「吉田類と仲間達 VOL.12」に仲間入りしてみたよ!

「吉田類と仲間達 VOL.12」に仲間入りしてみたよ!

今回はハイサワー交遊録!?庶民文化研究所の町田忍さんの飲み友だち、博水社の田中秀子社長のご厚意で、呑兵衛界のレジェンド・吉田類さん主催のイベントに参加してきました!その名も「吉田類と仲間達」!ゴル横も仲間入り!?できたのか?


田中社長が言っていた、楽しそうなイベント

以前、ハイサワーの博水社さんに取材に行った際に、田中社長が参加していると言っていた、楽しいイベントがあった。それが「吉田類と仲間達」というイベント。どうやら毎年、東京は渋谷区笹塚にある笹塚ボウルで類さん主催で開催されている音楽あり、酒あり、メシあり、トークショーあり、という酒池肉林なイベントらしい(笑)。とはいえ、その目的は非常に有意義なもので、収益は全て東北大震災など被災地への義援金等として使われるらしい。同時に田中社長が賛同されている保護犬猫のボランティア団体などもブースを出展しているとのこと。
あまりに楽しそうなので、『取材、できませんか?』と言ってみたところ、快くOK!
そして、9月15日(日)に無事取材に行ってきちゃいました!類さーん、一緒にお酒飲もー?(笑)

いざ、笹塚!吉田類さんに会いに行こう!

天下の吉田類さまに、日本一と言っても過言ではないDJ界のドン・須永辰緒御大も出るのだから、とてつもないイベントであることは重々承知してはいたのだが、言うても笹塚…そこまで人手があるわけはない…なんて甘い考えもあった。
だが、そんな甘い希望は駅に降り立ってすぐに砕かれた。

会場の笹塚ボウルが駅近ってこともあるけど、駅降りた途端、コレですよ。さすがは吉田類さん、さすがは須永辰緒さん、そしてさすがは博水社さんである。ホント、取材枠で潜り込ませていただいてよかった…ε-(´∀`*)ホッ

さて、「吉田類と仲間達」は笹塚ボウルの3階と4階を利用して行われている。4階はフロアの一部だけで、ここでは協賛企業である博水社さんをはじめとした企業ブースになっていて、無料で各社ご自慢のお酒が振る舞われている。我々も博水社さんへのご挨拶を兼ねて、駆けつけ一杯とばかりにハイサワーをいただくことに。

残念ながら田中社長は前のイベントが長引いているとかなんとかで、まだ会場に現れておらず、博水社の社員さんにご挨拶。それと合わせて、ハイサワーの青りんごとレモンをいただいた。

博水社さんの他にもキンミヤ焼酎で有名な宮崎本店さんやら菊水酒造さんやら、呑兵衛にはおなじみな企業がズラリ。これは酔いどれるイベントですなぁ…(゚A゚;)ゴクリ
しかし、我々はあくまで取材。酔っ払いたい衝動をはねのけ、メイン会場となる3階へ。

そこで見たものがコレである。普段ボーリングを楽しんでいるであろう場所は開放され、スポーティーなボーラーではなく、酔っ払いたいアルコーラーたちがブルーシートを広げて占拠wwwうーん、これは花見会場かなにかかな?異様な光景ではあるけど、どこか親しみが持てるのは、ゴル横一行が生来の酔っぱらいだからかもしれないw
イベントを見逃すわけにもいかないので、ブルーシートはないものの、それなりの場所に陣取って、待機組と食料(とお酒)調達組に分かれて待機することに。

遂に吉田類さん登場!イベントスタート!

ホぁああ、吉田類さんが動いとる!!!
イベントはトークショーに、ライブ、さらにはプレゼント大会と盛りだくさん。特に最初のトークショーは吉田類さんを間近に感じられる貴重な機会!今回集まってくれた著名人の方々はご覧の通り。

・吉田類さん
・渡辺祐さん
・いとうせいこうさん
・有田芳生さん
・倉嶋紀和子さん(古典酒場編集長)
・米川伸生さん(回転寿司評論家)
・植野広生さん(dancyu編集長)

芸能人の方はもちろん、dancyuさんなどオヤジが好きそうな雑誌社さんも参加してバラエティー豊か。イベントも12回目なのでお客さんとの絡みもなんともアットホーム!
このメンツが勢揃いして楽しいトークを繰り広げていた。
吉田類さんのトークによると、今回は甚大な被害を受け、いまだ停電などが続いている千葉県にも支援を行うことになるそうな。この話を千葉の人に今すぐ伝えてやりたいぜ!

また、それと合わせて、いとうせいこうさんからは今回の台風被害でなにかと話題になった太陽光発電についてなにやら考えがある、との含みをもたせた発言も飛び出した。
あと、面白かったのはあの須永辰緒先生がMCをなさっていたことと、「ブルーシートとか持ち込んで、どんどん進化してるね」って発言wあ、やっぱりあれかなりの常連組の仕業なんだねwww

その後は協賛企業さんの代表も登場し、今回提供してくれた飲み物や食べ物の紹介などが行われた。博水社さんは田中社長の登場が遅れ、急きょ社員の方が登場していた。代役なのに、話し上手の田中社長の元で働いているからか、うまくPRしておられましたw

プレゼント大会にライブ、DJ…大盛り上がりの会場!

その後も、次々にイベントが仕掛けられ、大盛り上がりの会場!ライブではまず、Saigenjiさんというブラジル音楽に造形の深いアーティストが現れ、盛り上げていた。途中でカーペンターズのカバーで、Close to Youを歌い出したときは世代なのでグッときた(笑)
そして、Saigenjiさんのライブが終わると、いよいよプレゼント大会ということで、会場のボルテージも最高潮へ!

今回のプレゼントは出演者さん全員のサインや、宮崎本店さんからキンミヤグッズ、味香り戦略研究所さんのカレーセット、そして、遅れていた博水社の田中社長も美尻グッズを携え参戦することに!
前々から美尻グッズを狙っていたゴル横取材班も俄然やる気を出すのだが…

次々とじゃんけんに勝利してグッズを手に入れていく人々を尻目に戦い続けるも…あえなく連敗…(´・ω・`)あ~あ、当たったら読者プレゼントとか考えてたのになぁ…(´;ω;`)ブワッ

このあと、T字路sのライブが行われ、イベントは一段落。ちなみに、DJブースのほうは食事を提供しているところにあり、随時開催されていたようで、こちらも盛り上がっていたようだった。

総括~「吉田類と仲間達」は最高のイベントでした!

こちらの一枚は、田中社長に挨拶に行ったら、ひょっこり現れた須永辰緒さんと田中社長とのツーショット写真!ちなみに我々も一緒に写真を撮ってもらったがこちらは非公開。我が家の家宝にさせていただきますw
それにしてもこの写真で分かるだろうけど、呑兵衛たちとの距離感はもとより、こんな感じで芸能人の方々との距離感もめちゃくちゃ近いイベントでビックリ!残念ながら類さんとはひょっこり遭遇とはいかなかったんだけどね(;・∀・)
ホントにアットホームな雰囲気で最高なイベントでした!お招きいただいた田中社長!そして吉田類さんはじめとした主催者のみなさま、楽しい時間をありがとうございました!

最後に会場で撮影した写真を少しまとめて紹介させてもらい、締めたいと思う。では、どうぞ。

関連する投稿


そしてワタシは、また銭湯へ(前編)

そしてワタシは、また銭湯へ(前編)

はじめまして。イラストレーターをはじめとする自由業者、メソポ田宮文明と申します。長崎県は長崎市生まれの“昭和40年男”でございます。このたび、銭湯&町田忍さんとのご縁でこのようなコーナーを持たせていただくことになりました。 まずは、これまでのワタシと銭湯の関わりについて書いてみたいと思います。


昭和レトロとラビットスクーターが待つ喫茶店、東武練馬「珈琲屋らびっと」へ町田忍と行く

昭和レトロとラビットスクーターが待つ喫茶店、東武練馬「珈琲屋らびっと」へ町田忍と行く

立ち込めるコーヒーの香りと、若かりし日の思い出がよみがえる…そんな郷愁を感じるような喫茶店。いわゆるレトロ喫茶というものは実はまだまだ探せばあるもの。今回は庶民文化研究家、町田忍さんオススメのレトロ喫茶、東京都板橋区の東武練馬にある「珈琲屋らびっと」に行ってみた!


雲翠泉~荒川区の珍しい関西型浴場~

雲翠泉~荒川区の珍しい関西型浴場~

東京に数多くある、素敵な銭湯を紹介!今回紹介する銭湯は荒川区三河島。三河島駅そばにある銭湯「雲翠泉(ウンスイセン)」。東京型の建物外観に、関西型の浴場を備えた珍しい銭湯。心の洗濯をしに、ひとっ風呂、いかがですか?


町田忍の銭湯ペンキ絵修復に密着!~三河島・雲翠泉~

町田忍の銭湯ペンキ絵修復に密着!~三河島・雲翠泉~

日本銭湯文化協会理事にして、自らも銭湯のペンキ絵を描く町田忍さん。そんな町田さんのペンキ絵修復作業に密着するチャンスが!三河島にある「雲翠泉(うんすいせん)」という歴史を感じる銭湯で、銭湯絵師・町田忍の仕事ぶりをレポートします!お楽しみに!


昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(2)

昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(2)

庶民文化研究の大家町田忍さんと「玉電と郷土の歴史館」を訪れたゴル横取材班。前回のレポートでは「玉電と郷土の歴史館」の大塚勝利館長と、町田さんの対話を中心にご紹介したが、今回は「玉電と郷土の歴史館」に展示されたコレクションをご紹介!玉電関連グッズはもちろん、大塚館長の琴線に触れた昭和なアイテムが続々登場するよ!


最新の投稿


アラン・パーソンズ・プロジェクト/TheAlan Parsons Project -Don't Answer Me -1984年

アラン・パーソンズ・プロジェクト/TheAlan Parsons Project -Don't Answer Me -1984年

アラン・パーソンズ・プロジェクトはエンジニアとしてピンク・フロイドなどの作品に携わったアラン・パーソンズ(Key)を中心とするグループ。ポップでありながらプログレッシブ・ロック的な作風と、ライブをほぼ行わず、作品ごとにミュージシャンを集めてアルバムを制作する音楽活動で独自の立ち位置を築きました。


ハリケーン(仮面ライダーV3) - 兄貴たちの愛が注がれたスーパーマシーン!

ハリケーン(仮面ライダーV3) - 兄貴たちの愛が注がれたスーパーマシーン!

仮面ライダーV3の愛車、「ハリケーン」です。初代と2号ライダーは「サイクロン号」と「号」付きでした。ハリケーン以降のライダー・マシンは、すべて「号」無しなんですよ。



マニック・S・プリーチャーズ/Manic Street Preachers - A Design For Life -1996年

マニック・S・プリーチャーズ/Manic Street Preachers - A Design For Life -1996年

ウェールズを代表する3ピース・バンドが歌うワーキングクラスのアンセム。 マニック・ストリート・プリーチャーズ(通称マニックス)はイギリス・ウェールズで幼馴染4人で結成されたバンド。88年にデビューし、辛辣な歌詞と親しみやすいメロディで人気を徐々に集めるも、95年にギタリストのリッチーが失踪。残されたジェームス(Vo,G)ニッキー(B)ショーン(Dr)の3人でバンドを継続しました。


ライフ | ホンダ - 快適性が大幅に向上したホンダの360cc軽【旧車】

ライフ | ホンダ - 快適性が大幅に向上したホンダの360cc軽【旧車】

ライフでは水冷化した横置きエンジンとトランスミッションを直結した、ジアコーザ式のFFレイアウトを採用しエンジンをできるだけ前に追いやり、2ボックスやハッチバックでボディ内寸をできるだけ拡大しました。