フロンテ | スズキ - 軽自動車のスタンダードになった【旧車】

フロンテ | スズキ - 軽自動車のスタンダードになった【旧車】

スズキの軽自動車、フロンテの3代目です。丸みを帯びたスタイルの先代からイメージチェンジ、直線基調でスポーティーなボディーになりました。派生車種にフロンテ・クーペがあります。


軽自動車のスタンダードは進化し続ける

・モデル名 :フロンテ GC/W
・世代/型式:3代目/LC10-Ⅱ型
・メーカー名:スズキ
・年式   :1973
・撮影場所 :越後丘陵公園クラシックカー展2017

昔も今も軽自動車の雄であるスズキは、軽自動車のパイオニアでもある。
戦前からオートバイの生産をしていたスズキは、そのころからきかくを温めていた4輪自動車の研究を1950年代中盤から始めていた。
よくいわれる当時の通産省が提唱した「国民車構想」が世に出る前から着々と準備をしていたといわれ、スズキが市場を読む力に長け先見の明があったかを示している。
国民車構想が発表された1955年の秋には、なんと初代「スズライト」の販売を開始しているのだ。

黎明期の軽自動車、スズライトは市場にひろく受け入れられ、「軽自動車のスズキ」の名を確立した。そしてスズライトは「フロンテ」に名前を変え、次々と参入してくる各社の軽自動車たちと熾烈なライバル争いを繰り広げていった。

その中には、360CC時代の大ヒット、スバル360なども当然含まれている。
さらにホンダからはN360という高性能かつ圧倒的な低価格のライバルが出現。
時を同じくして、スズキもフロンテを次々とバージョンアップさせていき、当時の先端技術を惜しみなく投入していったのだ。

スティングレイ・ルック

3代目フロンテ(フロンテ71)は1970年末にデビュー、まったく新しい斬新なボディスタイルが導入され、通称「スティングレイ・ルック」と呼ばれた。直線的な2ボックスのショートファストバックスタイルは、、それまでの腰高感の強い軽自動車とは一線を画した低いスタイルで、スポーティなイメージが幅広い年齢層の支持を集めたんだ。
その流れから、3代目フロンテをベースにしたスポーツクーペモデル、「フロンテクーペ」が設定されることになる。

いまも続くスズキ=軽自動車のフロンティア、というイメージはフロンテが確立したものと言ってもよいだろう。
今も昔も人々のための便利で安価かつ高品質な自動車を作り続けている、それがスズキの魅力だ。

関連する投稿


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

トヨタの初代セリカ、A20/30型です。写真は後期モデルのテールゲート付きリフトバックモデル。2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑にて撮影。


ダットサン・フェアレディ2000 | 日産 - 国産初のオーバー200km/hカー

ダットサン・フェアレディ2000 | 日産 - 国産初のオーバー200km/hカー

日産のダットサン・フェアレディ2000、SRL311型です。フェアレディZの源流となるオープンボディのスポーツカーで、フェアレディの完成形と称される高性能ロードスター。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

マツダ・サバンナ RX-7の2代目、FC3型系です。ロータリーエンジンのマツダが真のスポーツカー像を追求し、7年を掛けて作り上げた珠玉のスポーツカー。プアマンズポルシェ?なにそれ?石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018にて撮影。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】243本目

【クルマニアックイズ】243本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


【クルマニアックイズ】242本目

【クルマニアックイズ】242本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

トヨタの初代セリカ、A20/30型です。写真は後期モデルのテールゲート付きリフトバックモデル。2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑にて撮影。