実なのは長年の友人であるゴル横会長の良く知るところなり。

関連する投稿


ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョンが愛と平和を願って書いた不朽のクリスマス・ソング。 1970年のビートルズ解散後、ジョンは妻のオノ・ヨーコとともにプラスティック・オノ・バンドでの音楽活動の傍ら、平和を求める活動に参加しました。


ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

「強力で鋭いポップ・ゴスペル」と謳われた力強い歌声で、1985年のデビューから90年代にかけてR&Bシーンに君臨した歌姫、ホイットニー・ヒューストン。7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立て、累計セールスはアルバム1億4,000万枚以上、シングル5,000万枚以上となるほど圧倒的な人気を集めました。2012年の早逝が悔やまれます。


ティアーズ・フォー・フィアーズ/Tears For Fears - Shout - 1984年

ティアーズ・フォー・フィアーズ/Tears For Fears - Shout - 1984年

ティアーズ・フォー・フィアーズはローランド・オーザバル(vo,g,key)とカート・スミス(b,vo)によるイギリスのロック・バンド。シンセサイザーをベースにしながら、エモーショナルなメロディと歌、ロックなサウンドで全世界的な人気を集めました。


ヒューマン・リーグ/The Human League - Human - 1986年

ヒューマン・リーグ/The Human League - Human - 1986年

1979年にデビューし、シンセサイザーとシーケンサー、リズムマシーンを駆使したテクノ・ポップ・サウンドで人気を集めたイギリスのバンド、ヒューマン・リーグ。


ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


最新の投稿


ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョンが愛と平和を願って書いた不朽のクリスマス・ソング。 1970年のビートルズ解散後、ジョンは妻のオノ・ヨーコとともにプラスティック・オノ・バンドでの音楽活動の傍ら、平和を求める活動に参加しました。


MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

三洋「REC(レック)」シリーズのステレオラジカセ。外観からはあまり特徴のないラジカセに思えますが、実は音質が抜群に良いという評判のラジカセです。隠れた名機と言えましょう。


デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は1972年のドイツ、デュアル社のオーディオ製品のカタログを取り上げます。


カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

トヨタの大衆車カローラの3代目、バンタイプです。先代より品質を向上させ、カローラ人気を盤石なものにしました。


ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

「強力で鋭いポップ・ゴスペル」と謳われた力強い歌声で、1985年のデビューから90年代にかけてR&Bシーンに君臨した歌姫、ホイットニー・ヒューストン。7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立て、累計セールスはアルバム1億4,000万枚以上、シングル5,000万枚以上となるほど圧倒的な人気を集めました。2012年の早逝が悔やまれます。