町田忍の交遊録│伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問 2

町田忍の交遊録│伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問 2

今回は町田さんの交友関係を探るコーナー!伍阡坪の秘密基地ことFLAT4創業者・小森隆さんの邸宅の探検を開始したゴル横一行。次々と現れるワクワクスポットを余さずご紹介!


小森邸を散策する庶民文化研究所の町田忍所長

敷地内で最も自然が残るエリア!                まるでアドベンチャーランドなダートコースエリア!

ダートコースエリア

前回、プールゾーンまでご紹介したわけだが、今回はこの地図上でダートコースとなっている部分をご紹介しようと思う。当然ながら、ここもいろいろな秘密が隠されているので、お楽しみに!

小森さんの運転するカートで移動していると、運転をしながら小森さんがひと言。

「これ、向こう側のツリーハウスにつながってるんだよね。なんだっけ?ジップライン?」

まずは最初のワクワクポイントが登場したようだ。

ジップライン

なんと!敷地内にアスレチックの人気アトラクション、ジップラインがあると?

「でもけっこう怖いからほとんどやってないんだけどね」

やってみたい気持ちはあるものの、たしかにけっこう怖そうなので、乗らずに敷地内を進むことにw それにしても、道の途中も気が抜けないとは恐れ入る。
このあたりは地図上でダートコースとなっているとおり、植物が生い茂る自然あふれるエリア。そのため、ダートコースではあるがところどころにテントハウスやウッドテラスのようなものが点在していた。そして、その中でもメインとなる場所がこちら。

ツリーハウスとドームハウス

ここには地上のテントハウスと、木の上のテントハウス(つまりツリーハウス)の二基と、バーベキューができるスペースが備わっていた。ツリーハウスとか、ホント男の憧れだよなぁ…ということで、各所を見せてもらうことに。

ツリーハウス

ツリーハウスは下から見上げるとこんな感じで、けっこう高い((((;゚Д゚))))
階段もなかなかに急なので、おっかなビックリ上っていくと、ようやく到着。
木の上にいったいどんな空間があるのかと中を見せてもらうと…

ツリーハウス内部

現れたのはなんとお洒落な和室…!しかも海側はスケルトン仕様になっていて、遠くまで見渡せるようになっているではないか。いやはやまさにこれは空飛ぶ茶室だねw
はー、ここにちょっとの間、間借りできないものかしら…(*ノω・*)テヘ
ちなみに、急な階段は降りるときのほうが怖かったり…

ツリーハウス

ツリーハウスから降りたら、次は地上のテントハウスへ。こちらはツリーハウスが和室だったことに対して、一転50’sのアメリカナイズされたバー空間になっていた。

テントハウス
テントハウス

おおお………こちらもまたオシャレ…(゚A゚;)ゴクリ
バーベキューで外に疲れたら、この中でゆったりとお酒をたしなむ…うーん、なんたる大人の贅沢!ちなみに、この暖炉、実際に火を使えるそうな。
また、この周辺には道すがらに見かけたジップラインの到着地点もある。

ジップライン

この高低差…うーん、これはたしかに怖い(;・∀・)でもやってみたいなぁ、いつか。そして、次の目的地はこの写真に映る不思議な球体であります!
実はこれもツリーハウスなのだが、こちらはなんとホントに木に吊るされているだけ、というワクワクハウスなのだ!

ツリーハウス

まだ分かりづらいかもしれないけど、階段はあくまで足場で、ドーム自体は周囲の木にロープで張られているだけ。なので、中に入るとふわふわと揺れるのだとか。
そんな感じだから、この中は居住スペースというよりは、休憩スポットといったシンプルなもの。

ツリーハウス内部

というより、もはやラブチェアー?wwwここで並んで座ったら、ふわふわと揺れる浮遊感が吊り橋効果をもたらし、愛が成就しそうであるw
ダートコースエリアは、実はまだまだ手付かずの部分が多く、現在進行系で小森さんが原生林を切り開いているそう。小森さんは名車旧車に、カート、さらにはブルドーザーまで駆って秘密基地の増築に情熱を傾けているんだって!いいなー、そのバイタリティー!

これぞ秘密基地!まるでダンジョンのような洞窟エリア!

洞窟エリア

関連する投稿


昭和 死語の世界 ~オー、モーレツ!~

昭和 死語の世界 ~オー、モーレツ!~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はちょっぴり刺激的で、ちょっぴりセクシーな往年の名CMから生まれた死語「オー、モーレツ!」をご紹介!


デッキ型電気機関車 EF12形

デッキ型電気機関車 EF12形

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はなつかしき国鉄時代、貨物を引っ張っていたデッキ型電気機関車「EF12」をご紹介。


工事現場の危険をかわいくお知らせ!アニマルガード

工事現場の危険をかわいくお知らせ!アニマルガード

工事現場といえば、無骨な機械が並ぶ危険な場所。だが、近年その工事現場の区画を示すバリケードがやたらとかわいいことになっている。今回は、かわいいバリケード「アニマルガード」を、庶民文化研究所・町田忍さんのコレクションから紹介しよう。


役行者(えんのぎょうじゃ)

役行者(えんのぎょうじゃ)

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は修験道の開祖として信仰を集める「役行者像」をご紹介。


はんこ屋さんのはんこケース

はんこ屋さんのはんこケース

近年ではなにかとめんどくさがられがちなアイテム「はんこ」。時代の流れに押されて、街中ではんこ屋さんを見る機会も減ってきている。今回はそんな消えゆくはんこ屋さんの姿を庶民文化研究所所長・町田忍さんのコレクションで振り返る。


最新の投稿


昭和 死語の世界 ~モーレツ社員~

昭和 死語の世界 ~モーレツ社員~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和の勢いを思わせる「モーレツ社員」をご紹介。


【クルマニアックイズ】379本目

【クルマニアックイズ】379本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】378本目

【クルマニアックイズ】378本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ジープ | 三菱 - 米ウィリス社のノックダウン生産から始まった

ジープ | 三菱 - 米ウィリス社のノックダウン生産から始まった

三菱のジープは米ウィリス社のジープを警察予備隊向けにノックダウン生産したことから始まったんだ。


【クルマニアックイズ】377本目

【クルマニアックイズ】377本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!