サンヨー プロト カタログ

サンヨー プロト カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は、スマイルバッジが流行った1972年のサンヨーのファッショナブルテレビ「プロト」のカタログを取り上げます。


性能はもちろん、若者向けにデザインで勝負したブラウン管テレビ

1972年は大阪で開かれた万博からまだ2年目と、万博の余韻がまだ残っていた頃で、家電も大阪万博以降、デザインやコンセプがユニークなものが各電気メーカーから続々と発売されている。今回紹介するサンヨー電機も万博では「人間洗濯機」という、今考えると物凄い家電を発表していた。ただ、発想は面白かったがその後の実用には繋がっていない。万博ではそんな近未来の夢が語られていたが、その後のプロダクトに大きな影響を与えたことは間違いない。また、この年は子供達に仮面ライダーが大ブレークしてライダーベルトなどのライダーグッズがおもちゃ屋さんに溢れた頃だった。さらにライダースナック事件などもあり、食べ物の廃棄問題も話題になった。筆者も当時よく買っていたが、正直美味しくなかった。ちょっとカタログからは脱線してしまったがこんな世相を背景に誕生したテレビのカタログをみてみよう。

この時代カタログのサイズは独自なものが多く、プロトもA4版の変形で正方形のサイズだ。そして表紙全体を覆うのは何と零戦の透視図だ。たぶんメカニカルな表紙が若者の心を捉える目的で使っているのだろうが、ファッショナブルテレビの文字との対比がすごい。

中を開くとユニバーサルメカニズムというロゴの下にプロトの当時としては先進の技術が細かく描かれている。更に集積回路のICや新型のトランジスタも搭載し、デザインだけでなく高品質もしっかり訴えている。

その隣のページには表紙の零戦を彷彿させる緻密に描かれたプロトの透視図が大きく載っている。サンヨーのプロトに賭けるこだわりを感じる。70年代の家電のカタログはこのような透視図が多く、細かいスペックを見るよりも見るだけでワクワクしたものだ。
そしてその隣に小さくある小型テレビは何とコードレステレビで、充電して屋外等で活躍したのだろうか。

そしてプロトのラインナップがこちらのページだ。プロトは一般家庭用の大型テレビは無く、10インチを中心とした小型が主流だ。本体のデザインも可愛いが、ビビッドな色も時代を感じさせる。そしてアンテナの形状もユニークだ。またこの時代のテレビは殆どが白黒だった為あえて白黒とは表記していないようだ。

最後のページは通常だとスペックや付属品が載っているページが普通だが、プロトのカタログはあくまでイメージにこだわり、おしゃれな空間に似合うプロトを演出している写真のみを載せている。ここまでくると更に細かい仕様を知りたくなりお店へ出掛けたくなる。という計算が読めるのだが実際はどうだったのだろうか。


出典: 三洋電機株式会社 サンヨー プロト カタログ (1972年)

ゴールデン横丁の仲間たち | 松崎 順一(まつざき じゅんいち)

https://goldenyokocho.jp/articles/676

家電蒐集家・デザインアンダーグラウンド工場長。1960年生まれ。インハウスデザイナーを経て2003年よりデザインアンダーグラウンドを設立し活動を開始。近代家電製品の蒐集・整備・カスタマイズ等を手掛ける。近年は特にデジタル世代へのメイド・イン・ジャパン家電の持つ魅力をカルチャーとして伝える活動をイベント、執筆等、広範囲に展開中。

関連する投稿


ゾフィー - ウルトラマンよ光の国へ帰ろう

ゾフィー - ウルトラマンよ光の国へ帰ろう

ウルトラ兄弟の長兄であり、宇宙警備隊の隊長をつとめるゾフィー。無敵だったウルトラマンがとうとう倒されてしまったその日、はじめて地球に現れました。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集も仮面ライダー×バイク!今回は昭和末期から平成初頭にかけてのライダーとその愛機を紹介しよう!


勇者ライディーン - 変形するギミックがうれしい!

勇者ライディーン - 変形するギミックがうれしい!

マジンガーZがブームを開いたいわゆる「スーパー・ロボットもの」のひとつで、グレートマジンガーやゲッターロボGとほぼ同時期にテレビ放映されました。


アカレンジャー - 隊長だけに許された専用マシーン

アカレンジャー - 隊長だけに許された専用マシーン

現在まで続く超ロングラン番組、スーパー戦隊シリーズの原点『秘密戦隊ゴレンジャー』。隊長カラー「赤」も駅伝のタスキのごとく受け継がれています。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!ライダー×愛車の組み合わせにメロメロ

仮面ライダーは永遠のヒーロー!ライダー×愛車の組み合わせにメロメロ

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集は、「仮面ライダー」!伝説となった1号からRXまで、ライダーだけでなく、その愛車との組み合わせをお楽しみいただきたい!


最新の投稿


モルタル住宅

モルタル住宅

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はかつてよく見た建築資材モルタルを利用した「モルタル住宅」についてご紹介。


スカイラインGT-R - 第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32

スカイラインGT-R - 第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32

第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32も、そろそろ旧車とかネオクラシックと呼ばれる世代になってきたね。


【クルマニアックイズ】430本目

【クルマニアックイズ】430本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


空の旅のお供。航空会社のアメニティその1 マッチ・石鹸・絵葉書

空の旅のお供。航空会社のアメニティその1 マッチ・石鹸・絵葉書

日本国内はもちろん、遠く海外まで我々を運んでくれる究極の移動手段、飛行機。その機内で手に入るアイテムが、各航空会社で配られるアメニティだ。今回は様々な場所に移動している庶民文化研究所所長・町田忍さんに空の旅のアメニティを紹介してもらった。


【クルマニアックイズ】429本目

【クルマニアックイズ】429本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!