1600GT/トヨタ - 名車2000GTの弟分として登場した2ドアハードトップ【旧車】

1600GT/トヨタ - 名車2000GTの弟分として登場した2ドアハードトップ【旧車】

トヨタ・1600GTです。コロナをベースに名車2000GTのパーツを使用しスポーツチューニングを施したスポーティーなハードトップです。レースでも活躍しました。


名車2000GTの弟分として登場した2ドアハードトップ

トヨタ・1600GT

・モデル名 :1600GT
・世代/型式:初代のみ/RT55型
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1967
・撮影場所 :第8回 国営越後丘陵公園クラシックカー展(2017)

コロナ1600S(後期型)のボディを流用して造られた「1600GT」、その成り立ちゆえに「コロナGT」と呼ばれることもあるけど、正式名称ではないんだ。
あくまで、名車TOYOTA2000GTの弟分というのが正しいところだ。

2000GTはエンジンのチューニングや内装などにヤマハの技術が投入されていることはよく知られているけど、1600GTも同様にコロナ1600のOHVエンジンのブロックにYAMAHAがチューンしたアルミ合金製のDOHCヘッドを装着、さらにフロントシートと5速ミッションを2000GTから流用して仕立てられているよ(4速車は除く)。
あざやかな黄色がイメージカラーとされていたんだけど、この赤に黒のトップは珍しいかも。このカラーリングもカッコいいね!

当時のレースシーンでは、ベレットGTやブルーバードSSS、スカイラインGT-Rなどを向こうに回し、大活躍していたよ。
このあたりも、コロナGTではなく「1600GT」たる矜持のゆえんだ。

関連する投稿


クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。 歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていました。


【クルマニアックイズ】161本目

【クルマニアックイズ】161本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

高性能でカッコいいけど、頑張れば手に届くスポーツカー。それが「Z」がヒットした、最大の理由といえます。シンプルでタフな伝統の日産L型エンジンは、自分の手を汚して弄る楽しみにあふれており、それを許容する度量の深さも備えていました。


【クルマニアックイズ】160本目

【クルマニアックイズ】160本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最新の投稿


クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。 歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていました。


【クルマニアックイズ】161本目

【クルマニアックイズ】161本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集も仮面ライダー×バイク!今回は昭和末期から平成初頭にかけてのライダーとその愛機を紹介しよう!


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。初回は「お呼びでない?」。日本のサラリーマンの権化とも言える植木等を代表するギャグである。