フェアレディZ | 日産 - 美しいボディラインが際立つ【旧車】

フェアレディZ | 日産 - 美しいボディラインが際立つ【旧車】

日産・フェアレディZの初代S30型です。ジャガーを思わせる濃いグリーンのボディーが印象的な個体です。


スポーティ路線だけじゃない、フェアレディZの魅力

・モデル名 :フェアレディZ
・世代/型式:初代/S30型
・メーカー名:日産
・年式   :1972
・撮影場所 :2018 JCCAお台場ニューイヤーMTG

あまり見かけない、グリーンのボディにオーバーフェンダーやチンスポイラーなどの走り系イメージが抑え目のS30。
イベントでよくみかける240ZやZGなどの「ちょっとワルそうなお兄さん」が似合いそうなZとはちょっと違ったイメージだ。

白で伏せてあるけどナンバーは5ナンバーだったし、ディテールを見ていくと2リットルモデルのだと分かる。
もともとZの人気に火が付いたきっかけも、どことなくジャガーEタイプなどのロングノーズ・ショートデッキなスポーティカーが手軽に買える、というところだった。
そう考えると、やはりこういうノーブルなスタイルも似合うのだと思う。
濃いグリーンのボディカラーがよく似合うのも分かる気がするね。

関連する投稿


ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

くりっと丸い2灯ヘッドライトにナンバーやウインカーの位置がまるでドラえもんの鼻とヒゲ!? 「ドラえもんハイゼット」と呼ばれることもある、4代目前期型・S38V型のハイゼットです。


【クルマニアックイズ】108本目

【クルマニアックイズ】108本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


LN360 | ホンダ - 遊びから仕事まで大活躍!しっかり載せてよく走る【旧車】

LN360 | ホンダ - 遊びから仕事まで大活躍!しっかり載せてよく走る【旧車】

スバル360が切り拓いた360cc軽自動車市場。ほぼスバルの一人勝ちといってもいい状態で、果敢に挑むライバル各社たちも圧倒的なスバルに追いつけない状態でした。そんな中、1967年に発売されたホンダのN360はスバルと異なり4ストエンジンを採用してデビューしました。


【クルマニアックイズ】107本目

【クルマニアックイズ】107本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】105本目

【クルマニアックイズ】105本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最新の投稿


ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングルで育った戦士、仮面ライダーアマゾンの愛車「ジャングラー」です。仮面ライダーのよきサポート役である、バイクレーサーの立花 藤兵衛(たちばな とうべえ)の手になるマシンです。


サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel -Bridge Over Troubled Water-1970年

サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel -Bridge Over Troubled Water-1970年

ポール・サイモンとアート・ガーファンクルによるフォーク・デュオ。1964年にデビューし、70年の解散後も断続的に活動しています。文学的な歌詞と美しいハーモニーで普遍的な人気を誇り、若い世代にも数多くのファンがいるレジェンドです。


ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

くりっと丸い2灯ヘッドライトにナンバーやウインカーの位置がまるでドラえもんの鼻とヒゲ!? 「ドラえもんハイゼット」と呼ばれることもある、4代目前期型・S38V型のハイゼットです。


【クルマニアックイズ】108本目

【クルマニアックイズ】108本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


セリーヌ・ディオン/Céline Dion - Ave Maria - 1998年

セリーヌ・ディオン/Céline Dion - Ave Maria - 1998年

セリーヌ・ディオンはカナダ出身の歌手。若くして歌の才能を認められ、1981年にレコード・デビュー。圧倒的な歌唱力を持ち、97年公開の映画「タイタニック」の主題歌になった「My Heart Will Go On」の世界的大ヒットなどで不動の地位を築きました。


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽