町田忍の交遊録│伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問 2

町田忍の交遊録│伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問 2

今回は町田さんの交友関係を探るコーナー!伍阡坪の秘密基地ことFLAT4創業者・小森隆さんの邸宅の探検を開始したゴル横一行。次々と現れるワクワクスポットを余さずご紹介!


小森邸を散策する庶民文化研究所の町田忍所長

敷地内で最も自然が残るエリア!                まるでアドベンチャーランドなダートコースエリア!

ダートコースエリア

前回、プールゾーンまでご紹介したわけだが、今回はこの地図上でダートコースとなっている部分をご紹介しようと思う。当然ながら、ここもいろいろな秘密が隠されているので、お楽しみに!

小森さんの運転するカートで移動していると、運転をしながら小森さんがひと言。

「これ、向こう側のツリーハウスにつながってるんだよね。なんだっけ?ジップライン?」

まずは最初のワクワクポイントが登場したようだ。

ジップライン

なんと!敷地内にアスレチックの人気アトラクション、ジップラインがあると?

「でもけっこう怖いからほとんどやってないんだけどね」

やってみたい気持ちはあるものの、たしかにけっこう怖そうなので、乗らずに敷地内を進むことにw それにしても、道の途中も気が抜けないとは恐れ入る。
このあたりは地図上でダートコースとなっているとおり、植物が生い茂る自然あふれるエリア。そのため、ダートコースではあるがところどころにテントハウスやウッドテラスのようなものが点在していた。そして、その中でもメインとなる場所がこちら。

ツリーハウスとドームハウス

ここには地上のテントハウスと、木の上のテントハウス(つまりツリーハウス)の二基と、バーベキューができるスペースが備わっていた。ツリーハウスとか、ホント男の憧れだよなぁ…ということで、各所を見せてもらうことに。

ツリーハウス

ツリーハウスは下から見上げるとこんな感じで、けっこう高い((((;゚Д゚))))
階段もなかなかに急なので、おっかなビックリ上っていくと、ようやく到着。
木の上にいったいどんな空間があるのかと中を見せてもらうと…

ツリーハウス内部

現れたのはなんとお洒落な和室…!しかも海側はスケルトン仕様になっていて、遠くまで見渡せるようになっているではないか。いやはやまさにこれは空飛ぶ茶室だねw
はー、ここにちょっとの間、間借りできないものかしら…(*ノω・*)テヘ
ちなみに、急な階段は降りるときのほうが怖かったり…

ツリーハウス

ツリーハウスから降りたら、次は地上のテントハウスへ。こちらはツリーハウスが和室だったことに対して、一転50’sのアメリカナイズされたバー空間になっていた。

テントハウス
テントハウス

おおお………こちらもまたオシャレ…(゚A゚;)ゴクリ
バーベキューで外に疲れたら、この中でゆったりとお酒をたしなむ…うーん、なんたる大人の贅沢!ちなみに、この暖炉、実際に火を使えるそうな。
また、この周辺には道すがらに見かけたジップラインの到着地点もある。

ジップライン

この高低差…うーん、これはたしかに怖い(;・∀・)でもやってみたいなぁ、いつか。そして、次の目的地はこの写真に映る不思議な球体であります!
実はこれもツリーハウスなのだが、こちらはなんとホントに木に吊るされているだけ、というワクワクハウスなのだ!

ツリーハウス

まだ分かりづらいかもしれないけど、階段はあくまで足場で、ドーム自体は周囲の木にロープで張られているだけ。なので、中に入るとふわふわと揺れるのだとか。
そんな感じだから、この中は居住スペースというよりは、休憩スポットといったシンプルなもの。

ツリーハウス内部

というより、もはやラブチェアー?wwwここで並んで座ったら、ふわふわと揺れる浮遊感が吊り橋効果をもたらし、愛が成就しそうであるw
ダートコースエリアは、実はまだまだ手付かずの部分が多く、現在進行系で小森さんが原生林を切り開いているそう。小森さんは名車旧車に、カート、さらにはブルドーザーまで駆って秘密基地の増築に情熱を傾けているんだって!いいなー、そのバイタリティー!

これぞ秘密基地!まるでダンジョンのような洞窟エリア!

洞窟エリア

関連する投稿


湯~とぴあへつながるゲート~銭湯のれんの世界

湯~とぴあへつながるゲート~銭湯のれんの世界

庶民文化研究所所長・町田忍さんがおうち時間で行った収蔵品の整理。庶民文化研究所には膨大な量の収蔵品があり、整理整頓しないとそれはそれは大変なのだ。今回はおうち時間で掘り起こされた収蔵品の中から銭湯のれんを紹介。銭湯の入り口に構えられたのれん。銭湯独自のデザインで入る前からワクワクさせてくれるあののれんについて、町田さんに教えてもらった。


そしてワタシは、また銭湯へ(後編)

そしてワタシは、また銭湯へ(後編)

イラストレーター・メソポ田宮文明の偶然なのか必然なのか、銭湯とのご縁が深まっていくさまを書かせていただいている連載、3回目。 今回は、『銭湯もりあげた〜い』というグループでのお話を中心に書かせていただきます。


町田忍流おうち時間 ~ 収蔵品の整理してたらこんなん出ました。Part1:炭酸飲料の空き缶

町田忍流おうち時間 ~ 収蔵品の整理してたらこんなん出ました。Part1:炭酸飲料の空き缶

STAYHOMEが求められる今。みんなそれぞれ工夫しながらおうち時間を楽しんでいると思う。それはもちろんゴル横の住民も同じ。そこで今回は、庶民文化研究家・町田忍さんにおうち時間を聞いた。収蔵品の整理をかねて庶民文化研究所を掘り起こす町田所長。出てくる出てくる懐かしい収蔵品の数々。退屈しない町田流おうち時間を覗いてみた!


水中で開く愛の花…昭和の納涼アイテム・水中花

水中で開く愛の花…昭和の納涼アイテム・水中花

庶民文化研究所収蔵のコレクションの中から、今回は水中花をピックアップ。江戸時代に日本に伝来し、以来、日本の夏にささやかな涼を提供してくれた水中花だが、今では見かけることもごくわずか。そんな希少な水中花の世界を存分に楽しんでいただきたい。


栄養ドリンク(の空き箱)は黄帝液やゼナだけにあらず「ムフフ系栄養ドリンク(の空き箱)」でムフフな期待がムフフフフ

栄養ドリンク(の空き箱)は黄帝液やゼナだけにあらず「ムフフ系栄養ドリンク(の空き箱)」でムフフな期待がムフフフフ

庶民文化研究所収蔵の栄養ドリンク(の箱)中から、ユンケル黄帝シリーズやゼナについて紹介したが、庶民文化研究所にある栄養ドリンクの空き箱は、ほかにもたくさんある。今回は、たくさんの栄養ドリンク(の箱)のなかから夜の元気がチャージされそうな栄養ドリンク(の箱)をピックアップ。「ムフフ系栄養ドリンク(の箱)」を町田忍所長に紹介してもらう。


最新の投稿


バックストリート・ボーイズ/Backstreet Boys - I Want It That Way - 1999年

バックストリート・ボーイズ/Backstreet Boys - I Want It That Way - 1999年

バックストリート・ボーイズはアメリカの人気ポップ・グループ。3枚目のアルバム『Millennium』に収録。コーラスが素敵ですね。CD売上は1億3千万枚以上!


ゲッター1(ゲッターロボ) - ゲッターロボの謎2題。

ゲッター1(ゲッターロボ) - ゲッターロボの謎2題。

合体ロボットという新ジャンルを切り開いたエポックメイキングな作品、『ゲッターロボ』に登場したロボットの一形態です。このゲッター1をゲッターロボのことだと勘違いしていた人も結構いたのでは?かくいう私もそうなんですが。


エアロスミス/Aerosmith - Last Child - 1976年

エアロスミス/Aerosmith - Last Child - 1976年

エアロスミスはスティーヴン・タイラー(vo)、ジョー・ペリー(g)、ブラッド・ウィットフォード(g)、トム・ハミルトン(b)、ジョーイ・クレイマー(dr)の5人からなるアメリカのロック・バンド。1973年のデビュー以来、メンバーチェンジと復帰を繰り返しつつ活動を続け、トータルセールスは全世界で1億5,000万枚以上。今でも国民的人気を誇ります。


湯~とぴあへつながるゲート~銭湯のれんの世界

湯~とぴあへつながるゲート~銭湯のれんの世界

庶民文化研究所所長・町田忍さんがおうち時間で行った収蔵品の整理。庶民文化研究所には膨大な量の収蔵品があり、整理整頓しないとそれはそれは大変なのだ。今回はおうち時間で掘り起こされた収蔵品の中から銭湯のれんを紹介。銭湯の入り口に構えられたのれん。銭湯独自のデザインで入る前からワクワクさせてくれるあののれんについて、町田さんに教えてもらった。


スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

トヨタのボトムラインを支え、多くのクルマ好きを魅了したパブリカをベースに、まるで軽飛行機を思わせるような究極の空力ボディを架装したライトウェイトスポーツカー、それが「ヨタハチ」ことトヨタスポーツ800です。