町田忍の交遊録│伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問 2

町田忍の交遊録│伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問 2

今回は町田さんの交友関係を探るコーナー!伍阡坪の秘密基地ことFLAT4創業者・小森隆さんの邸宅の探検を開始したゴル横一行。次々と現れるワクワクスポットを余さずご紹介!


小森邸を散策する庶民文化研究所の町田忍所長

敷地内で最も自然が残るエリア!                まるでアドベンチャーランドなダートコースエリア!

ダートコースエリア

前回、プールゾーンまでご紹介したわけだが、今回はこの地図上でダートコースとなっている部分をご紹介しようと思う。当然ながら、ここもいろいろな秘密が隠されているので、お楽しみに!

小森さんの運転するカートで移動していると、運転をしながら小森さんがひと言。

「これ、向こう側のツリーハウスにつながってるんだよね。なんだっけ?ジップライン?」

まずは最初のワクワクポイントが登場したようだ。

ジップライン

なんと!敷地内にアスレチックの人気アトラクション、ジップラインがあると?

「でもけっこう怖いからほとんどやってないんだけどね」

やってみたい気持ちはあるものの、たしかにけっこう怖そうなので、乗らずに敷地内を進むことにw それにしても、道の途中も気が抜けないとは恐れ入る。
このあたりは地図上でダートコースとなっているとおり、植物が生い茂る自然あふれるエリア。そのため、ダートコースではあるがところどころにテントハウスやウッドテラスのようなものが点在していた。そして、その中でもメインとなる場所がこちら。

ツリーハウスとドームハウス

ここには地上のテントハウスと、木の上のテントハウス(つまりツリーハウス)の二基と、バーベキューができるスペースが備わっていた。ツリーハウスとか、ホント男の憧れだよなぁ…ということで、各所を見せてもらうことに。

ツリーハウス

ツリーハウスは下から見上げるとこんな感じで、けっこう高い((((;゚Д゚))))
階段もなかなかに急なので、おっかなビックリ上っていくと、ようやく到着。
木の上にいったいどんな空間があるのかと中を見せてもらうと…

ツリーハウス内部

現れたのはなんとお洒落な和室…!しかも海側はスケルトン仕様になっていて、遠くまで見渡せるようになっているではないか。いやはやまさにこれは空飛ぶ茶室だねw
はー、ここにちょっとの間、間借りできないものかしら…(*ノω・*)テヘ
ちなみに、急な階段は降りるときのほうが怖かったり…

ツリーハウス

ツリーハウスから降りたら、次は地上のテントハウスへ。こちらはツリーハウスが和室だったことに対して、一転50’sのアメリカナイズされたバー空間になっていた。

テントハウス
テントハウス

おおお………こちらもまたオシャレ…(゚A゚;)ゴクリ
バーベキューで外に疲れたら、この中でゆったりとお酒をたしなむ…うーん、なんたる大人の贅沢!ちなみに、この暖炉、実際に火を使えるそうな。
また、この周辺には道すがらに見かけたジップラインの到着地点もある。

ジップライン

この高低差…うーん、これはたしかに怖い(;・∀・)でもやってみたいなぁ、いつか。そして、次の目的地はこの写真に映る不思議な球体であります!
実はこれもツリーハウスなのだが、こちらはなんとホントに木に吊るされているだけ、というワクワクハウスなのだ!

ツリーハウス

まだ分かりづらいかもしれないけど、階段はあくまで足場で、ドーム自体は周囲の木にロープで張られているだけ。なので、中に入るとふわふわと揺れるのだとか。
そんな感じだから、この中は居住スペースというよりは、休憩スポットといったシンプルなもの。

ツリーハウス内部

というより、もはやラブチェアー?wwwここで並んで座ったら、ふわふわと揺れる浮遊感が吊り橋効果をもたらし、愛が成就しそうであるw
ダートコースエリアは、実はまだまだ手付かずの部分が多く、現在進行系で小森さんが原生林を切り開いているそう。小森さんは名車旧車に、カート、さらにはブルドーザーまで駆って秘密基地の増築に情熱を傾けているんだって!いいなー、そのバイタリティー!

これぞ秘密基地!まるでダンジョンのような洞窟エリア!

洞窟エリア

関連する投稿


フォルクスワーゲン Type1 ビートル

フォルクスワーゲン Type1 ビートル

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「VW フォルクスワーゲン Type1 ビートル」!往年の名車「フォルクスワーゲン ビートル」を描く。


子どものギャンブル?カプセルトイ

子どものギャンブル?カプセルトイ

今回は、子どもの射幸心を煽ってやまなかった魅惑のおもちゃ・カプセルトイをご紹介。出てくるまで中身がわからない、ほしいものを手に入れたいという気持ちが刺激され、お小遣いを吸い取られた人も多いハズ。庶民文化研究所の町田忍所長もそんなひとり。町田少年の思い出とともにカプセルトイの懐かしい話を。


【クルマニアックイズ】156本目

【クルマニアックイズ】156本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


日野ルノー

日野ルノー

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、古き良き昭和の日本に庶民文化研究所町田忍画伯がイラストで迫る。今回ご紹介するのは有名なルノーの車。ただし、日野自動車製ですが。


どのノート使ってた?学習用ノートのコレクション

どのノート使ってた?学習用ノートのコレクション

今回は、学校などで使われる学用品、その中でもノートにフィーチャーしてご紹介しよう。マス目で区切られていたり、罫線で区切られていたり、あるいは人気のキャラクターが描かれていたり…当時のノートのコレクションをご覧あれ。


最新の投稿


クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。 歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていました。


【クルマニアックイズ】161本目

【クルマニアックイズ】161本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集も仮面ライダー×バイク!今回は昭和末期から平成初頭にかけてのライダーとその愛機を紹介しよう!


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。初回は「お呼びでない?」。日本のサラリーマンの権化とも言える植木等を代表するギャグである。