エプソン テレビアン カタログ

エプソン テレビアン カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は、つくば博の開催で盛り上がった1985年に登場したエプソンのポータブル液晶テレビ「テレビアン」のカタログを取り上げます。


画面は小さいが、持っていることだけで自慢できたポケットテレビ

テレビのカタログは、このコーナーでもいくつかご紹介している。60年代から70年代iにかけてはブラウン管のテレビが主流で造形的に面白いものも多い。そして80年代に入ると液晶を使ったフラットなテレビが流行りだした。筆者が子供の頃ウルトラセブンのウルトラ警備隊の隊員が腕にはめていた時計型のテレビ電話がカッコよかったのを覚えていて、当時も平面的なテレビに未来を感じたのを覚えている。そんなフラットテレビが実現化したのがソニーでは以前紹介したウォッチマンだ。そして今回紹介するのがエプソンのテレビアンだ。たぶんトレビアンに引っ掛けたと思われるが笑うに笑えないネーミングだ。1985年はバブルの始まりの年だったこともあり、価格は高かったがテレビアンは懐が豊かな人たちに売れたと思われる。ではそんな時代が生んだ液晶テレビのカタログを見てみよう。

エプソン テレビアン

まず表紙だが、大手のメーカーのカタログと比較すると若干地味めに見えてしまう。余計な装飾はなしに浜辺で撮影したものと手タレの女性が持つ1台は合成だと思う。ただ、シンプルな構成な分、製品が分かりやすくストレートに伝わるのは良いかもしれない。またテレビアンのロゴは目立っていないがユニークだ。

中を開くと表紙にあった液晶テレビ3機種がそれぞれ紹介されている。このページにあるのはまず一番新しいET-30だ。液晶パネルがポップアップして見やすい角度に調整できるタイプだ。そしてどのタイプにも共通するモニターとしての活用も楽しい。当時のビデオカメラは今と比べ、非常に大きい割にはファインダーしか無く、撮った映像をその場では見られなかったが、テレビアンがあればモニターとした活躍した。そしてET-20は画面がモノクロタイプだったが、携帯には便利で手に入れる価値はあったと思っている。

そして主力製品のET-10が大きく掲載されている。なんと価格は8万円台だ。この時代液晶テレビを持つのは現代のスマートフォンを持つよりもはるかにステータスで、写真のように浜辺でテレビを楽しむのも贅沢だったのだ。実際筆者もこの時代の液晶テレビを持っているが小さな画面ではあるが綺麗な画面で映っていた。

最後のページはお決まりのスペック表だが、3機種のみなのでシンプルで分かりやすい。
そしてオプションもやはり電源がネックでバッテリー等があるが、結局これらを持つとかなりの重量になってしまった。それでも需要があるほどアウトドアで見るテレビに憧れた時代だった。オプションに画面を大きく見せるフレームレンズもブラウン管テレビの時代からあったものでちょっぴり懐かしい。


出典: エプソン販売株式会社 テレビアン カタログ (1985年)

ゴールデン横丁の仲間たち | 松崎 順一(まつざき じゅんいち)

https://goldenyokocho.jp/articles/676

家電蒐集家・デザインアンダーグラウンド工場長。1960年生まれ。インハウスデザイナーを経て2003年よりデザインアンダーグラウンドを設立し活動を開始。近代家電製品の蒐集・整備・カスタマイズ等を手掛ける。近年は特にデジタル世代へのメイド・イン・ジャパン家電の持つ魅力をカルチャーとして伝える活動をイベント、執筆等、広範囲に展開中。

関連する投稿


「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動照明顕微鏡」。自動照明付きがポイントです。


ナショナルパナソニックラジオ タイミィデジタル  カタログ

ナショナルパナソニックラジオ タイミィデジタル  カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は大阪万博が翌年に迫った1969年のナショナル・クロックラジオのカタログを取り上げます。


バルタン星人 - 地球の未来を暗示していたのか?

バルタン星人 - 地球の未来を暗示していたのか?

ウルトラシリーズに登場した怪獣のなかではトップクラスの知名度を誇るであろうバルタン星人。「フォッフォッフォ・・」という不気味な笑い声がもれなくついてきます。


自動すきやき 鍋 | すきやきを手軽に家庭でも

自動すきやき 鍋 | すきやきを手軽に家庭でも

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動すきやき鍋」。「自動」のココロは?(笑)。


ジュエルトーン オーディオ プロダクツ カタログ

ジュエルトーン オーディオ プロダクツ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回はカセットテープを自由に操るための強いパートナーのカタログを取り上げます。


最新の投稿


ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー者」をお届けします。


クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

トヨタ・クラウンの4代目、俗にいう「クジラクラウン」です。時代に先んじたスタイルは好みがわかれ、保守的なユーザーの多い高級車市場ではシェアを落とすことになりました。


プリファブ・スプラウト/Prefab Sprout - We Let the Stars Go(星をきらめかせて)- 1990年

プリファブ・スプラウト/Prefab Sprout - We Let the Stars Go(星をきらめかせて)- 1990年

全英7位まであがった90年代の”プログレ”アルバムより。 プリファブ・スプラウトはパディ・マクアルーン(vo,g)を中心に結成され、1982年にデビューしたイギリスのグループ。「歌職人」と讃えられたパディの手による洗練されたメロディで人気を集めました。


「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動照明顕微鏡」。自動照明付きがポイントです。