町田忍の交遊録│伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問 3

町田忍の交遊録│伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問 3

今回は町田さんの交友関係を探るコーナー!伍阡坪の秘密基地ことFLAT4創業者・小森隆さんの大邸宅探検記最終章!ラストは小森さんご自慢のすんばらしい旧車をご紹介!


FLAT4(フラット・フォー)創業者の小森隆さんと庶民文化研究所の町田忍所長

冒険記の最後は…やっぱり旧車でしょう?

1958年式ベントレーS-1マリーナパークワードコンチネンタルクーペ

ここまで伍阡坪の大邸宅をくまなくご紹介してきたが、いかがだっただろうか?正直、こんなに詳しくご紹介しているのは我がゴル横くらいなのではないか、と勝手に自信を持っているのだが…満足していただけたのであれば幸いである。
最後まで読んでくれたゴル横ファン(というか小森さんファン?)になにを伝えようか、悩んだが、やはり旧車しかないと、我々は思うのである。

だって、小森さんだぜぇ?
いまや世界のビートルファンの心をガッチリ掴むFLAT4の創業者、フォルクスワーゲンの申し子と言っても過言ではない小森さんのご自宅ですよ。そりゃあ、すんばらしい旧車がここにも当然あるわけで、それをお伝えしないわけにはいかないでしょう?
と、いうわけで、今回は母屋に設けられた素敵なガレージに収められた旧車の数々をご紹介するので、ぜひ楽しんでいってほしい。

ガレージ開けたらベントレーがドーーーーーン!

訪れる前に町田さんがしきりに言っていた言葉がある。

「カッコいいベントレーがあるんだよ」

訪れてからも、

「今日、あのベントレーあるの?」

などと、とにかくベントレーに夢中らしかった。
その、ベントレーがこちらだ!

1958年式ベントレーS-1マリーナパークワードコンチネンタルクーペ

うーむ、なんとも堂々とした佇まい。1958年式ベントレーS-1マリーナパークワードコンチネンタルクーペ。旧車と言っちゃむしろ失礼だね、名車です。総アルミボディで、なんと世界で11台しかないという代物らしい。そりゃあ町田さんもメロメロになるわけだよw

フライングB

小森さんが教えてくれた天駆けるB=フライングBのモチーフもこの通り。くそぅ、細かいところまで小粋じゃねーか…(゚A゚;)ゴクリ
興奮した町田さんはそのまま、ベントレーの中にin!運転席に座り、ご満悦の図がこちらだ!w

ベントレーに乗り込む町田さん

ここで、小森さんから町田さんに問題が……

小森:運転席の部分、少し他より天井高くなってるでしょ?なんでだかわかる?
町田:うーん…( ゚д゚)ハッ!
   (帽子を触りながら…)シルクハットか!

そう。正解はシルクハット。往年の英国紳士にとってシルクハットは欠かせないもの。そんなシルクハットが潰れないように、この車の天井はちょうど運転席のあたりが少し高くなっているのだそう。
ということは、ショーファードリブンじゃなく、ガッツリ運転していたわけだね、英国紳士が。たまらん!

これだけでも、車に詳しい人が書けば1記事くらい書けるんじゃないかと思うが、もちろんこれだけじゃないので、我々は次の車も紹介しようと思う。

もはや体の一部?名車遍歴のスタートとなる一台

1959年式Triumph TR3A

以前インタビューさせていただいたときにもチラリとお話を伺ったが、小森さんは18歳のときにいろいろなアルバイトをして、とんでもない車を手に入れている。それがこの1959年式Triumph TR3Aだ。当時の平均月収が8千円の時代に、75万もしたという疑いようのない高級スポーツカーであり、名車だ。それをかれこれ56年もの間ずーっと乗っていて、しかも当然ながら現役で走れるというのだから、さすがはFLAT4の創業者としか言えない。どんな名車でも愛情持ってしっかり整備しないとこんな状態で残ってくれやしないよね(;´Д`)
そんな背景を抜いても、この車、とにかくホントにカッコいいんですよ…。

1959年式Triumph TR3A
1959年式Triumph TR3A

内装も横顔もどこから見ても美しい…まさにパーフェクト!さすがはトライアンフTRシリーズの中でも、「第一世代TRの完成形」と評される車である。当時はこんな高級な車にサーフボードを積んで波乗りに行っていたらしい…めちゃくちゃカッコいいじゃないか…。

まだまだある!時を経て今なお輝く名車たち

ここまで、特に注目の車を二台、まずは紹介させてもらった。だが、ここは小森さんのガレージである。当然ながら、ここにある名車はこれだけではない!
そんなわけで、その他の名車たちもまとめて紹介しちゃうので、ぜひご覧いただきたい!

1964年式ポルシェ356-SC
1964年式ポルシェ356-SC

こちらは1964年式ポルシェ356-SC。製品名としてはじめて「ポルシェ」の名を冠したポルシェの中でも特別な一台だ。このなんともいえないかわいいフォルムは、なんとなく小森さんが手掛けるビートルにも通じるものがあるように思うのだが、実際、タイプ1のデザイナーと同じ人が手掛けているのだとか。
ポルシェはデザインを大幅に変えることはあんまりないイメージだけど、やっぱり年代や車種によって、独特な雰囲気があるものだね!
ちなみにナンバープレートが「品 5」となってることにお気づきだろうか?これは新車当時のナンバープレートそのままだからなのだ!ちなみにこの表記のナンバープレートが始まったのは昭和36年のこと。
小森さんによると、このナンバープレートで走っていると、「ときどき止められる」んだそうwそりゃ警官も知らないよね、こんなレトロなナンバープレートw

ジャガーXK-140F.H.C
ジャガーXK-140F.H.C

関連する投稿


電気機関車EF58型

電気機関車EF58型

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「EF58型」!以前、紹介した「デロクマル」も細部まで描ききられていたが、今回も甲乙つけがたい仕上がりだ。


庶民文化研究所厳選「怪しき薬」

庶民文化研究所厳選「怪しき薬」

庶民文化研究所が厳選した「怪しき薬」を紹介したい。お薬系では、これまでにも町田忍所長の収蔵品である昭和の家庭薬のパッケージなどを紹介してきたが今回は、満を持して「怪しき薬」を取り上げる。インパクト濃いめでお送りしたい!


フォルクスワーゲン Type1 ビートル

フォルクスワーゲン Type1 ビートル

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「VW フォルクスワーゲン Type1 ビートル」!往年の名車「フォルクスワーゲン ビートル」を描く。


子どものギャンブル?カプセルトイ

子どものギャンブル?カプセルトイ

今回は、子どもの射幸心を煽ってやまなかった魅惑のおもちゃ・カプセルトイをご紹介。出てくるまで中身がわからない、ほしいものを手に入れたいという気持ちが刺激され、お小遣いを吸い取られた人も多いハズ。庶民文化研究所の町田忍所長もそんなひとり。町田少年の思い出とともにカプセルトイの懐かしい話を。


【クルマニアックイズ】156本目

【クルマニアックイズ】156本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最新の投稿


117クーペ | いすゞ - 国産車離れした美しいスタイル【旧車】

117クーペ | いすゞ - 国産車離れした美しいスタイル【旧車】

今やトラックを生産するメーカーとして盤石の地位を固めたいすゞも、昔はいくつもの個性的な乗用車を世に出していました。 そんな中でも1968年のデビューから1981年までの長きに渡って製造され、かつ非常に魅力的なスタイルを誇りいすゞの代名詞でもあったのが、この117クーペです。


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~あたり前田のクラッカー~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~あたり前田のクラッカー~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。今回はあんかけ時次郎でおなじみ、「てなもんや三度笠」から生まれた昭和の名ギャグ「あたり前田のクラッカー」を解説。


【クルマニアックイズ】165本目

【クルマニアックイズ】165本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

おもちゃのロケット弾(ジャンプ弾とも)やピストルに仕込む火薬ですね。巻紙になったタイプとこのようなシート状の「平玉」がありました。大人から危ないと言われるほどやってみたくなるのは子どものサガ。今も昔も変わらない?


【クルマニアックイズ】164本目

【クルマニアックイズ】164本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!