【番外編】町田忍の交遊録│吉田類と仲間達 VOL.12に仲間入りしてみたよ!

【番外編】町田忍の交遊録│吉田類と仲間達 VOL.12に仲間入りしてみたよ!

今回はまちだ交遊録番外編。いや、むしろハイサワー交遊録!?町田さんの飲み友だち、博水社の田中秀子社長のご厚意で、呑兵衛界のレジェンド・吉田類さん主催のイベントに参加してきました!その名も「吉田類と仲間達」!


田中社長が言っていた、楽しそうなイベント

以前、ハイサワーの博水社さんに取材に行った際に、田中社長が参加していると言っていた、楽しいイベントがあった。それが「吉田類と仲間達」というイベント。どうやら毎年、東京は渋谷区笹塚にある笹塚ボウルで類さん主催で開催されている音楽あり、酒あり、メシあり、トークショーあり、という酒池肉林なイベントらしい(笑)。とはいえ、その目的は非常に有意義なもので、収益は全て東北大震災など被災地への義援金等として使われるらしい。同時に田中社長が賛同されている保護犬猫のボランティア団体などもブースを出展しているとのこと。
あまりに楽しそうなので、『取材、できませんか?』と言ってみたところ、快くOK!
そして、9月15日(日)に無事取材に行ってきちゃいました!類さーん、一緒にお酒飲もー?(笑)

いざ、笹塚!吉田類さんに会いに行こう!

天下の吉田類さまに、日本一と言っても過言ではないDJ界のドン・須永辰緒御大も出るのだから、とてつもないイベントであることは重々承知してはいたのだが、言うても笹塚…そこまで人手があるわけはない…なんて甘い考えもあった。
だが、そんな甘い希望は駅に降り立ってすぐに砕かれた。

会場の笹塚ボウルが駅近ってこともあるけど、駅降りた途端、コレですよ。さすがは吉田類さん、さすがは須永辰緒さん、そしてさすがは博水社さんである。ホント、取材枠で潜り込ませていただいてよかった…ε-(´∀`*)ホッ

さて、「吉田類と仲間達」は笹塚ボウルの3階と4階を利用して行われている。4階はフロアの一部だけで、ここでは協賛企業である博水社さんをはじめとした企業ブースになっていて、無料で各社ご自慢のお酒が振る舞われている。我々も博水社さんへのご挨拶を兼ねて、駆けつけ一杯とばかりにハイサワーをいただくことに。

残念ながら田中社長は前のイベントが長引いているとかなんとかで、まだ会場に現れておらず、博水社の社員さんにご挨拶。それと合わせて、ハイサワーの青りんごとレモンをいただいた。

博水社さんの他にもキンミヤ焼酎で有名な宮崎本店さんやら菊水酒造さんやら、呑兵衛にはおなじみな企業がズラリ。これは酔いどれるイベントですなぁ…(゚A゚;)ゴクリ
しかし、我々はあくまで取材。酔っ払いたい衝動をはねのけ、メイン会場となる3階へ。

そこで見たものがコレである。普段ボーリングを楽しんでいるであろう場所は開放され、スポーティーなボーラーではなく、酔っ払いたいアルコーラーたちがブルーシートを広げて占拠wwwうーん、これは花見会場かなにかかな?異様な光景ではあるけど、どこか親しみが持てるのは、ゴル横一行が生来の酔っぱらいだからかもしれないw
イベントを見逃すわけにもいかないので、ブルーシートはないものの、それなりの場所に陣取って、待機組と食料(とお酒)調達組に分かれて待機することに。

遂に吉田類さん登場!イベントスタート!

ホぁああ、吉田類さんが動いとる!!!
イベントはトークショーに、ライブ、さらにはプレゼント大会と盛りだくさん。特に最初のトークショーは吉田類さんを間近に感じられる貴重な機会!今回集まってくれた著名人の方々はご覧の通り。

・吉田類さん
・渡辺祐さん
・いとうせいこうさん
・有田芳生さん
・倉嶋紀和子さん(古典酒場編集長)
・米川伸生さん(回転寿司評論家)
・植野広生さん(dancyu編集長)

芸能人の方はもちろん、dancyuさんなどオヤジが好きそうな雑誌社さんも参加してバラエティー豊か。イベントも12回目なのでお客さんとの絡みもなんともアットホーム!
このメンツが勢揃いして楽しいトークを繰り広げていた。
吉田類さんのトークによると、今回は甚大な被害を受け、いまだ停電などが続いている千葉県にも支援を行うことになるそうな。この話を千葉の人に今すぐ伝えてやりたいぜ!

また、それと合わせて、いとうせいこうさんからは今回の台風被害でなにかと話題になった太陽光発電についてなにやら考えがある、との含みをもたせた発言も飛び出した。
あと、面白かったのはあの須永辰緒先生がMCをなさっていたことと、「ブルーシートとか持ち込んで、どんどん進化してるね」って発言wあ、やっぱりあれかなりの常連組の仕業なんだねwww

その後は協賛企業さんの代表も登場し、今回提供してくれた飲み物や食べ物の紹介などが行われた。博水社さんは田中社長の登場が遅れ、急きょ社員の方が登場していた。代役なのに、話し上手の田中社長の元で働いているからか、うまくPRしておられましたw

プレゼント大会にライブ、DJ…大盛り上がりの会場!

その後も、次々にイベントが仕掛けられ、大盛り上がりの会場!ライブではまず、Saigenjiさんというブラジル音楽に造形の深いアーティストが現れ、盛り上げていた。途中でカーペンターズのカバーで、Close to Youを歌い出したときは世代なのでグッときた(笑)
そして、Saigenjiさんのライブが終わると、いよいよプレゼント大会ということで、会場のボルテージも最高潮へ!

今回のプレゼントは出演者さん全員のサインや、宮崎本店さんからキンミヤグッズ、味香り戦略研究所さんのカレーセット、そして、遅れていた博水社の田中社長も美尻グッズを携え参戦することに!
前々から美尻グッズを狙っていたゴル横取材班も俄然やる気を出すのだが…

次々とじゃんけんに勝利してグッズを手に入れていく人々を尻目に戦い続けるも…あえなく連敗…(´・ω・`)あ~あ、当たったら読者プレゼントとか考えてたのになぁ…(´;ω;`)ブワッ

このあと、T字路sのライブが行われ、イベントは一段落。ちなみに、DJブースのほうは食事を提供しているところにあり、随時開催されていたようで、こちらも盛り上がっていたようだった。

総括~「吉田類と仲間達」は最高のイベントでした!

こちらの一枚は、田中社長に挨拶に行ったら、ひょっこり現れた須永辰緒さんと田中社長とのツーショット写真!ちなみに我々も一緒に写真を撮ってもらったがこちらは非公開。我が家の家宝にさせていただきますw
それにしてもこの写真で分かるだろうけど、呑兵衛たちとの距離感はもとより、こんな感じで芸能人の方々との距離感もめちゃくちゃ近いイベントでビックリ!残念ながら類さんとはひょっこり遭遇とはいかなかったんだけどね(;・∀・)
ホントにアットホームな雰囲気で最高なイベントでした!お招きいただいた田中社長!そして吉田類さんはじめとした主催者のみなさま、楽しい時間をありがとうございました!

最後に会場で撮影した写真を少しまとめて紹介させてもらい、締めたいと思う。では、どうぞ。

関連する投稿


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!






最新の投稿


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!



アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

1942年生まれの「クイーン・オブ・ソウル」。60年代から活躍、リリースしたアルバムは通算60枚以上にのぼります。