町田忍の交遊録│【速報】伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問

町田忍の交遊録│【速報】伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問

今回は町田さんの交友関係を探るコーナー! 空冷VWのパイオニアFLAT4小森隆さんの神奈川県は横須賀、佐島にあるご自宅にお邪魔してきました!まずはざっくり見どころをご紹介!


FLAT4(フラット・フォー)創業者の小森隆さんと庶民文化研究所の町田忍所長

VWの神様・小森さんのご自宅はやっぱりすごかった………!!!


もうね、ホント、テーマパークみたいだから!(町田さん)

かの町田さんも興奮してこう話す、FLAT4小森さんのご自宅。いつか行ってみたい、町田さんも「行こう」と誘ってくれていたのだが、これまでなかなか行けなかった夢の国。そんな夢の国に、先日、ついにお邪魔してきました!!!

いやぁ、もうなんていうの?すごい!
もはや家の範疇にない………(゚A゚;)ゴクリ

夢の国っていうのも決して誇張ではない、そんな小森さんのご自宅について、まずは見どころをザックリご紹介していこうと思う!

ちなみに、小森さんはフォルクスワーゲンの車両・パーツ販売やレストアを手掛けるFLAT4の創業者の方。記事を読んでない人はこちらでそのカッコよさをまずは知ってほしいw

「好きなコトをして生きてきた」その②:好きなことをやってきたおやじたちの対談編(前編)

https://goldenyokocho.jp/articles/244

エンスー界の巨人・小森隆さんが代表を務めるFLAT4。その本社に設けられたミュージアムスペースをしっかり満喫した一行。ズラリと並ぶ旧車たちを見た興奮が落ち着くのを待って、次の企画へと移行することに。 それは、さまざまな商品パッケージなどを収蔵し、その広範な知識が仕事になっている庶民文化研究家・町田忍さんと小森隆さんの対談!どちらもまさに「好きを仕事に」を地で行くお二人だが、果たしてどんな話が聞けるのか!?

ワクワクとドキドキに溢れたまさに秘密基地!

小森邸のマップ

こちらは小森さんのお知り合いのイラストレーターさんが描いたという小森邸敷地の全体像。もう正直この全体像だけでワクワクものだが、一つ一つのエリアはもっとすごい。
では、その驚きの姿を解くとご覧あれ!

まずは母屋となる邸宅部分のご様子から。

小森邸リビング

こちらがリビング。なんというか「The お金持ち」って感じがしなくて、いかにも楽しんで暮らしてますって感じがして、こんなに豪華だというのになんとも居心地がよいのである。

小森邸ステージ

反対側はイギリスで使用していたバーカウンターと、ステージが用意されている。ご友人が集まったときにはここで生演奏をしながらお酒を呑むらしい…なんだそれ、カッコいい…。
そしてもちろん、旧車を愛してやまない小森さんですから、旧車も邸宅にございます。

小森邸ガレージ

おっ!この車は!? って思った方、どうか焦らないでwあとでじっくりご紹介しますからwまずは雰囲気だけ。
こんな感じで、邸宅部分の玄関横がガレージになっているのだ!このときは8台ほど名車が並んでおりました。そう、みんな名車なんですw

リビングひとつとっても、そこかしこにこだわりが溢れていて、じっくり全部紹介しようと思ったら永遠に記事が書けそうなくらいwなので、後日しっかり紹介するけど、それでも言葉足らずということは理解しておいてほしい。

邸宅もすごいが庭もすごい!カートに乗って敷地内探検!

敷地内の移動にはカート

こちらは敷地内の移動用のカート。そう、広すぎてカートに乗って敷地内を周るんです!しかも小森さんの運転で!…なんたる贅沢!(゚A゚;)ゴクリ
カートの運転なんだけど、まあやっぱり小森さん、運転うまいんですよ、これが…。

そんな小森さんの運転でまず連れてこられたのがこちら。

小森邸プール

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

あれ?ここ、日本だよね?アメリカ西海岸じゃないよね?カリフォルニアじゃないよね??
ってなくらい、南国ムードあふれるこちらのプール。いやあ、素晴らしいのひと言。
実はここには大きな秘密があるのだが、それはまた本編にて…。

続いて移動するのは、地図上でダートコースとなっている部分…なのだが、実はここにはツリーハウスやらドームハウスやらがわんさか。その一部がこちら。

ドームハウス
ツリーハウス
佐島の小森邸は秘密基地

洗練されつつも遊び心に溢れ、居心地のいい邸宅とはまた打って変わって、こちらはいかにも秘密基地といった雰囲気!ここを利用して天体観測やらBBQやらを楽しめるというわけだ。
もう正直、夏休みの間、これのどれか一個貸し出してくれないかな?w

ちなみに内装はこんな感じ。

佐島の小森邸は秘密基地

うん、住めるわこれ。マジで住みたいです。
ちなみに、このあたりのエリアは現在進行系で変貌を遂げていっている部分。なんと小森さん自らブルドーザーを駆り、森林を切り開いているそうな…。
「大変なんだよねぇ」と漏らしつつも、次はどんなイタズラをしようか企んでいる少年のような笑顔が印象的だった。っていうかホレてまうやろー!!!w

そして最後は、秘密基地of秘密基地な洞窟ゾーン!

洞窟エリアに向かうためにはモノレールに乗る

関連する投稿


フォルクスワーゲン Type1 ビートル

フォルクスワーゲン Type1 ビートル

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「VW フォルクスワーゲン Type1 ビートル」!往年の名車「フォルクスワーゲン ビートル」を描く。


子どものギャンブル?カプセルトイ

子どものギャンブル?カプセルトイ

今回は、子どもの射幸心を煽ってやまなかった魅惑のおもちゃ・カプセルトイをご紹介。出てくるまで中身がわからない、ほしいものを手に入れたいという気持ちが刺激され、お小遣いを吸い取られた人も多いハズ。庶民文化研究所の町田忍所長もそんなひとり。町田少年の思い出とともにカプセルトイの懐かしい話を。


【クルマニアックイズ】156本目

【クルマニアックイズ】156本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


日野ルノー

日野ルノー

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、古き良き昭和の日本に庶民文化研究所町田忍画伯がイラストで迫る。今回ご紹介するのは有名なルノーの車。ただし、日野自動車製ですが。


どのノート使ってた?学習用ノートのコレクション

どのノート使ってた?学習用ノートのコレクション

今回は、学校などで使われる学用品、その中でもノートにフィーチャーしてご紹介しよう。マス目で区切られていたり、罫線で区切られていたり、あるいは人気のキャラクターが描かれていたり…当時のノートのコレクションをご覧あれ。


最新の投稿


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。初回は「お呼びでない?」。日本のサラリーマンの権化とも言える植木等を代表するギャグである。


フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

高性能でカッコいいけど、頑張れば手に届くスポーツカー。それが「Z」がヒットした、最大の理由といえます。シンプルでタフな伝統の日産L型エンジンは、自分の手を汚して弄る楽しみにあふれており、それを許容する度量の深さも備えていました。


フォルクスワーゲン Type1 ビートル

フォルクスワーゲン Type1 ビートル

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「VW フォルクスワーゲン Type1 ビートル」!往年の名車「フォルクスワーゲン ビートル」を描く。


【クルマニアックイズ】160本目

【クルマニアックイズ】160本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

「象印」で思いつくのは魔法瓶や電気炊飯器でおなじみのあのメーカーですよね。ではこの象印は?魔法瓶とスコップ、はたして同じメーカーが作っていたのでしょうか?