タウンエース/トヨタ - 商用車をベースに新しいジャンルを拓いた【旧車】

タウンエース/トヨタ - 商用車をベースに新しいジャンルを拓いた【旧車】

トヨタのワンボックスカー、タウンエースです。カローラがベースとなっています。現在のミニバンの源流ともいえるモデルです。


ミニバンの起源ともいうべき、画期的なレジャービークル

・モデル名 :タウンエース
・世代/型式:初代・R10型
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1977
・撮影場所 :クラシックカーフェスティバル in ところざわ 2017

カローラのコンポーネンツを流用し、カローラのキャブオーバー版として企画されたタウンエース。貨客両用の設計で、どちらの目的にも使えるように開発され、当初は3人(1列)または6人(2列)のバンモデルと、8人乗りのワゴンが用意された。

ワゴンのほうはそれまで手頃な大きさで取り回ししやすく、かつ快適性も確保されているピープルムーバーがほとんどなかったことから注目を集め、折からのレジャーブームもあって大人気車となった。ファミリーカーの新しい姿を切り拓いたと言っても過言ではないだろう。

ワゴンモデルは装備の充実や、ミドルルーフ・ハイルーフやサンルーフ付きモデルなど様々な豪華バージョンが追加され、「ワンボックス」という新しい市場を広げていった。
タウンエースを皮切りに、各社からもフォロワーがたくさん発表され、ファミリーカーといえばハッチバックかセダンだけだった国内市場が大きく変化していった。
カーライフの在り方を刷新していったエポックメイキングな車種と言っていいだろう。

実際、現在の新車販売は軽自動車かミニバンばかりだというのは誰もが知るところだ。
そのルーツのひとつに、タウンエースがあるというのは言い過ぎではないだろうね。

また当時流行の最先端を行く若者たちには、いわゆるアメリカンカスタムのキャルルックやバニングなどが人気があり、そういったスタイルの恰好の素材にもなっていたようだ。
現在でもこのあたりの車種の愛好者たちには、そういったスタイルを楽しんでいる人たちも少なくないようだね。

関連する投稿


【クルマニアックイズ】552本目

【クルマニアックイズ】552本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】548本目

【クルマニアックイズ】548本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】531本目

【クルマニアックイズ】531本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【旧車図鑑】パラダイムシフトを引き起こした、小さいけれども大きな存在・スバル360

【旧車図鑑】パラダイムシフトを引き起こした、小さいけれども大きな存在・スバル360

日本ではじめて、人々に「自家用車」を持つ夢を見せてくれた「スバル・360」。モータリゼーションを実現し、頑張れば明日はもっと良くなるという夢を具現化してくれた存在だ。その誕生した時代背景と、世の中の動きを追ってみよう。


【クルマニアックイズ】521本目

【クルマニアックイズ】521本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最新の投稿



地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

地元銭湯を愛するサポーターさんたちも熱い! レトロを保ちながら進化する、浦和『鹿島湯』さん <後編>

『ゴールデン横丁』サイトの閉鎖に伴い、残念ながらこの連載も今回が最終回。 約3年弱、おつきあいいただき有り難うございました。 ラスト、たっぷりあったまってってください〜。


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。