コロナマークⅡ | トヨタ - 小型上級車市場を狙ってクラシック調を取り入れた【旧車】

コロナマークⅡ | トヨタ - 小型上級車市場を狙ってクラシック調を取り入れた【旧車】

トヨタの上級小型車、コロナマークⅡの三代目です。欧州車風のデザインテイストを取り入れクラシカルな雰囲気が独自の存在感を放っていました。


開発コンセプトは「堅気になろう3代目」???

・モデル名 :コロナマークⅡ
・世代/型式:3代目/X30/40型
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1980
・撮影場所 :クラシックカーフェスティバル in ところざわ 2017

先代となる2代目・X10/20型コロナ・マークⅡは「小型上級車」な作りであるにも関わらず、レジャーユースやパーソナルユーザーをターゲットにしたりといった販売面での失策があったりして苦戦を強いられたことから、3代目ではあらためてターゲットを「小型上級車」市場と設定し、コンセプトを見直すことになった。
そこで標榜されたのが『堅気になろう3代目』というコンセプトワードだ。

か、堅気になろう・・・って、2代目は堅気じゃなかったのか?と思ってギョッとしてしまうけど、どうやらレジャーとか遊びなどの軟派な路線ではなくて、きちんとしたいいクルマを作り直そうという意気込みだったようだ。

3代目で採用されたデザインは、当時のアメリカ車で人気が高まっていた、欧州調のセミクラシックというスタイル。
うーん、まあ言われてみればなんとなく分かるかな。
当時としては、かなりフレッシュなデザインであったことは間違いなくて、まだまだやぼったいデザインの多かった国産セダンの中では白眉といってもいいだろう。
複雑なプレスラインをもつボンネットまわりや、大型の単眼2灯の内側にフォグランプと押し出しの強いグリルを埋め込むデザインは、当時のアメリカンフルサイズクーペなどにも通じるものがある。

ちなみに、後の世代のマークⅡでは「マークⅡ3兄弟」と呼ばれる、チェイサーとクレスタがあるけれど、この世代で販売店違いの「チェイサー」が設定された。
灯火類のデザインが異なるが基本的には同じ車と言っていい。
また、マークⅡの最上位グレード「グランデ」も、この3代目から設定されているよ。
後々のハイソカーブームにつながるマークⅡのコンセプトは、3代目でしっかりと固まったと言っていいだろう。その後の大人気っぷりは、改めて言うまでもないところだ。

関連する投稿


町田忍と絵│旧車が町田画伯のイラストで蘇る!レトロなテイストで往年の名車を描いてみた

町田忍と絵│旧車が町田画伯のイラストで蘇る!レトロなテイストで往年の名車を描いてみた

庶民文化研究家であり、銭湯研究家であり、さまざまな顔を持つ町田忍さん。そんな町田さんの画伯としての側面を今回はご紹介。町田画伯の数あるイラストの中から今回、テーマに選んだのは「旧車」。精緻、だけど、どこかノスタルジックな町田画伯の旧車イラストをご覧あれ!


【旧車】アコード(5代目)│ホンダ - VTECが搭載されて3ナンバーに

【旧車】アコード(5代目)│ホンダ - VTECが搭載されて3ナンバーに

第14回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したホンダの5代目アコード。


旧車も発見!趣味車の祭典・東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち

旧車も発見!趣味車の祭典・東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち

スーパーカーブーム真っ只中を生きた昭和のオヤジ世代たちが大好きなクルマの祭典「東京オートサロン2020」に行ってみた!今回は、昭和オヤジが喜びそうな車をピックアップ。あとついでにかわいいコンパニオンのオネーチャンも少しだけ…。


【クイズ・旧車千本ノック】267本目

【クイズ・旧車千本ノック】267本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ダットサン・ブルーバード(初代・310型) | ニッサン - 戦前から続くダットサン・セダンの系譜を引き継ぐ【旧車】

ダットサン・ブルーバード(初代・310型) | ニッサン - 戦前から続くダットサン・セダンの系譜を引き継ぐ【旧車】

戦前から続くダットサン・セダンの系譜を引き継ぐ、人気車種の初代モデルです。


最新の投稿


スティービー・ワンダー/Stevie Wonder -I Just Called To Say I Love You-1984年

スティービー・ワンダー/Stevie Wonder -I Just Called To Say I Love You-1984年

1950年生まれのアメリカのミュージシャン。11歳でデビューを果たして以来、R&Bの第一線で活躍を続けています。グラミー受賞回数の最も多い男性ソロ・シンガーです。


町田忍と絵│旧車が町田画伯のイラストで蘇る!レトロなテイストで往年の名車を描いてみた

町田忍と絵│旧車が町田画伯のイラストで蘇る!レトロなテイストで往年の名車を描いてみた

庶民文化研究家であり、銭湯研究家であり、さまざまな顔を持つ町田忍さん。そんな町田さんの画伯としての側面を今回はご紹介。町田画伯の数あるイラストの中から今回、テーマに選んだのは「旧車」。精緻、だけど、どこかノスタルジックな町田画伯の旧車イラストをご覧あれ!


【旧車】アコード(5代目)│ホンダ - VTECが搭載されて3ナンバーに

【旧車】アコード(5代目)│ホンダ - VTECが搭載されて3ナンバーに

第14回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したホンダの5代目アコード。


ELO[Electric Light Orchestra] - Telephone Line - 1976年

ELO[Electric Light Orchestra] - Telephone Line - 1976年

華麗なストリングスとコーラスが魅力的なロック・オーケストラのアンセム。 ELOはリーダーのジェフ・リン(Vo,G)を中心に1970年にデビューしたロック・バンド。初期はバイオリンやチェロなど、弦楽器を擁するクラシカルなサウンドで人気を集め、70年代後半頃からはシンセサイザーを導入。よりポップな作風にかじを切りました。


旧車も発見!趣味車の祭典・東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち

旧車も発見!趣味車の祭典・東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち

スーパーカーブーム真っ只中を生きた昭和のオヤジ世代たちが大好きなクルマの祭典「東京オートサロン2020」に行ってみた!今回は、昭和オヤジが喜びそうな車をピックアップ。あとついでにかわいいコンパニオンのオネーチャンも少しだけ…。