マツダ・キャロル(初代/KPDA型)の画像アーカイブ【旧車】

マツダ・キャロル(初代/KPDA型)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「マツダ・キャロル(初代/KPDA型)」の画像アーカーブです。


マツダ・キャロル(初代/KPDA型)とは

戦後の通産省(当時)が省令で国民車構想を別に、1954年(昭和29年)に軽自動車に規格が改定され、税金などの優遇策が示された。当時、軽自動車のボディ寸法枠は全長×全幅×全高3000×1300×2000mm以下という数値のなかで大人4人が乗車して走るための空間を生み出すことは至難の業だった。

そのころ、マツダK360などの三輪トラックを製造販売していた東洋工業(マツダ)が、乗用車市場への進出を目論んでいた。そして、1960年(昭和35年)に欧州製のマイクロカーを思わせる個性的でユニークな軽の乗用車「R360クーペ」を送り出す。キャッチコピーは「新しいタイプのファミリーカー、手軽なビジネスカー」だった。

軽自動車枠いっぱいの全長×全幅にホイールベース1760mm、車重380kgの文字どおりライトなクルマだった。搭載エンジンは356cc・空冷4ストロークV型2気筒OHV、アルミ製部品やマグネシウム合金を使うなど立派で贅沢な構造で、出力16ps/5300rpmのユニットをリアに搭載、後輪を駆動。最高速度90km/hまで引き上げるコミューターだ。
軽飛行機のキャノピーを思わせるスタイルは個性的で、2+2とは名ばかりで、ほぼ2座のクーペだった。しかし、このR360クーペは、その後のMAZDAブランドの乗用車の礎となる。

R360クーペに続く東洋工業製の軽自動車第2弾が1962年(昭和37年)2月にデビューする「マツダ・キャロル」だ。前年の第8回全日本自動車ショウで飾られた「マツダ700」プロトをベースとしたスケールダウンモデルである。
当初は2ドアモデルでスタートしたが後に4ドアをラインアップに加えたボディは、全長×全幅×全高2990×1295×1320mm、ホイールベース1930mm。車重は2ドアで540kgのフル4シーターのセダンだ。

特筆すべきは搭載エンジンで、水冷4ストローク直列4気筒ということ。当時、スバル360やスズキ・フロンテ、三菱ミニカなどの軽自動車の多くが、2サイクルの空冷2気筒というのが常識だった時代に、小型車スペックのユニットを搭載したのだ。
そのボア×ストローク46.0×54.0mmで1気筒あたり僅か89.5ccのオールアルミ製DA型4気筒OHVは10.0の高圧縮比、358ccのキャパシティから最終的に最高出力20ps/7000rpm、最大トルク2.4kg.m/3000rpmを絞り出した。

このエンジンは30度ほど後方に傾けてリアに横置き搭載、ラジエターはエンジンルームの左側に置かれ、左リアフェンダーのエアインテークから空気を取り込んだ。右リアフェンダーのインテークはエアクリーナーを経てキャブレターに空気を供給する。トランスミッションは4段ギアボックスで、デファレンシャルと一体でコンパクトにエンジンに取り付けられた。このコンパクトなパワートレーンが後輪を駆動するRR方式となった。

サスペンションはラバーの弾力を使うトーション・ラバー・スプリングを巧みに利用した、フォルクスワーゲン・タイプ1を参考にしたと言われる、前ダブル・トレーリングアーム、後2ジョイント式トレーリングアームの4輪独立懸架とした。その乗り心地は“ゴム鞠に乗ったような……」と形容された秀逸なものだったという。

マツダ・キャロルは発売から2年で生産台数10万台を記録するヒット作となる。1966年に大きなマイナーチェンジが行われ4ドアモデルが追加され、後期モデルとなる。先に記したエンジンスペックである20ps(前期モデルは18ps)は、この時に達成した。

キャロルは1970年(昭和45年)まで生産が続く。累計生産台数は約26.5万台の大ヒット作だった。小型車並みのエンジンスペックや構造など軽自動車を超える質感の贅沢なモデルながらライバルよりもリーズナブルな価格、約37万円だったことも奏功した。

しかしながら、1965年以降に軽自動車のパワー競争が一気に激化する。キャロルは「ほかの軽より10ps以上プアなエンジンで、100kg以上重い」という風評が致命傷となる。このキャロルの生産終了を受けてマツダは、しばらくの間、軽自動車カテゴリーから撤退する。

マツダ・キャロル(初代/KPDA型)の諸元

販売期間     1962年 - 1970年
乗車定員     4人
ボディタイプ   2/4ドアセダン
エンジン     358cc 直列4気筒 OHV
駆動方式     リアエンジン・リアドライブ
最高出力     18PS/6,800rpm
最大トルク    2.1kgf·m/5,000rpm
サスペンション  トレーリングアーム
全長       2,980mm
全幅       1,295mm
全高       1,340mm
ホイールベース  1,930mm
車両重量     525kg

引用元:Wikipedia

マツダ・キャロル(初代/KPDA型)の画像アーカイブ

クラシックカーMTG in 山梨 2018

撮影日:2018年5月27日

マツダ・キャロル クラシックカーMTG in 山梨 2018
マツダ・キャロル クラシックカーMTG in 山梨 2018
マツダ・キャロル クラシックカーMTG in 山梨 2018

サクラ・オートヒストリーフォーラム 2018

撮影日:2018年5月12日

マツダ・キャロル サクラ・オートヒストリーフォーラム 2018
マツダ・キャロル サクラ・オートヒストリーフォーラム 2018
マツダ・キャロル サクラ・オートヒストリーフォーラム 2018
マツダ・キャロル サクラ・オートヒストリーフォーラム 2018
マツダ・キャロル サクラ・オートヒストリーフォーラム 2018

伊香保360MTG 2017

撮影日:2017年3月6日

マツダ・キャロル 伊香保360MTG 2017
マツダ・キャロル 伊香保360MTG 2017
マツダ・キャロル 伊香保360MTG 2017

JCCAお台場ニューイヤーMTG 2017

関連する投稿


ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

日産がイギリス車のライセンス生産を通じて製造ノウハウを身につけ、その集大成として国内でデザインから開発まで行ったのが初代310型系の「ダットサン・ブルーバード」です。


セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

通称「ワンテール」と呼ばれる初期モデルは、テールランプとウインカーが共通になっているタイプでアメリカンマッスルカーのようなイメージが強く人気が高いです。


カローラ | トヨタ - 「80点+α主義」はトータルで高い完成度をもたらした初代【旧車】

カローラ | トヨタ - 「80点+α主義」はトータルで高い完成度をもたらした初代【旧車】

「プラス100ccの余裕」というキャッチコピーを掲げてデビューしたカローラ。 ちょっと豪華さをプラスして「いいもの買った感」を刺激したり、この時代には先進的な機構をいくつも奢ったりして、瞬く間に大ヒット商品となりました。


【クルマニアックイズ】55本目

【クルマニアックイズ】55本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


トヨペットコロナDX | トヨタ - 名神高速道路で耐久テストをして見せてアピール【旧車】

トヨペットコロナDX | トヨタ - 名神高速道路で耐久テストをして見せてアピール【旧車】

コロナを筆頭に日本車の走行性能や耐久性といった品質は急激に高まり、またそれが世界中で知られるようになりました。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】57本目

【クルマニアックイズ】57本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーンはアメリカ・ニュージャージー州出身のシンガー・ソング・ライター。1973年にデビューし、アメリカの庶民や労働者の声を代弁する政治的な歌詞とストレートなロックンロール・サウンドで人気を集めた、アメリカの国民的シンガーです。


ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

日産がイギリス車のライセンス生産を通じて製造ノウハウを身につけ、その集大成として国内でデザインから開発まで行ったのが初代310型系の「ダットサン・ブルーバード」です。


【クルマニアックイズ】56本目

【クルマニアックイズ】56本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

通称「ワンテール」と呼ばれる初期モデルは、テールランプとウインカーが共通になっているタイプでアメリカンマッスルカーのようなイメージが強く人気が高いです。