【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回はSONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775」をお届けします。


Studio1775 CF-1775 の魅力を探る

まずは実機の画像から

SONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775
SONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775
SONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775
SONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775
SONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775
SONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775

単品カタログのアピールポイントを見てみよう

CF-1775 単品カタログ 1976年3月頃 印刷より

アフレコにミキシング、スピード・コントロールが加わって、おかしな、おかしなサウンドが飛び出す「マルチプレイ・ラジオカセット」 タイマー(別売)と組めば留守録音もOKです。

基本性能のかずかず。使いやすさを考えた設計です。

テープが終わるとメカニズムが自動的にストップするフル・オートシャットオフ

録音、再生、早送り、巻戻しのあらゆる状態で、テープが終わると、ロックしたボタンが自動的にもとに戻ります。タイマースタンバイ機構を使って留守録音したときも、ロックしたボタンが戻り、電池をむだに消費することがありません。
☆スリープタイマーとしても活躍
このメカはラジオのスリープタイマーのかわりになります。テープを再生状態にしておけば、ラジオを聞きながら眠ってしまっても安心。テープの片道分の長さがスリープタイマーかわりになり、テープが終わってプレイボタンが戻ると同時に、ラジオのスイッチも自動的にOFFに戻る、便利な設計です。

録音・再生中のテープの走行を一時停止するポーズボタン

録音中、不要な部分をかっとしたいときポーズボタンひとつの操作で、テープが一時停止します。録音ボタンと再生ボタンを何度も押す手間がはぶけ、必要な部分だけを録音・再生することができます。コマーシャルやナレーションをカットするとき、ミキシングやアフレコで録音のタイミングをのがしたくないときなど大いに威力を発揮します。このポーズ機構はピンチローラーをキャプスタンから解放する本格的メカニズムを採用していますから、スタート時、ストップ時の音のゆがみがなく、しかもテープや走行メカに負担をかけません。

CF-1775 単品カタログ 1976年3月頃 印刷より

テープ走行を一定に保つサーボモーター

録音・再生中のテープの走行を一定にたもつサーボ回路とサーボモーターを採用。モーターの回転速度のズレを電子回路が検出し、自動的にコントロールするサーボ機構です。このため回転ムラによる音の歪みが少ない安定した録音・再生ができます。

FM受信、AM録音を確実にするAFC/ISSスイッチ

FM放送を受信するとき、まずこのスイッチを“OFF”にしてチューニングします。つぎに“ON”にすると、AFC(自動周波数制御)装置が働いて安定した受信状態を保ちます。また、AM放送を録音中には、このスイッチがISS(Interference Suppress Switch : 干渉防止スイッチ)として働きます。“ON”か“OFF”に切り替えれば、“ピー”というビート音がカットされて美しい録音ができます。

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿



【クイズ・旧車千本ノック】291本目

【クイズ・旧車千本ノック】291本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


エイジア/Asia - Heat Of The Moment - 1982年

エイジア/Asia - Heat Of The Moment - 1982年

エイジアはジョン・ウェットン(Vo,B 元キング・クリムゾン、U.K.)スティーヴ・ハウ(G 元イエス)カール・パーマー(Ds 元ELP)ジェフ・ダウンズ(Key 元バグルス、イエス)の大物プログレバンド出身の4人が結成したグループ。“プログレの要素を3分半にポップにまとめた”作風がウケて、82年のデビュー・アルバム『Asia(詠時感〜時へのロマン)』全世界で1000万枚以上のセールスを達成するなど成功しました。


DMC-12 | デロリアン - 誰もがタイムトラベルを思い浮かべる、未来からきたかのようなデザインのクルマ【旧車】

DMC-12 | デロリアン - 誰もがタイムトラベルを思い浮かべる、未来からきたかのようなデザインのクルマ【旧車】

80年代の大ヒットハリウッド映画、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズでタイムマシンとして登場し、あまりにも有名になった車です。


【クイズ・旧車千本ノック】290本目

【クイズ・旧車千本ノック】290本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!