タウンエース/トヨタ - 商用車をベースに新しいジャンルを拓いた【旧車】

タウンエース/トヨタ - 商用車をベースに新しいジャンルを拓いた【旧車】

トヨタのワンボックスカー、タウンエースです。カローラがベースとなっています。現在のミニバンの源流ともいえるモデルです。


ミニバンの起源ともいうべき、画期的なレジャービークル

・モデル名 :タウンエース
・世代/型式:初代・R10型
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1977
・撮影場所 :クラシックカーフェスティバル in ところざわ 2017

カローラのコンポーネンツを流用し、カローラのキャブオーバー版として企画されたタウンエース。貨客両用の設計で、どちらの目的にも使えるように開発され、当初は3人(1列)または6人(2列)のバンモデルと、8人乗りのワゴンが用意された。

ワゴンのほうはそれまで手頃な大きさで取り回ししやすく、かつ快適性も確保されているピープルムーバーがほとんどなかったことから注目を集め、折からのレジャーブームもあって大人気車となった。ファミリーカーの新しい姿を切り拓いたと言っても過言ではないだろう。

ワゴンモデルは装備の充実や、ミドルルーフ・ハイルーフやサンルーフ付きモデルなど様々な豪華バージョンが追加され、「ワンボックス」という新しい市場を広げていった。
タウンエースを皮切りに、各社からもフォロワーがたくさん発表され、ファミリーカーといえばハッチバックかセダンだけだった国内市場が大きく変化していった。
カーライフの在り方を刷新していったエポックメイキングな車種と言っていいだろう。

実際、現在の新車販売は軽自動車かミニバンばかりだというのは誰もが知るところだ。
そのルーツのひとつに、タウンエースがあるというのは言い過ぎではないだろうね。

また当時流行の最先端を行く若者たちには、いわゆるアメリカンカスタムのキャルルックやバニングなどが人気があり、そういったスタイルの恰好の素材にもなっていたようだ。
現在でもこのあたりの車種の愛好者たちには、そういったスタイルを楽しんでいる人たちも少なくないようだね。

関連する投稿


ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

日産がイギリス車のライセンス生産を通じて製造ノウハウを身につけ、その集大成として国内でデザインから開発まで行ったのが初代310型系の「ダットサン・ブルーバード」です。


セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

通称「ワンテール」と呼ばれる初期モデルは、テールランプとウインカーが共通になっているタイプでアメリカンマッスルカーのようなイメージが強く人気が高いです。


カローラ | トヨタ - 「80点+α主義」はトータルで高い完成度をもたらした初代【旧車】

カローラ | トヨタ - 「80点+α主義」はトータルで高い完成度をもたらした初代【旧車】

「プラス100ccの余裕」というキャッチコピーを掲げてデビューしたカローラ。 ちょっと豪華さをプラスして「いいもの買った感」を刺激したり、この時代には先進的な機構をいくつも奢ったりして、瞬く間に大ヒット商品となりました。


【クルマニアックイズ】54本目

【クルマニアックイズ】54本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


トヨペットコロナDX | トヨタ - 名神高速道路で耐久テストをして見せてアピール【旧車】

トヨペットコロナDX | トヨタ - 名神高速道路で耐久テストをして見せてアピール【旧車】

コロナを筆頭に日本車の走行性能や耐久性といった品質は急激に高まり、またそれが世界中で知られるようになりました。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】57本目

【クルマニアックイズ】57本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーンはアメリカ・ニュージャージー州出身のシンガー・ソング・ライター。1973年にデビューし、アメリカの庶民や労働者の声を代弁する政治的な歌詞とストレートなロックンロール・サウンドで人気を集めた、アメリカの国民的シンガーです。


ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

日産がイギリス車のライセンス生産を通じて製造ノウハウを身につけ、その集大成として国内でデザインから開発まで行ったのが初代310型系の「ダットサン・ブルーバード」です。


【クルマニアックイズ】56本目

【クルマニアックイズ】56本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

通称「ワンテール」と呼ばれる初期モデルは、テールランプとウインカーが共通になっているタイプでアメリカンマッスルカーのようなイメージが強く人気が高いです。