マジンガーZ - パイルダーオーンッ!さあ、マジンガーZについて語ろうか

マジンガーZ - パイルダーオーンッ!さあ、マジンガーZについて語ろうか

教授の知り合いで、医師をしている近藤慎太郎先生。その個人のコレクションがとんでもない所蔵量になっていることを知り、ぜひとも紹介させてほしいとお願いしてはじまった、この「特撮・アニメヒーロー図鑑」。この記事では空にそびえる鉄の城、マジンガーZについてご紹介したいと思う。


パイルダーオーンッ!さあ、マジンガーZについて語ろうか。

ソフビ、超合金、フィギュアなどさまざまなコレクションを所有するDr.近藤。そんな近藤先生にイチオシのコレクションはなにかと尋ね、出てきた答えが『マジンガーZ』だった。

そもそも冒頭で飛び出た“超合金”という言葉だって、元を正せばマジンガーZの登場以降、一般化した言葉で、その影響力の大きさは計り知れないものがある。しかも、スペインでは特に大人気で、視聴率が70%超え、銅像も建てられるほどだったのだとか。お台場にガンダム建ててる日本人と同じような発想かな?w

今回、見せてもらったコレクションの中では、グレートマジンガーを含め4体のフィギュアを拝むことができた。

この中で、最もレアなものが一番後ろに控える、ひときわ巨大なマジンガー。通称キングサイズと言われるものらしい。だが近藤先生が最もお気に入りなのは、2番目のフィギュア。どれも同年代くらいに作られたもので、製造元はポピー、ではなく年代的にはすでにバンダイになっていた。

「ロケットパンチだけじゃなく、胸にはミサイル装備。あと鋲のところもしっかりデザインされているところがいい!」

うーん、確かに他の2体に比べて、ちょっと作りが精密な気がする。。。
上が近藤先生お気に入り、こうして並べてみると、一目瞭然だ。

また、当然だが、本来のマジンガーZのカラーリングとは異なっている。このソフビの経緯は分からないが、近藤先生の仮説はこうだ。

「昔のおもちゃとかって、けっこうこういうのが多いんですよ。メーカーとタイアップしてアニメ企画がスタートして、タイアップ商品が作られるんだけど、企画段階からタイアップしてるから、原案のまんまおもちゃができちゃったり…そういう感じじゃないかな?」

「例えば、永井豪でいえばマシンザウラーっていうアニメが企画されてて、おもちゃも発売されたんだけど、アニメは放映されてないんだよねw」

なるほど。さすが近藤先生、いろんな諸事情にもお詳しい…。

さて、マジンガーZといえば、『パイルダー…オーンッ!』の掛け声と共に、主人公・兜甲児が操縦するホバーパイルダーが頭部に鎮座することで合体完了となるわけだが…実はこの設定の前に、もう一つの合体完了シーンが考えられていたことはご存じだろうか。
それは、主人公が操縦するマシンが飛行メカではなくバイクで、頭部まで駆け抜けて合体するというもの。うーん、それもなんだか非常に男の子の心をくすぐるものがある。ちょっと見てみたいなぁ…と、思ったら後の作品である「ダイアナンA」で採用されていたらしい。

ちなみにだが、このバイクで合体完了する案がボツになった理由は、当時、大流行していた仮面ライダーとかぶるから、なのだそう。………まあ、確かにバイクで風を受けて変身するわけだが、言うほどかぶるかな?昔はゆるやか、と思っていたけれどやはりセンシティブな部分はセンシティブだったんだろう。それとも、作り手のプライドか?

横丁トーク

教授:しかし、このマジンガーの登場シーンとか、ホントに胸が熱くなりますよね!

会長:あー、あのプールを割って登場するやつねwww

Dr:ホント、わかってるな!って感じだよね。

教授:ロボットアニメとしてもマジンガーが最初かその次か、くらいな感じですよね?

Dr:そうだね。意思を持ったロボットなんかのアニメはあったけど、ただの機械が戦うっていうのはマジンガーが最初なんじゃないかな?

IT:うーん、マジンガーのアニメはさすがに見たことないなぁ…でも、ロボットがアツいってのは同感です!僕の場合はまあ、エヴァですけどねw

会長:じぇ…ジェネレーションギャップ………(´・ω・`)

教授:またこの足の裏にキャラクター名を彫ってるとことかもグッときますねw

IT:ホントだwなんかしかもちょっと雑!Www

教授:あ、これ「マジンガー乙」って書いてるよ?

一同:えっ!?????

教授:…………あ、Zか………

一同:wwwwww

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


除湿機(ハンディタイプ) | 昭和43年、初の家庭用と銘打って登場

除湿機(ハンディタイプ) | 昭和43年、初の家庭用と銘打って登場

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「除湿機」。ハンディといいつつ結構大きいようです。


ソニー  ヘッドフォン・ラインアップ カタログ

ソニー ヘッドフォン・ラインアップ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は、バブルがスタートした1985年のソニー・ヘッドフォンのカタログを取り上げます。


ウルトラの母 - 地球では緑のおばさんだったタロウの実母

ウルトラの母 - 地球では緑のおばさんだったタロウの実母

慈愛あふれるウルトラの母、マザー・オブ・ウルトラです。ウルトラ戦士を救護する「銀十字軍」に所属、隊長の任にあたります。放つ光線は破壊のためではなく、治癒や蘇生のため!


「ダブル アベック マホー瓶」…お茶とお酒が同時に

「ダブル アベック マホー瓶」…お茶とお酒が同時に

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「ダブル アベック マホー瓶」。なんともユニークな発想!


パイオニア 24時ステレオ カタログ

パイオニア 24時ステレオ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は重厚だったステレオをオシャレ目線からアプローチしたパイオニアの24時ステレオのカタログを取り上げます。


最新の投稿


【クイズ・旧車千本ノック】200本目

【クイズ・旧車千本ノック】200本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー

岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー」をお届けします。


カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

ランボルギーニ・カウンタックの最終型、25thアニバーサリーです。キング・オブ・スーパーカーと呼ばれるにふさわしい存在感は時代を経ても色あせません。


シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

日本人メンバーも在籍したUKソウル・バンドの全米1位ヒット作。 シンプリー・レッドはミック・ハックネル(Vo)を中心に1985年にデビューしたイギリスのロック・バンド。ポップさを保ちつつもソウルやファンクの要素を取り入れたサウンドで人気を集めました。屋敷豪太(Ds)、鈴木賢司(G)など日本人メンバーが在籍したことも話題になりました。2010年に解散しますが、2015年に再結成しています。


【クイズ・旧車千本ノック】199本目

【クイズ・旧車千本ノック】199本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!