AMラジオよ永遠なれ!

AMラジオよ永遠なれ!

今回はいつもの「こんなものを買った」から趣向を変えて、消えゆくAM放送に敬意を表してAMラジオのキットづくりに挑戦します。


2023年AM停波って本気(マジ)!?

前々からそんな噂はありました。radikoやFM補完放送はその布石だって。 私はAM放送が大好きです。とくにTBS。子供のころからTBSラジオの歌謡曲番組や深夜放送を楽しみ、今でもお気に入りの番組はだいたいTBSラジオ。そんな私ですが、実際のところほとんどがradikoのタイムフリーでコンテンツを楽しみつつ、リアルタイムで聴くときもFM補完放送で聴いてます。 じゃあAM停波しても影響ないじゃん、と思いますが、AM放送を完全になくして良いものか、といえばなくすべきではないと思うんですよね、放送方式として。 AM放送のメリット、デメリットという意味ではITmediaさんが今年の9月4日に配信された「AMラジオが終わるとき」(https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/04/news023.html)にうまくまとめられてますので、ご参考いただきたいのですが、結論は私の思いとは真逆で、「AMの役目は終わった」という論調なんですよね。 確かにAMラジオは、音質が悪いし送信所も大掛かりなうえ、立地も地中の水分が多い広い場所が望ましいなど企業の負担は多いのです。 しかし前出のITmediaさんでも書かれていますが、簡単に受信機が作れるというメリットがあります。 周波数変調方式が採用されているFM放送は受信機側に復調回路が必要となり、回路は複雑になります。 それに対しAMは振幅変調方式が用いられていて、同調回路と検波回路さえ作れれば簡単に受信機が作れるのです……なんてさらりと書いてしましましたが、この辺のことは以前ステレオ時代でFMチューナー特集をやった際に改めて勉強し知ったことで、生まれてから約半世紀、まったく意識せずにいたのですが…。そもそも高校に入って早々に理系を諦め、物理も数学も「赤点を取らない程度」しか勉強してこなかった私は、ラジオの原理も考えたことがなかったのです。 もし同じような境遇の方がいらっしゃったら、ちょっとだけAMを見直すきっかけになるのではないでしょうか。 さて周波数変調方式のFMと違い、AM放送で使用する周波数は1つです。これでどうやって音波を伝えるのかというとただ信号の強弱だけで伝えています。

この画像はゲルマニウムラジオの説明書にあった図です。波の振幅で信号を送っている原理がよくわかりますね。(a)が放送の周波数。たとえばTBSラジオなら954kHzということになります。(b)が伝えたい音声信号。これを(a)の電波に振幅の大きさという形で乗せると(c)になります。
受信機(ラジオ)で周波数を同調させて得られるのはこの(c)、その上半分を切り取れば(検波)元の音声信号になる、というわけです。
つまり同調させて受信した信号を検波しそのまま増幅すればAMラジオの完成です。あるいは微弱な電圧の変動を音に変換できるクリスタルイヤホンを使えば、増幅回路がなくても聴くことができてしまうわけです(鉱石ラジオやゲルマニウムラジオ)。増幅しないので電源すら不要です。
ちなみに検波に鉱石を使えば「鉱石ラジオ」、ゲルマニウムダイオードを使えば「ゲルマニウムラジオ」ですが、一般的に手に入りやすいのは「ゲルマニウムラジオ」でしょう。
というわけで、今でもキットとして売られているもっともプリミティブなラジオを、AM放送の運命に思いをはせつつ組み立ててみることにしました。

たったこれだけでAM受信機は作れる!

小学生のころ、近所の駄菓子屋で100円のラジオを買ったことがあります。本体は2センチ×2センチの底辺を持ち、高さ10センチくらいのプラスチックの直方体。ここからイヤホンと先にワニ口がついた50センチくらいの銅線が出ています。上面には短いロッドアンテナがついてて、これを伸び縮みさせて同調させます。
そう今思えばこれこそゲルマニウムラジオだったのです。売りは「空気中にある電気を集めるので電池が不要」というものでした。子供心にときめきました。永遠に使えるラジオです。
当時は埼玉県川口市の外れの方に住んでまして、自宅は8階建てマンションの8階でした。しかも40年前の川口市は高い建物も少なく、まあ自宅がアンテナのてっぺんみたいな状態です。だからベランダの柵にワニ口を付けたりするとけっこう良く受信できたんですよね。戸田送信所から近いというのも良かったのでしょう。
そんな経験もあって、鉱石ラジオにはそこそこロマンを抱きつつ、秋葉原の秋月電子にキットを買いに行きました。

税込み840円(9月に買いました)です。説明書やパーツリストは中国語と英語。中国語のタイトルは「石器時代収音機」(笑)。

パーツはこれだけです。
抵抗2つ、ダイオード1つ、コンデンサが3つ、バリコンが1つ。あとはバーアンテナとかジャックとかワイヤーとか。

取説の完成図の写真が裏焼きで左右反転していたためちょっと戸惑いましたが、むしろ基板だけ見てれば数十分で完成です。

さあさっそく聴いてみましょう。クリスタルイヤホンを耳に入れてワイヤーを伸ばします。
……無音。ノイズすらありません。
メタルラックにワイヤーの先端を付けても無音。最後の手段、電灯線です。

片方に突っ込むだけなら大丈夫と分かっていてもちょっと恐い。バリコンをぐりぐり回します。と、おお音がする。人の話し声だ! あっ、ニュースだ。さらにぐりぐり回していくと音楽らしき音も。立地的に不利な試聴室ですが、木造家屋の電灯線はアンテナ代わりになりますね。
それにしてもたった数個のパーツで、かろうじてとはいえ電波を受信できるのですから、AMラジオすごい。
ただもう少しちゃんとしたラジオが作りたいなあ、ということで、数日後こんどはマルツへ行きました。
秋月より高めですが、よりちゃんとしたキットがたくさんあります。
今度はストレートラジオに挑戦です。

ストレートラジオも何種類かありましたが、選んだのはこれ。多分、教材として使われるラジオですね。
ゲルマラジオと比べるとパーツは贅沢に使われてますが、アンプはICを使ってます。

パーツは増えましたが、抵抗やコンデンサは台紙に番号が振られて取り付けられていて親切。組み立てもちゃっちゃと進みます。ジャンパーもちゃんと用意されてて楽ちんです。

最後はケースに収めて完成!
売り物のラジオみたいです(笑)

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿


T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

昭和38年(1963年)、まだオートバイの販売網しかもっていなかったホンダが、本格的に4輪自動車に参入するにあたり最優先して開発し市場に投入したのは、軽トラのT360でした。そんなホンダ初の4輪車・軽トラのT360は、開発に創業者・本田宗一郎がまるまる1台関わっている唯一の車種です。


昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語にあらためて令和の光をあてる「死語の世界」。今回は一斉を風靡した別れの言葉「バイナラ」をご紹介。欽ちゃんファミリーである斎藤清六発祥の死語について光をあててみよう。


サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

2代目ダットサン・サニーのB110型をベースにピックアップ化された、サニトラ2代目にあたるB120型。本家のB110サニーが1973年に次のB210型にモデルチェンジしてからも、なんと1994年まで作り続けられました。


【クルマニアックイズ】188本目

【クルマニアックイズ】188本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

オロナミンCの大村崑さんに、ボンカレーの松山容子さん。ホーロー看板の中でも屈指の知名度を誇る二人だが、この人も負けてない!今回紹介するのは、アース渦巻のホーロー看板。モデルはあのかげろうお銀で有名な大女優・由美かおる様!