セドリック | 日産 - ”黒パト(覆面パトカー)”仕様の名わき役【旧車】

セドリック | 日産 - ”黒パト(覆面パトカー)”仕様の名わき役【旧車】

日産・セドリックの5代目、430型の後期モデルです。先代のグラマラスな曲線を多用したボディラインから直線基調に路線変更しました。国産初のターボ車がラインアップされたこともトピックでした。


西部警察PartⅡから登場する、430型セドの覆面パトカー仕様

・モデル名 :セドリック 200E GL
・世代/型式:5代目/430型系
・メーカー名:日産
・年式   :1982
・撮影場所 :クラシックカーフェスティバルinところざわ 2017

旧車イベントを見学に行くと、80年代のクルマの参加も多いイベントの場合けっこうな確率で「西部警察」の特装車カスタムの車両に出会うことがある。
あの頃にテレビにくぎ付けになっていた人たちが、やっぱり今でも好きで当時あこがれたあれやこれやを現実のものとして楽しんでいるということなのだろう。

旧車ギャラリーでもたびたび取り上げているけれど、それは正直にいえば私が好きだったからというのもあります。
そんな筆者としても思わず、おお!と声を上げてしまったのが、430型セドリックの覆面パトカー仕様車だ。覆面のことを「黒パト」と呼ぶのは、当時見ていた人たちからしたらお約束だね。

マシンXだのRSだのといったド派手な主人公たちでなく、あえて刑事(ここは「デカ」とルビを振りたい)たちが現場に急行する覆面パトカーを再現しているところがたまらない。
好きなのねwと思わず笑みがこぼれてしまう、通好みなチョイスだ。
ちなみにセドリック200E GLの覆面パトカーは、トミカなどでも発売されているんだ。

国産車初のターボ装着車をラインナップ

430型セドリックといえば、国産車初のターボ装着車がラインナップにあることもポイントだね。
現在では小排気量車の燃費向上など、パワー追及ではない目的のために導入されることも多いターボチャージャー。
もともと航空機エンジンのパワーアップのために装着されていたものであることを知っている人も多いだろう。
排気圧でタービンを回し、空気をより多く取り込んで燃焼効率をアップさせるという成り立ちからもわかるように、「ターボ=パワー」のイメージが強い。
1979年に430型セドリック・ターボが発表されたころ、オイルショック後の省エネ志向の時代でとてもじゃないけどターボ車の認可など下りそうもなかった。

そこで日産は、「ターボチャージャーは排気エネルギーの再利用でエンジン効率を高める」省エネのためのシステムだと主張し、認可を勝ち取ったといわれている。
最近のロープレッシャーターボのような、「省エネ目的だ」という言い訳じゃなかった理由付けをしたというのが面白いね。

認可をとってしまえば「前例」ができてしまうので、あとはもう雪崩を打ったように国産ターボ車が続々と登場、一大ターボブームが起きたのはいうまでもない。
そういう意味で、430型セドリックのターボモデルは国産車のターニングポイントでもあったのだ。

関連する投稿


ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

日産がイギリス車のライセンス生産を通じて製造ノウハウを身につけ、その集大成として国内でデザインから開発まで行ったのが初代310型系の「ダットサン・ブルーバード」です。


セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

通称「ワンテール」と呼ばれる初期モデルは、テールランプとウインカーが共通になっているタイプでアメリカンマッスルカーのようなイメージが強く人気が高いです。


カローラ | トヨタ - 「80点+α主義」はトータルで高い完成度をもたらした初代【旧車】

カローラ | トヨタ - 「80点+α主義」はトータルで高い完成度をもたらした初代【旧車】

「プラス100ccの余裕」というキャッチコピーを掲げてデビューしたカローラ。 ちょっと豪華さをプラスして「いいもの買った感」を刺激したり、この時代には先進的な機構をいくつも奢ったりして、瞬く間に大ヒット商品となりました。


トヨペットコロナDX | トヨタ - 名神高速道路で耐久テストをして見せてアピール【旧車】

トヨペットコロナDX | トヨタ - 名神高速道路で耐久テストをして見せてアピール【旧車】

コロナを筆頭に日本車の走行性能や耐久性といった品質は急激に高まり、またそれが世界中で知られるようになりました。


シビック1200RS | ホンダ - 赤いバッジは今も昔もホットバージョンの誇り【旧車】

シビック1200RS | ホンダ - 赤いバッジは今も昔もホットバージョンの誇り【旧車】

この1200RSはよく言われるように、RSはレーシング・スポーツではなく「ロード・セイリング」、つまりヨットが帆走するかのように滑らかに道路を走り抜ける、という意味になります。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】57本目

【クルマニアックイズ】57本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーンはアメリカ・ニュージャージー州出身のシンガー・ソング・ライター。1973年にデビューし、アメリカの庶民や労働者の声を代弁する政治的な歌詞とストレートなロックンロール・サウンドで人気を集めた、アメリカの国民的シンガーです。


ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

日産がイギリス車のライセンス生産を通じて製造ノウハウを身につけ、その集大成として国内でデザインから開発まで行ったのが初代310型系の「ダットサン・ブルーバード」です。


【クルマニアックイズ】56本目

【クルマニアックイズ】56本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

通称「ワンテール」と呼ばれる初期モデルは、テールランプとウインカーが共通になっているタイプでアメリカンマッスルカーのようなイメージが強く人気が高いです。